TOP 尾瀬 上越 奥秩父の山 >冬の那須岳、三斗小屋温泉へ!

2007年12月08日

冬の那須岳、三斗小屋温泉へ!

こんな天気のいい休日に、朝から出社。
もうはじけそうである(笑)

もう遠い過去の記憶となった冬の那須の記録。
腹いせに(笑)一気に書いてしまった。

8時過ぎに那須塩原駅を出た路線バスで、那須へ。


nasu20071123-001.JPG


登山客3組。下界は晴れているが、
強風のため那須のロープウェーも
運行休止らしい。

バスは登山口のロープウェーより手前、大丸温泉で止まった。
大雪のためこれ以上登れないそうだ。


nasu20071123-002.JPG


寒風の中、バスを降りて冬山装備に身を固め、
車道を登山口に向けて歩き始める。

上空や稜線をゴォーッと唸りをあげて風が吹き荒び、
雲がものすごいスピードで流れていく。

いよいよ登山口。
山麓方面を振り返ると、ロープウェーの乗り場は閑散。
下界の青空がチラッと見える。


nasu20071123-003.JPG


登山口からさっそく30cmほどの雪。
吹き溜まりでは膝上までもぐってしまう。


nasu20071123-004.JPG


ガシガシと雪の中を歩き、
やがて視界が開けて足元の雪がないな、と思った瞬間、
すごい風圧の風の塊が襲い掛かってきた。


nasu20071123-005.JPG


冬の那須、強風との闘いのはじまりである。
尾根の上に雪がついていないのは、この強風のせいなのだ。

しばらくすると同じバスで入山した男性二人パーティが
降りてくる。
あまりの強風に撤退を余儀なくされたとのこと。

うーむ。
しかし、行けるだけ行くのだ。

風はますます強くなり、油断すると足をすくわれ、
5歩も6歩も引き戻された。


nasu20071123-006.JPG


峰の茶屋跡避難小屋が見えてきた。
風力はさらにまし、小屋付近で歩き出そうとしている人は
ほとんど這うようにしている。


nasu20071123-007.JPG


時折朝日岳方面の斜面から、
雪煙が竜巻のように湧き上がるのがみえるが
カメラをだす余裕がない。。。

ほうほうのていで峰の茶屋跡避難小屋に到達。
先客が4組ほどいて、みなここで風を避け、
ガスコンロをだして昼食中。

私もテルモスのお湯を飲み、
パンを少しかじってこの後のハイライトに備える。

ジャケットとオーバー手袋をしっかりと身につけ、
避難小屋をでた。

小屋伝いに風をよけ、三斗小屋温泉方面の下り道に向かうが
ここが最大の難所。

かつてここで70kgある男性が30kg近くあるザックを
背負ったまま風に飛ばされて遭難したそうだ。

峠の向こう側から、山間で収斂され、圧縮された空気が
一気に唸りをあげ、間断なく通り抜けている。

意を決して風の中へ飛び込んだ。

もう空気の中を泳いでいるような感覚で息をすることもできない。
風に吹き倒されそうになりながら、鎖場の頑丈な支柱をひとつ、
またひとつとつかみながらものすごい圧力の中を
じりじりと下っていく。

ほんの20mほどの距離なのだが、
この風圧は凄まじかった。

その風の激流をぬけ、ほっとしながら
三斗小屋温泉方面へと下っていく。
樹林帯に入るとこんどはいきなり股下までもぐる雪。

極端なのだここは。。。

次の避難小屋を通過。


nasu20071123-008.JPG


股下までもぐるようなトレースをたどっていく。


nasu20071123-009.JPG


今回は先行されたパーティが2組ほどいるようで、助かる。
この雪をひとりでラッセルしていたら
えらく時間をとっていただろう。

少し青空も見えてきた。


nasu20071123-010.JPG

結局4時間ほどかかって三斗小屋温泉に到着。


nasu20071123-011.JPG


今夜の宿、煙草屋さんの女将さんに聞いたところ、
40人の事前連絡があったが、すでに20人以上から
撤退・キャンセルの電話が入っているそうだ。。。

しかし、そのあたりは次回の話。

(三斗小屋温泉の夜 につづく・・・)


アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif


や、山。。。。。


posted by げんさん at 17:50 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 尾瀬 上越 奥秩父の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん、お久しぶりです。忙しいんですね。
さて、今回はまたハードな展開ですね。やっぱり山登りする人って少なからずMかな?なんて思ってしまいます。
げんさんは何で山に登るのですか?
Posted by さくらちとせおー at 2007年12月08日 23:50
三斗小屋温泉はどうでしたか!
予告編で正解したぁ・・と一人で喜んでます♪


峰の茶屋の強風はスゴイですからねぇ〜
今回はスリリングな山岳小説(遭難編)みたいですね^^

夜には更にスゴイことが待っていたのかなぁ・・
『つづき』が楽しみ♪
Posted by ER at 2007年12月09日 23:53
>さくらちとせおーさん
コメントありがとうございます!

 >やっぱり山登りする人って少なからずMかな?

そ、そうかも・・・(笑)


 >げんさんは何で山に登るのですか?

「そこでビールを飲むために。」(爆)

ひとことでいうとそうなんですが。
あの景色に出会うこと、
そこでいろいろ考えること、
そこで飲むビールのために。

って感じでしょうか・・・。
説明するの難しいです。。。


Posted by げんさん at 2007年12月10日 05:07
>ERさん
コメントありがとうございます!

三斗小屋温泉、期待以上でした!

この寒さの中の露天風呂・・・
思わぬ雪見風呂になりましたが、
実際にはそんな風流なものでもなく。。。
Posted by げんさん at 2007年12月10日 05:10
ひゃ〜(@_@;)
読んでいるだけで、恐いです。
「風か強い」という評判は聞いていたのですが、
こうして知っている人の実体験レポを拝見すると実感できます。
温泉方面に少し下った避難小屋は、空いているという話で、
いつか泊まってみたいと思っていましたが、
これからの季節は、もうムリですね・・・私には。

げんさんが飛ばされないで本当に良かった♪
Posted by heppoco at 2007年12月19日 21:36
>heppocoさん
コメントありがとうございます!

登山口の登山指導所でもこの日は人がつめていて「強風」、「無理と思ったら必ず引き返す」などの
アドバイスをいただきました。

那須では飛ばされませんでしたが
会社では・・・(笑)
Posted by げんさん at 2007年12月20日 01:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。