TOP 北アルプス 夏山 秋山 >晩秋の雨飾山で、いきなりラッセル

2016年11月10日

晩秋の雨飾山で、いきなりラッセル

晩秋の雨飾山の登山口、雨飾温泉で美味しい夕食をいただいたあと、再び温泉で温まり、ぐっすりと眠る。

20161104amakazariyama-035.jpg

そして、翌日、新潟側から登った雨飾山で待ち受けていたものは・・・

夜半に目を覚ますと、屋根を叩く激しい雨音。
5時に雨飾山荘の朝ごはんを食べ終わっても、まだ雨音が。。。

仕方なく意を決して、部屋で雨具を着込み、玄関の外で登山計画書を出していたら、ちょうど雨がやんだ。

駐車場で装備を整え、

20161104amakazariyama-001.jpg

6:15 いざ、出発。

20161104amakazariyama-002.jpg

山頂までゆっくり歩いて4時間。
急登とは聞くものの、楽勝だ。

雨飾山荘横から山道へ。

20161104amakazariyama-003.jpg

噂どおり、のっけから急な登りが続く。

20161104amakazariyama-004.jpg

そのうち、昨夜の雨が雪となって現れ、

20161104amakazariyama-005.jpg

ハシゴもでてきた。

20161104amakazariyama-006.jpg

まばらだった雪も、

20161104amakazariyama-007.jpg

そのうち、山道を隠すほどになり、

20161104amakazariyama-008.jpg

紅葉も真っ白。

20161104amakazariyama-011.jpg

振り返れば、鋸岳方面にも朝日が射し、

20161104amakazariyama-009.jpg

日本海まで見渡すことができた。

20161104amakazariyama-010.jpg

しかし、雪はさらに量を増し、梯子も凍っている。

20161104amakazariyama-012.jpg

このアルミ梯子を越えると、いっぷくどころ。
急な登りの中で、一息つけるところだ。

20161104amakazariyama-013.jpg

この上から本格的な雪道に。

20161104amakazariyama-015.jpg

ザクザクと気持ちのよい足元の音が、次第に、ズボッ、ズボッという鈍い響きになり、

20161104amakazariyama-016.jpg

踏み抜きそうなくらいの雪の量。

20161104amakazariyama-018.jpg

凍った中の池、8:30 到着。

20161104amakazariyama-019.jpg

寒くて休んでいられないので、さらに進むが、傾斜はどんどんキツクなり、急斜面で雪の下の足場を探ることも困難になってきた。

20161104amakazariyama-020.jpg

ときおりルートを外すと、笹薮の上に積もった雪とともに、ズルズルと1mほど滑り落ちる。

20161104amakazariyama-021.jpg

前方に稜線が見える頃になると、積雪は40cm.近くになり、

20161104amakazariyama-022.jpg

ひざ下までもぐるようなありさま。
まだ冬山装備ではなかったので、夏用登山靴に雨具のパンツでどこまで頑張れるだろうか。。。

20161104amakazariyama-023.jpg

急斜面では、フィックスロープを雪の下から探して掘り起こし、

20161104amakazariyama-024.jpg

短くしたピッケル代わりのストックでなんとか乗り越えていく。

20161104amakazariyama-025.jpg

いや、もう、ほとんど雪山ラッセルの世界。

どんどん増す傾斜と雪の量に、苦しい戦いをしながら、気がつくと、ひとり笑っている。
昨夜読んだ、茂木健一郎さんの本を思い出した。

苦しい山歩きになればなるほど、この後の達成感と快感は大きい。
いま、きっと脳の中でドーパミンがドバドバと放出されているに違いない(ドMか!)

きっと冬山でいろんな課題を考え抜いて、解決策をひねり出してきたことも、中山峠へ独りハードラッセルを戦い抜いた時も、烈風の根石岳から東天狗岳を登りつめて頭の中が真っ白になったときも、きっと脳の中にドーパミンが溢れだし、答えが閃いていたに違いない。

やはりドM山行はやめられないのだろうか・・笑

20161104amakazariyama-026.jpg

稜線を見上げると、前方に白く輝く樹氷。

20161104amakazariyama-027.jpg

白く輝くもの=アルビオン という言葉とともに、頭の中にはあの曲が流れていた。

“I'm not in love”。10CCの、「 オリジナル・サウンドトラック 」の中の名曲だ。
あのコーラスの幻想的な世界が、眼の前にある。

透明感のある、あの間奏を初めて聞いたとき、どこか別世界に魂を連れていかれそうになるような感覚を覚え、鳥肌がたったものだ。

見上げれば青空に樹氷が白く光り、

20161104amakazariyama-028.jpg

不思議な感覚のまま、稜線へ。

20161104amakazariyama-029.jpg

北側斜面を登りきって出た稜線は、光の海だった。

20161104amakazariyama-030.jpg

雪化粧した雨飾山。

20161104amakazariyama-031.jpg

岩に雪がべったりついて滑りやすい頂上直下の急登を、慎重に登り、

20161104amakazariyama-032.jpg

あと少し。

20161104amakazariyama-033.jpg

頂上に飛び出した。

20161104amakazariyama-034.jpg

9:40 雨飾山 山頂到着。

20161104amakazariyama-035.jpg

北アルプス方面。

20161104amakazariyama-038.jpg

こちらは火打山方面。

20161104amakazariyama-037.jpg

日本海までくっきり見渡せる快晴。

20161104amakazariyama-036.jpg

せっかくなので、雪山の山頂で、雪見野点で一服しますか。

20161104amakazariyama-039.jpg

しばし、野点でまったり。

いただきものの甘くないチョコを、ありがたくいただき、

20161104amakazariyama-040.jpg

名残は惜しいが、あの雪の斜面がグズグズにならないうちに下山をはじめる。

20161104amakazariyama-042.jpg

火打山方面も見納め。

20161104amakazariyama-041.jpg

ここからは軽アイゼンを着けて、スリップしないように慎重に下降していく。

20161104amakazariyama-043.jpg

雨飾温泉(梶山新湯)への分岐から、ふたたび北側斜面へ。

20161104amakazariyama-044.jpg

登ってくるときにはあれほどしんどかった雪の斜面だが、自分のつけたトレースで、足の置き場がはっきりしているので、下山はとっても楽ちん。

20161104amakazariyama-045.jpg

トレースってありがたい(笑)

結局、この日このルートは私一人だったようで、来た時の足跡を忠実に下る。

20161104amakazariyama-046.jpg

思いもかけない雪山ラッセルと紅葉。

20161104amakazariyama-048.jpg

ズンズンと下りながら、

20161104amakazariyama-049.jpg

なんだか笑みがこぼれてくる。

20161104amakazariyama-050.jpg

最後は、お世話になった雨飾山荘のご主人に、下山報告とお礼を告げて、

20161104amakazariyama-051.jpg

山を下りるのであった。
素敵な雨飾山荘の湯と食事、ドーパミンたっぷりの山歩きに、感謝。

(完)

posted by げんさん at 04:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 北アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443670084
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif