TOP 北アルプス 夏山 秋山 >北穂高岳リベンジ登山 いざ山頂へ!

2007年10月30日

北穂高岳リベンジ登山 いざ山頂へ!

紅葉の涸沢でテントの設営をすませ、
いよいよ北穂高岳へ挑戦である。


kitaho20071013-109.JPG


見上げる涸沢カールは錦秋という言葉がぴったりの
素晴らしい景色だ。


もうあたりは紅葉の素晴らしさに、
あっちを向いてはため息を、
数歩いってはデジカメを構え、と
なかなかすすまない(笑)


kitaho20071013-101.JPG


涸沢小屋と青い空と穂高の稜線に、彩をそえる紅葉。


kitaho20071013-102.JPG


さて、ここから北穂高岳の登りである。


kitaho20071013-103.JPG


・・・と数分もいかないうちに、この涸沢で一番かと思うような
鮮やかな紅葉。
北穂見上げ・・・・


kitaho20071013-104.JPG


前穂の稜線をを眺め・・・


kitaho20071013-105.JPG


これまたなかなか進まないのである。

しばらくするとガレ場。
大きな石伝いに登っていく。


kitaho20071013-106.JPG


ここをつめると、いよいよ尾根にとりつくが、
のっけから鎖場だ。


kitaho20071013-107.JPG


この鎖場を越えると、涼しい風がどっと吹きつける。

足元のわるい尾根をぐんぐん登ってくと、
向こうの稜線に見えた。
北穂高岳の山頂と、直下にへばりつくような北穂高小屋。


kitaho20071013-108.JPG


頂上へ続く稜線と空が近い。


kitaho20071013-109.JPG


落石を起こさないよう慎重に足を運び、
やがてひょっこりと頂上に飛び出した。


北穂高岳3106m。


kitaho20071013-110.JPG


ちょうど誰もいない。
振り返れば奥穂高方面に、猛々しい滝谷の岩壁。
ガスがまとわりつき凄みを感じる。


kitaho20071013-111.JPG


槍ケ岳方面は残念ながらガスの中。


kitaho20071013-113.JPG


ときおり常念、燕方面の視界は開ける。


kitaho20071013-112.JPG


なんだか世界のてっぺんにいるような錯覚を起こす
高度感のある山頂だ。

すぐ直下にある、北穂高小屋を覗いてみる。
ランプの山小屋として人気が高いこの小屋、
入口もいい雰囲気である。


kitaho20071013-114.JPG


こんなテラス(?)もある。
いつかここで月を見ながら酒でも飲みたいものだ。


kitaho20071013-115.JPG


風は冷たく、天気もやや悪くなってきた。
名残を惜しみながら山頂を後にする。

慎重に慎重にガレた頂上直下の岩場を下り、
稜線を下降する。


kitaho20071013-116.JPG


涸沢のテント場に15:30到着。


kitaho20071013-117.JPG


夜行で上高地に入り、テントを担いで涸沢、そして
北穂高岳往復、とさすがに少々疲れたが、
あとは涸沢の紅葉を愛でながら、お楽しみのひとり宴である。


今回は、そう。涸沢のアルペンムードを盛り上げようと(?)
アルプス風ディナーメニューなのだ。。。

(紅葉の涸沢でアルプス風ディナー につづく・・・)


※アプローチ 〜 上高地 〜 涸沢の行程はこちら
 北穂高岳リベンジ登山 紅葉の涸沢へ!



アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif

posted by げんさん at 08:06 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(0) | 北アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん元気すぎっ!
げんさんの“げん”は元気の“げん”だったんですか〜(笑)
土日で、北穂往復なんて、尋常じゃありませんよっ!

それにしても、やっぱり涸沢の紅葉は、色が違いますね!
これじゃ〜行きたくなるのも無理はないかも・・・?
Posted by heppoco at 2007年10月30日 22:24
げんさん、お待ちしておりました。
お仕事お疲れ様です。
いやぁ〜いいっ!!涸沢でいいっ!!北穂もいいけど、いいじゃん登らなくても!と思うくらいのゴキゲンな原色ですね。
うらやましいなぁ〜。しあわせだなぁ〜。
Posted by さくらちとせおー at 2007年10月30日 22:36
うわ〜!!!
涸沢の紅葉には一度も当たった事がないので、うらやまし〜!
オイラ涸沢は常に雪とガス・・・・
前回も書きましたが、05,06年は、オイラ達もげんさんと、同じ時に涸沢にいたと思われるので、今年の紅葉の当たりは素晴らしいですね〜
あ〜、いつか快晴の紅葉を涸沢で見たいものです(笑)
Posted by 食う寝るさんだ-す at 2007年10月30日 23:00
こんにちは!はじめまして
ブログ村からきましたケコリです♪
とってもきれいな紅葉で、すごいですね^^
鎖場は苦手ですがぜひ行ってみたいです>_<
Posted by ケコリ at 2007年10月31日 21:33
すっごぉ〜い♪ほんと錦秋ですね!

今年の涸沢の紅葉は息を呑む素晴らしさですねぇ〜
私も北穂行きたいんですけど・・・
どうしても岩場・鎖場が怖くて躊躇しちゃいます。


次のアルプス風ディナーが気になる♪気になる♪
Posted by ER at 2007年11月01日 01:01
>heppocoさん
おはようございます!
コメントありがとうございます!

土日の2日間だったんですがどうしても北穂高岳へのリベンジを果たしたく・・・

成せばなる〜♪ ですね。
この紅葉の萌えかたに満足でした!
Posted by げんさん at 2007年11月01日 04:26
>さくらちとせおーさん
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすいません!

そうなんです。
あの紅葉をみたとき、一瞬ひるみました(笑)
それぐらい美しかったです。。。
Posted by げんさん at 2007年11月01日 04:27
>食う寝るさんだ-すさん
コメントありがとうございます!

ぜひ来年はこの紅葉をゲットしてください!
ほんと涸沢はタイミングが難しいですよねー。
Posted by げんさん at 2007年11月01日 04:29
>ケコリさん
はじめまして!
コメントありがとうございます!

鎖場。。。確かに緊張しました(笑)
でも涸沢までなら緊張部分はありませんから
ぜひ来年は紅葉を!
(パノラマコースは緊張します!のでちょっと。。。ですが)
Posted by げんさん at 2007年11月01日 04:31
>ERさん
コメントありがとうございます!

えっ!ERさん鎖場苦手だったのですか?
意外です・・・

でもここの鎖場は奥穂高のような高度感と危なさではないので、穂高の中では最初に登るのがいいかもです。

私も高所恐怖症なので(笑)
いつも鎖場、岩場はきんちょーします。。。
Posted by げんさん at 2007年11月01日 04:33
うわー、これは行きたくなるなー
カラサワはビタミンカラーの紅葉なのですね。

しかし、初日に北穂往復って・・・(汗)
げんさん、やっぱり健脚ですね(^^;
Posted by まゆ太 at 2007年11月02日 12:30
>まゆ太さん
この涸沢の紅葉は何回見ても飽きないです!

上高地から北穂高岳山頂までいって涸沢幕営は
ちょいとキツかったですが、あの南を大縦走したまゆ太さんなら大丈夫ですよ。

でも、やはりゆっくり紅葉をめでたいものです。。。
Posted by げんさん at 2007年11月03日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif