TOP 南アルプス 夏山 秋山 >南アルプス南部へ! 椹島のテント場にて

2016年08月09日

南アルプス南部へ! 椹島のテント場にて

少し早い夏休みをいただいて、南アルプス南部へ。

20160803sawarajima-005.jpg

二十年近く前に、やり残した、アレを果たすため、椹島へと向かうのであった。

中央道、東名、新東名をひた走り、お昼過ぎに畑薙第一ダム下の、臨時駐車場に到着。

20160803sawarajima-001.jpg

車の向こうに見えるのが、東海フォレストの送迎バス乗り場。
支度を整え、食材と酒をザックに詰めたら、送迎バス乗り場で登山計画書を出し、バス待ちの列に。

20160803sawarajima-002.jpg

残念ながら、最初のバスには乗り切れず、ザックをイスにして読書など。

20160803sawarajima-003.jpg

今回、持参した本は、ハーバードの人生を変える授業(2)  
この本が、この山行を通じて、いかに心に刺さることになったかは、また後日のくだりで。

次のバスに乗り込み、ザックを膝の上にのせて、その重さに我慢しながら、林道を揺られること1時間。
椹島のテント場に、20年ぶりくらいに到着だ。

20160803sawarajima-005.jpg

テント場の横にある、レストハウス。
16時からは生ビールも売っているらしい。

20160803sawarajima-004.jpg

テント場のある場所は気持ちのいい広大な広場で、反対側にはベンチとテーブルも多数あり、山めしにはうってつけだ。

20160803sawarajima-006.jpg

さっそく食材と冷えたビールをもってテーブルを借り、山めしとビール三昧。

2品目を作っていい気分でビールを飲んでいたら、ポツリポツリと冷たいものが空から落ちてきて、やがて本降りに。。。

20160803sawarajima-008.jpg

だが、この椹島のテント場には、自炊小屋があり、立派なテーブルが3つと、水道もあって、至れり尽くせりなのだ。

20160803sawarajima-007.jpg

雨の椹島の景色を眺めつつ、3品目の山めし。

今回の南アルプスの縦走は、二十年ほど前にやり残した聖岳、赤石岳に登ること、そして、あの山小屋ごはんを食べるリベンジ山行なのだ。

明日からの縦走に備え、準備も万端。
しっかり腹ごしらえもできて、あとは寝るのみ。

しかし、この時は、この南アルプス縦走が、これまでの自分の山行観を変えるような山歩きになるとは、思ってもみなかったのであった。
その話は、おいおい。

(つづく)



posted by げんさん at 18:08 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 南アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん、ご無沙汰しております。
南アルプス南部に行かれたのですね!
続きたのしみにしてます。
Posted by まゆた at 2016年08月10日 10:06
>まゆたさん
ご無沙汰しております!
コメントありがとうございます!

まゆたさんのあの大縦走にはまったく比較にはなりませんが、二十年来の課題だった南アルプス南部、めっちゃ気合が入っていました。

悲喜こもごもの縦走記、またご覧ください〜
Posted by げんさん at 2016年08月10日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440895278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif