TOP 南アルプス 夏山 秋山 >荒川三山を越えて、二軒小屋へ!

2016年08月16日

荒川三山を越えて、二軒小屋へ!

聖平小屋から、荒川小屋までの怒涛の縦走を果たし、体力も気力も使い果たした夜。
身体は相当ダメージを受けているのだが、なかなか寝付かれず、うとうとしかけたら3時。
寝袋から這い出して、準備を始める。

20160806nikengoya-002.jpg

昨夜のうちに汲んでおいた湧き水だけを飲んでテントを撤収し、4:00 荒川小屋を出発する。
さあ、今日はあそこまで行くのだ!

荒川小屋の裏手に回り、少し登って、荒川三山へのトラバース道へ。

もちろんあたりはまだ真っ暗で、ヘッドライトの灯りだけが頼りだ。

鹿除け柵を通り過ぎるころ、あたりが明るくなってきた。

20160806nikengoya-001.jpg

もしかしたら、日の出に間に合うかも・・・
3000mの稜線なので、ゼイゼイいいながら、ピッチをあげ、高度を稼いでいく。

どんどん空が明るくなってきて、気は急くが、なかなか稜線までが長い。

5:05 荒川中岳山頂到着。

20160806nikengoya-002.jpg

間に合ったか!

ふと後ろを振り返ると、昨日山頂で何も見えなかった赤石岳が赤く染まり、

20160806nikengoya-003.jpg

前方を見やれば、茜の雲をまとった富士山。

20160806nikengoya-004.jpg

あっ、来る!

20160806nikengoya-005.jpg

南アルプス北部へと続く山々にも光が一気にさし、

20160806nikengoya-006.jpg

荒川岳(東岳)から日が昇った。

20160806nikengoya-007.jpg

このえもいわれぬ瞬間。

20160806nikengoya-008.jpg

中岳の山頂にいた、数人は無言のままシャッターをきる。

さて、本日のハイライトは、このデカい荒川岳。

20160806nikengoya-009.jpg

ここからコルに向かってどんどん下るが、周りはお花だらけ。

20160806nikengoya-010.jpg

そこかしこの誘惑をふりきりつつ、コルから見上げた荒川岳は、二十年前に来たときの記憶より、遙かに登りごたえがありそう。

20160806nikengoya-011.jpg

ジグザクの急な登りの後は、岩場を攀じる。

20160806nikengoya-012.jpg

その岩場にも、たくさんのお花があって、強張った顔にも、ふっと笑顔がでそうだ。

20160806nikengoya-013.jpg

あまりに急な登りなので、花の名を確かめる余裕はないが、癒される。

20160806nikengoya-014.jpg

ぐいぐい高度をかせぎ、6:30 荒川岳山頂。

20160806nikengoya-015.jpg

振り返れば、越えてきた赤石岳、荒川中岳が大きい。

20160806nikengoya-016.jpg

東を見れば、富士山と光と雲の海。

20160806nikengoya-017.jpg

素晴らしい朝だ。

せっかくの最後の3000m山頂なので、ここで山めしモーニングにする。
これは荒川小屋のお弁当。

20160806nikenngoya-888.jpg

どんな中身だったかは、後日の山めし礼讃で。

さて、荒川小屋のお弁当と、このためにとっておいた味噌汁で、しっかりパワーと塩分を補給し、7:15再び縦走開始。

次のピークの丸山に7:40
ここから見た千枚岳へは楽勝に見えるのだが、

20160806nikengoya-018.jpg

このトラバースを終えて、とりつく木々に覆われた3つほどの岩峰がなかなか手強く。

20160806nikengoya-019.jpg

ストックを手に持っていたらちょっとヤバいかも、という場面も織り交ぜながら、小さな岩峰を登り降りを繰り返し、8:15 やっと千枚岳の頂上へ。

20160806nikengoya-020.jpg

富士山もここで見納めだ。

20160806nikengoya-021.jpg

15分ほど大休止して、しっかり水分も補給し、これからの暑い樹林帯の下りに備える。

10分ほど下ると、千枚小屋から椹島へ向かう道と、二軒小屋へのルートの分岐。

今までのメジャールートから離れ、二軒小屋への道へ踏み込むと、こんな感じ。

20160806nikengoya-022.jpg

一気に山深い南アルプスへと入っていく。

しばらくは、不明瞭ではないけれど、やや不安になる道を抜け、ずんずん下っていくと、いつしか美しい森の中へ。

20160806nikengoya-023.jpg

9:35 マンノー沢の頭。

20160806nikengoya-024.jpg

なるほど、万斧沢の頭、だったのね。
と一人納得。

しかし、地名の割にはまったく展望が効かず、水分だけ摂って再び下る。

ここからは、足の関節がギシギシ音を立てるのではないかと思うような急坂の連続。

ロボット雨量計跡の樹林の切れ間から、最後の千枚岳。

20160806nikengoya-025.jpg

あとは、いつ果てるとも知れない急坂の下りをひたすら下り、下り、下り、

20160806nikengoya-026.jpg

地図上にある、1871m地点まで来たが、まだ標高差500mほどもあるのか・・・

このシーズンになっても、どっさりと落ち葉の積もる道を、滑らないように用心しながら、またひたすら下る。

昨日のダメージもあって、いいかげん足が痛くなってきたころ、木々の間から、二軒小屋の屋根が。

20160806nikengoya-027.jpg

最後はこの吊り橋を渡り、発電施設の横をぬけると、林道。

20160806nikengoya-028.jpg

12:30 やっと着いたぜ、二軒小屋。

20160806nikengoya-029.jpg

ああ、あとは生ビールと、憧れの二軒小屋のディナーだっ!

(二軒小屋のディナーの様子は、明日の山めし礼讃で)

山旅はこれで終わりなのだが、心の旅はつづく。







posted by げんさん at 04:48 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 南アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。

いつも読ませて貰っています。

二軒小屋、良いですね。

このところ、何度か行きました。

http://www.the-support.net/something/nikengoya/index.html

Posted by サムシング田中 at 2016年08月17日 17:03
>サムシング田中さん
いつも読んでいただいて、ありがとうございます!

二軒小屋ロッヂ、すごく行かれてるんですねー
うらやまし〜

新館もなかなかいいですね。
山仲間で貸し切ってみたいものです。。。

Posted by げんさん at 2016年08月17日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441012752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif