TOP 北アルプス 夏山 秋山 >6月の燕岳へ

2016年06月23日

6月の燕岳へ

6月の燕岳へ。

20160618tubakurodake-026.jpg

残雪の5月や冬山、夏山、秋山は登ったことのある燕岳だが、梅雨の晴れ間の週末に、たぶんはじめての6月の燕岳だ。

金曜日の夜に中央道、長野道を走り、梓川SAで3時間ほど仮眠。
再び登山口の中房温泉を目指して走り出す。

6時前に登山口駐車場に到着したのだが、すでに第1駐車場、第2駐車場は満車。
かろうじて第3駐車場に停めることができた。
6月という中途半端な時期だからと油断していたのだが、梅雨の晴れ間にこんなに燕岳へ人が来るとは・・・

6:20 登山計画書をポストに投函し、中房を出発。

20160618tubakurodake-001.jpg

新緑の燕岳登山の始まりだ。

20160618tubakurodake-002.jpg

のっけからの急登をこなし、

20160618tubakurodake-003.jpg

ひんやりとした山の空気と、溢れる新緑の光に包まれ、とってもいい気持ち。

20160618tubakurodake-004.jpg

と、思っていたのは束の間で、うっかりしようものなら、口や鼻から吸い込みそうな大量の虫の発生に閉口する。
夏山でもこんなに大量の虫は経験したことがないかも。


6:50 第一ベンチ。
ここで冷たい山の湧き水を補給。

20160618tubakurodake-005.jpg

7:15 第二ベンチ。
7:40 第三ベンチ通過。

と順調に高度をかせぎ、8:05 富士見ベンチに到着。

20160618tubakurodake-006.jpg

ここでも虫の多さに、ゆっくりと休憩する気になれず、そそくさと上を目指す。

真っ青な北アルプスの空。

20160618tubakurodake-007.jpg

8:30 ほどなく合戦小屋に。

20160618tubakurodake-008.jpg

日差しの燦々と降り注ぐ外のベンチで、パンを齧り、水を補給。

この後は、風がなく蒸し暑い尾根の樹林帯を登りきり、合戦の頭へ。
ここからはやや風もでてきて、高山気分で歩いていける。

20160618tubakurodake-009.jpg

お約束の槍ヶ岳のお迎え。

20160618tubakurodake-010.jpg

いつも雪のある時期に歩くことが多いので、こんなクサリ場があるのを覚えていなかった。

20160618tubakurodake-011.jpg

尾根の先に燕岳莊が見えてきて、

20160618tubakurodake-012.jpg

槍ヶ岳も大きく姿を現した。

20160618tubakurodake-013.jpg

まだ、夏道は雪で閉ざされているので、稜線までのラストスパートは小屋裏の冬道で。

20160618tubakurodake-014.jpg

9:30 稜線に飛び出すと、いい風が吹いてきた。

小屋の表に回り、いざ、燕岳山頂へ。

20160618tubakurodake-015.jpg

左手には、裏銀座の山々。

20160618tubakurodake-016.jpg

北燕岳と山頂の分岐点を過ぎ、

20160618tubakurodake-017.jpg

前方に、山頂で写真を撮りあっている人の姿が見えてきた。

20160618tubakurodake-018.jpg

9:50 燕岳山頂到着。

20160618tubakurodake-019.jpg

前方には北燕岳。

20160618tubakurodake-020.jpg

歩いてきたほうをふり返れば、燕山荘と槍ヶ岳。

20160618tubakurodake-021.jpg

さて、腹も減って、喉もカラカラなので、少し北燕岳方面へ下った場所で、山めしランチだ。

20160618tubakurodake-333.jpg

(この日の2品目)
 焼肉のタレ焼きそば

山めしランチの後は、北アルプスの稜線で愉しむ山の野点。

20160618tubakurodake-022.jpg

ああ、アルプスの涼風に吹かれて、なんとも清々しい気分だ。

うっかり2時間も山めしランチと野点を堪能し、下山の途につく。

20160618tubakurodake-023.jpg

大天井岳のトレイルは、まだ夏道が雪渓を横切っているようだ。

20160618tubakurodake-024.jpg

燕山荘まで戻ると、まだ雪の残るテント場にも、ちらほらテントが設営されていた。

20160618tubakurodake-026.jpg

山荘裏手には高山植物も咲いて、まさに夏山はもうすぐ。

20160618tubakurodake-027.jpg

槍ヶ岳に別れを告げ、

20160618tubakurodake-028.jpg

合戦尾根をぐんぐん下る。

20160618tubakurodake-029.jpg

12:50 合戦小屋通過。

20160618tubakurodake-030.jpg

13:45 第二ベンチ通過。

20160618tubakurodake-031.jpg

怒涛のように第一ベンチも過ぎ、やがて緑の中房登山口へ。

20160618tubakurodake-032.jpg

14:00 中房温泉登山口にゴール。

20160618tubakurodake-033.jpg

梅雨の晴れ間、6月の燕岳。
いいお天気にも恵まれ、山頂での山めしと野点もできて、実質5:40歩いてカラダもスッキリ。

登り下りでずっと思い返していた、今年の上半期の振り返りを、有明荘の温泉に浸かって、ゆっくりとまとめるとしましょうか。





posted by げんさん at 04:33 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439269572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif