TOP 北アルプス 冬山 春山 >北アルプス 冬の燕岳へ!輝く稜線篇

2008年01月16日

北アルプス 冬の燕岳へ!輝く稜線篇

まだ暗いうちに起き出し、
そっと足音を忍ばせながら、小屋の外へ出てみた。

まだあたりは真っ暗。
風も強く、雪がビュンビュン舞っていた。

が、上空には星だ!

小屋の朝メシをすませ、そそくさと身支度をし、
完全装備で外へ出る。

気温は零下18度。風が強く、ものかげからでると
横殴りに皮膚に痛いほどの風が襲ってくる。

小屋の南東側にいき、
吹き倒されそうになる風に耐えながら、日の出を待つ。

暁の光に、富士山が浮かんでいる。
なんと幻想的な風景だろう。


tubakuro20080107-002.JPG


やがて、荘厳なドラマが始まった。


tubakuro20080107-003.JPG




振返れば。。。。




tubakuro20080107-004.JPG


槍ケ岳が燃えている。。。


ああ、この瞬間を心に刻むために
ここまで登ってきたのだ。

あまりの美しさに言葉を失う。
だが、じっさいには口も利けないくらい
風と礫のような雪が頬にあたっていたいのだ(笑)

何枚も何枚もデジカメのシャッターを切った。

小屋の正面に戻ると、燕岳も堂々と姿を見せていた。


tubakuro20080107-005.JPG


いつまでもここにいたかったが、そうもいかず、
準備運動をしてザックを背負い、
合戦尾根のほうへ歩き出す。


tubakuro20080107-006.JPG


また息を呑んだ。
わずか15分くらいの間に、
槍ケ岳がまた壮絶な表情をみせていたのだ。


tubakuro20080107-007.JPG


この写真ではとても伝えきれないが、
厳しさと美しさに満ち満ちた槍ケ岳の姿は
とても日本の山とは思えないほどの迫力だった。


それに呼応するかのように、大天井岳の稜線からも
盛大な雪煙が空に舞い上がった。


tubakuro20080107-008.JPG


慎重に、アイゼンを効かせて最初の急斜面を下っていく。
振返れば稜線の青い空が眩い。


トレースは光に向かってのびる。
なんて気持ちのいい下山だろうか。


tubakuro20080107-009.JPG


三歩歩いては槍ヶ岳を、二歩下っては燕岳を振返り
なかなかスピードがあがらないのだ(笑)


昨夜の雪で、吹き溜まりは膝上のラッセル。


tubakuro20080107-010.JPG


最後に見送ってくれたのは、槍ケ岳である。


tubakuro20080107-011.JPG


初の厳冬期、単独での北アルプスの稜線。

昨日の「ASAYAKE」にかわり、
ザックの耳元で聴こえるのはKOKIA。

「高く、高く、すべての壁を越えて・・・」

全力で美しいものにふれた気がする、
そんな清々しい山旅となった。


(北アルプス 冬の燕岳へ! 完)

■初日の登り うふふな午前
 北アルプス 冬の燕岳へ! 雪の合戦尾根篇 
■初日の登り トホホな午後
 北アルプス 冬の燕岳へ! 登頂するか?篇

アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif




タグ:冬の燕岳
posted by げんさん at 05:16 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 北アルプス 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏の雄大な雰囲気とは異なり冬は美しく荘厳な景色になりますね。げんさんの感動がひしひしと伝わってきます。厳しさに耐えて登ってきた苦労が一瞬で感動と喜びに変わる時ですね。しかし雪煙がかかると海外の山のように思えます。
Posted by ケン太 at 2008年01月16日 21:38
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

そーなんです。
燕岳、夏山の爽快さ、錦秋の秋、厳冬期の荘厳さ、春山の輝き・・・といろんな表情が味わえるいい山ですよね。

槍ヶ岳のこんなに厳しい姿も初めてでした。
Posted by げんさん at 2008年01月17日 05:10
はじめまして。
1月5日燕山荘泊ですか。私は4日中房温泉、5日燕山荘でした。
6日の朝は本当に素晴らしい景色がのぞめましたね。自分も同じような写真を撮ってありました。
Posted by 北あかり at 2008年01月17日 22:42
>北あかりさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!

この日は今年はじめて朝晴れたそうですね。
お互いにとってもラッキーでしたね!

またどこかの山でおあいするかもしれませんね。
今後ともよろしくお願いいたします!
Posted by げんさん at 2008年01月18日 05:13
朝日の雪山 とってもきれいですね!
まだ雪山には挑戦していませんが
ぜひ見てみたいです(>ー<)
Posted by ケコリ at 2008年01月18日 12:16
>ケコリさん
コメントありがとうございます!

ぜひぜひいつか、雪山の
燃える景色を堪能してください!
やみつきになりますよー。
Posted by げんさん at 2008年01月19日 00:20
やはり槍は絵になりますね〜。
雪煙が気高さをさらに演出してますよね。生で見たらそりゃー感動だろうなー。
一度はこんな光景見てみたいっす。
Posted by さくらちとせおー at 2008年01月19日 22:11
>さくらちとせおーさん
おはようございます。
コメントありがとうございます!

 >雪煙が気高さをさらに演出

そーなんです。
寒さで手は痺れましたが、心もシビレました!

Posted by げんさん at 2008年01月20日 06:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。