TOP 八ヶ岳 冬山 春山 >冬の唐沢鉱泉〜西尾根〜西天狗岳〜東天狗岳ぐるりっぷ

2017年01月19日

冬の唐沢鉱泉〜西尾根〜西天狗岳〜東天狗岳ぐるりっぷ

1月の3連休に、雪の八ヶ岳へ。

20170107nishitengu-018.jpg

年末の何も見えなかった天狗岳の無念を晴らすため、唐沢鉱泉から西尾根を登って、西天狗岳へとリベンジ冬山山行だ。

金曜日の深夜に中央道を疾走したが、双葉SAで力尽きて、仮眠。
早朝に再び走り出し、一路唐沢鉱泉へ。

年も明けたというのに、唐沢鉱泉までの道に雪はほとんどない。

予め電話を入れていたので、唐沢鉱泉の駐車場に車を停めさせていただき、装備を整え、7:30 唐沢鉱泉を出発。

20170107nishitengu-001.jpg

年末に訪れたときは、このあたりですら雪はなかったが、なんとか登山道にはうっすら雪が積もっていた。

20170107nishitengu-002.jpg

鉱泉から森の中を登っていくが、雪が何度か融けては凍っているようで、ツルツルの道が何箇所も。

尾根に上がる手前で、向こうに日が差してきた。

20170107nishitengu-004.jpg

気持ちのいい澄んだ空気を吸いながら、8:20 尾根の分岐に到着。

そこから少し明るくなった道をどんどん進み、9:10 あたりが開けたら第一展望台到着だ。

20170107nishitengu-005.jpg

美しい仙丈ケ岳や

20170107nishitengu-006.jpg

甲斐駒が岳の面々が迎えてくれる。

20170107nishitengu-007.jpg

いい景色にテンションはますますあがり、

20170107nishitengu-008.jpg

9:35 第二展望台。

20170107nishitengu-009.jpg

目指す西天狗の山頂付近も見えてきた。

20170107nishitengu-010.jpg

ここでアイゼンを着け、再び鞍部に向けて樹林帯を下り、ほどなく登り返す。

樹林帯の登りをぬけたら、頂上へのラストスパートの岩稜帯だ。

20170107nishitengu-011.jpg

ガシガシと大岩の間を縫うように登り、

20170107nishitengu-012.jpg

一気に高度を稼ぐと、

20170107nishitengu-013.jpg

10:10 西天狗岳山頂到着。

20170107nishitengu-014.jpg

北アルプイスまでズドーン。

20170107nishitengu-015.jpg

鹿島槍に、五竜岳までくっきり。

20170107nishitengu-016.jpg

頂上直下の雪面に陣取り、こんな絶景を愛でながらの山めしランチ。
 今半の!すき焼きそぼろうどん

20170107nishitengu-017.jpg


シメには、雪山の山頂で、山の野点初め

すっかり山頂での山めしタイムを満喫し、いざ、東天狗へ。

20170107nishitengu-018.jpg

急な雪面を一旦下り、鞍部へ。

20170107nishitengu-019.jpg

振り向けば、西天狗岳へのトレース。

20170107nishitengu-020.jpg

ガシガシとアイゼンで東天狗への斜面を登りつめれば、

20170107nishitengu-021.jpg

12:00 東天狗岳山頂。

20170107nishitengu-022.jpg

年末とはうってかわった、晴天に思わず顔がほころぶ。

20170107nishitengu-023.jpg

蓼科山の向こうには、遠く北アルプスの白馬三山か。

20170107nishitengu-024.jpg

さて、山めしランチの西天狗で1時間半もまったりしてしまったので、ここからはサクッと下山開始。

20170107nishitengu-025.jpg

頂上を後にして、中山峠への稜線から頂上を振り返り、

20170107nishitengu-026.jpg

岩場帯の急斜面を下っていく。

20170107nishitengu-027.jpg

前方に、どこかで見たヤッケの一隊が・・・と思ったら、長野県警の山岳警備隊だった。

20170107nishitengu-028.jpg

峠の手前で、東天狗と西天狗の雄姿を最後に見納め、

20170107nishitengu-029.jpg

中山峠を黒百合平へ。

20170107nishitengu-030.jpg

12:40 黒百合ヒュッテ。

20170107nishitengu-031.jpg

ここでピッケルを仕舞い、森の中へと下っていく。

20170107nishitengu-032.jpg

後は考え事をしながら、静かな雪の森をガンガン下る。

20170107nishitengu-033.jpg

今年実現したい夢の数々、達成しなければいけない仕事の目標・・・

そんなことで頭がいっぱいになった頃、14:10 唐沢鉱泉へ帰還。

20170107nishitengu-034.jpg

あとはゆっくりと唐沢鉱泉の湯に浸かり、今年の夢をまとめるとしますか。

正月早々、いいお天気に恵まれて、最高の雪山(めし)日和の山歩きであった。




posted by げんさん at 04:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif