TOP 北アルプス 夏山 秋山 >蓮華温泉〜白馬三山〜白馬鑓温泉縦走 1日目(蓮華温泉〜白馬大池)

2017年08月29日

蓮華温泉〜白馬三山〜白馬鑓温泉縦走 1日目(蓮華温泉〜白馬大池)

久々の北アルプス、というか久々の山。
今年前半の仕事と諸々の事に疲れ切っていたこともあって、選んだのがこのコース。

20170727renge-015.jpg

何年かぶりに、蓮華温泉と白馬鑓温泉を結ぶ、テント泊の山旅だ。

4月に新会社の新しい部署を立上げるため、年初から奔走。
新しい部署が立ち上がってからは、以前の3倍に膨れ上がった部署の体制整備と、この仕事の初心者が1/3もいる異常な事態に対応するための、速成栽培の人材育成とそのプログラム作り。

その中で、山ごはんの新刊本が出ることになり、ようやく8月のアタマには夏休みをとろうと画策していたのだが、8月10日に飛び込んできた大一番の仕事に休みの計画は粉砕 。。。_| ̄|○

7月の終わりに、天気予報は悪いと知りつつも、もう、山へ行かないと限界だァ・・・とやってきたのが、蓮華温泉からのコースだ。

前日に中央道をひた走り、夜に白馬八方の駐車場へ到着。
そのまま車中泊で仮眠し、アサイチの大糸線に乗るため、パッキングをして白馬駅へと歩く。

南小谷で乗り換え、平岩駅に到着したが、バスまで1時間半も駅で待つことになる。

20170727renge-001.jpg

本を読みながら、待つこと80分ほど。
ようやく蓮華温泉行きのバスが到着。

20170727renge-002.jpg

バスに乗り込んだのは、私を含め3人だけ。
雨の降り出しそうな曇天の中、エンジンの唸りをあげながら、バスは蓮華温泉へと登っていく。

蓮華温泉の駐車場に着いたら、なんと、青空が顔を出したではないか。

20170727renge-003.jpg

蓮華温泉ロッジの前で準備運動をし、

20170727renge-004.jpg

裏手の山道へと入っていく。

20170727renge-005.jpg

懐かしい山道を辿り、

20170727renge-006.jpg

1時間あまり、噴出す汗を我慢しながら登っていくと、あたりがひらけはじめた。

20170727renge-007.jpg

天狗の庭あたりからは、高山植物もちらほら。

20170727renge-008.jpg

水を飲みつつザックをおろして休憩していると、微かに雪倉岳の稜線が見えたような・・・見えないような・・・

20170727renge-010.jpg

曇天の雲の中で、青空を望みつつ、白馬大池を目指して登り続ける。

やがて、あたりの樹木がなくなり、前方から雪渓を渡るヒンヤリとした風が吹いてくると、白馬大池はもうすぐだ、

20170727renge-011.jpg

というところで、雨が降り始め、慌てて小屋前のテント場まで急行し、特急でテントを張って、荷物を放り込む。

20170727renge-012.jpg

ここからは、降ったりやんだりを繰返し、残念ながら夏空に輝く白馬大池の姿は見れなかった。

20170727renge-013.jpg

その後は、テントで山めしとビールを愉しみつつ、ときおり外へでて、山の空気を思う存分吸い、低山病の回復に努めるのであった(笑)

20170727renge-014.jpg

明日の天気に期待だ。

20170727renge-015.jpg

久々のテントで、ぐっすり眠り、晴天の縦走を夢見るのであった。。。

(つづく)

山ごはんの本、最新刊が出版されました!

げんさんとよーこさんの山ごはん



posted by げんさん at 04:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | 北アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif