TOP 北アルプス 夏山 秋山 >白馬鑓温泉の夜 超のんびりマッタリ山行記の終わりに

2007年10月17日

白馬鑓温泉の夜 超のんびりマッタリ山行記の終わりに

11:00に白馬鑓温泉に到着。


shirouma20071007-018.JPG


猿倉の最終バスまでには十分時間がある。
明日の天気の崩れをわかりつつ、どうしたものか・・・


まっ、まずは温泉入ろう。
と安易に結論を先延ばし(笑)

山肌から湧き出した温泉が流れて、湯気がもうもう。


shirouma20071007-101.JPG


これは鑓温泉の湯船の直下からあふれ出た温泉。
かけ流しというにはあまりに豪快(笑)


shirouma20071007-102.JPG


すでに鑓温泉小屋は小屋じまいし、解体中ではあるが、
湯船と温泉のトイは残してくれているので自由にはいれる。


shirouma20071007-103.JPG


くぅ〜っ。
熱いお湯が体中にしみわたる。


ちょうど誰もいなくなったので、
セルフ撮りでサービスショット。(←いらんっ!って?)



shirouma20071007-104.JPG


プハッー。

いや、もう気持ちいいのなんのって。
ガスって景色は見えないのだが、湯煙の中で
ビールを傾けるこの気分。

東欧系?の二人連れがうらやましそうにこちらを見て
真剣にどこで売っているのか?と聞かれたが、
いやいや、担いできたんですよ。これがっ(笑)

すっかりいい気分になり、
先ほどの迷いも吹き飛んだ。

ここで幕営!決定!
あくまでも超のんびりマッタリの山旅なのだ。

テントに戻ると、貴重品の最後のビールは夕食にとっておき、
チャイにウイスキーをドボドボいれて、アフタヌーンティ。


shirouma20071007-107.JPG


JAZZを聞きながら、上杉鷹山の経営学を読む。
(なんかもうちょっと色気のあるものにすればよかったか・・・)

贅沢な時間だ。


日が傾いてくると、寒くなってきた。
そろそろ白馬鑓温泉でのディナーだが、その前にひと風呂。

ガスが晴れてきて、周囲の山の紅葉が美しい。
(ビールはイメージである・・・笑 もうあと夕食用しかないのだ)

さて、白馬鑓温泉のディナーメニューは、
縦走2日目ということもあり、シンプルに、ポークチリビーンズである。

といっても油炒めは難しいので、
スープ感覚のポークチリビーンズである。

材料はこれだけ。
自家製塩豚、ドライトマト、ドライパックのカルバンゾ(ひよこ豆)、
ミックスビーンズ、トマト系カップスープ、トマトペースト、
そしてチリパウダーである。


shirouma20071007-108.JPG


ドライトマトはあらかじめ30分ほど水に戻しておく。
超のんびりマッタリ山旅にはピッタリの食材。


shirouma20071007-109.JPG


塩豚を切り、材料ともにコッヘルで煮込めば完成。
(自家製の塩豚についてはこちら 「塩豚の作り方」)


shirouma20071007-111.JPG


さて、白馬鑓温泉に乾杯!

すっかり定番となったバジルの葉とカマンベールチーズを
スライスしたフランスパンにのせて。


shirouma20071007-110.JPG


シメには残ったスープにショートパスタをほうりんで。


shirouma20071007-112.JPG


最後のビールを飲み干し、白馬鑓温泉のディナーは終了。


あたりが暗くなった。
気温も急激に下がり、寒さがみにしみる。

さて、最後のひと風呂にいくとするか。

ヘッドライトの明かりで湯船に浸かり、
このマッタリした山旅を思い返す。

これで、紅葉の白馬三山縦走 超のんびり マッタリ山行記は終わりとなる。

この夜半から降り始めた強い雨にうたれ、怒涛の下山をするのだが
それはあまりにこの山行記にそぐわないので割愛である(笑)


<追記>
その苦難の下山の後、帰りのスーパーあずさで
茅野駅から隣に山帰りのお嬢さんが乗り込んできた。

デジカメの画像を見ながら、このマッタリ山行記を書いていると
「どちらの山ですか?」と少し遠慮がちに弾んだ声。
今回、初めて本格的な山を、ツアー登山で経験し、
八ヶ岳の赤岳に感動したとのことで、一気に山にハマッてしまったらしい。

うれしそうに話してくれるお嬢さんの言葉を聴きながら、
どっかの山ブロガーさんも同じ山でハマッていたなぁと思い出していた。

なんだか最後も爽やかな、超のんびりマッタリの山旅であった。


紅葉の白馬三山縦走 超のんびり マッタリ山行記(完)


アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif


<アプローチの様子はこちら>
 紅葉の白馬三山縦走 超のんびり マッタリ山行記(プロローグ篇)  
<蓮華温泉から白馬大池と周辺の紅葉の様子はこちら>
 白馬大池の紅葉とビール
<白馬大池でのディナーの様子はこちら>
 紅葉の白馬大池でワインの山ディナー
<白馬三山のご来光から白馬鑓温泉までの縦走はこちら>
 紅葉の白馬三山縦走 ご来光篇
 
タグ:白馬鑓温泉
posted by げんさん at 07:44 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | 北アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「怒涛の下山」もちょっと気にはなるけど・・・(笑)
スパっと終わったのがまた、いい感じですね〜
今まで、そんなに「熱烈行ってみたい」とは思っていなかった温泉。
げんさんのサービスショットを見て、かな〜りいきたくなりました〜♪
来年の夏に・・・と思ってた白馬だけど、秋もいいんですね〜
Posted by heppoco at 2007年10月17日 22:25
>heppocoさん
コメントありがとうございます!

白馬岳、夏のひんや〜りした大雪渓歩きも捨てがたいですが、秋の静かな鑓温泉もまたいいです。

でも、大雪渓から登ると、鑓温泉に下りるか、
蓮華温泉に下りるか迷ってしまいそうです(笑)
Posted by げんさん at 2007年10月18日 04:23
いやぁ〜、げんさん今回も楽しませていただきました。何だか読んでて幸せな気分になれました。なんなのかなぁ。ありがとうございます。
追記のお嬢さんの気持ちもよくわかります。山の感動ってやたらと誰かに伝えたくなるんですよね。仕事中にお客さんと山ネタで盛り上がったりしてね。
さて、お次はいよいよリベンジの話ですね。こちらも楽しみにしております。
Posted by さくらちとせおー at 2007年10月18日 23:09
山に行きたくなりました・・・・


で、げんさんの湯煙写真!いい感じですね〜^m^
Posted by awa at 2007年10月18日 23:19
>さくらちとせおーさん
コメントありがとうございます!

 >何だか読んでて幸せな気分に・・・

うわぁ、うれしいです!
こちらもまた幸せな気分です!

山の感動、やはり同じような体験をした人に
わかってもらえると喜びも倍増ですね!

キヤホ、がんばります!
Posted by げんさん at 2007年10月19日 04:24
>awaさん
コメントありがとうございます!

湯煙ショット・・・

自信がなかったのですが・・・(笑)
お恥ずかしい・・・(照)

Posted by げんさん at 2007年10月19日 04:27
げんさん、レポ拝見しましたよー
一つ前の記事でどうしようか・・という前ふり。
こりゃ、絶対幕営でしょーって思いましたよ(笑)
ともかくお風呂、正解でしたね!
今回の旅、お料理も充実していて、+山の温泉なんて、だいぶ癒されたのでは?!
ナイスプランだなー。わたしもこのプラン、やってみたいです!

>どっかの山ブロガーさんも同じ山でハマッていたなぁと思い出していた。
ひょっとして・・・(笑)
Posted by まゆ太 at 2007年10月19日 12:35
>まゆ太さん
コメントありがとうございます!

 >こりゃ、絶対幕営でしょーって

読まれましたね・・・笑

 >ひょっとして・・・(笑)

ひょっとします(笑)
Posted by げんさん at 2007年10月20日 00:14
やっぱ鑓温泉で幕営ですよね(笑)
まったり、のんびり、豪華な食事に温泉!
最高です(^_-)-☆

あ〜、また行きたいぞ〜
Posted by 食う寝るさんだ-す at 2007年10月22日 20:18
>食う寝るさんだ-すさん
コメントありがとうございます!
(お返事遅くなってすいません!!!!)

  >やっぱ鑓温泉で幕営ですよね(笑)

ですねー。
ここはマッタリには最高です。
小屋の営業期間外はどっさりビール
担いでいかないといけませんが・・・笑
Posted by げんさん at 2007年10月26日 07:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif