TOP 八ヶ岳 冬山 春山 >冬の赤岳鉱泉へ

2015年12月29日

冬の赤岳鉱泉へ

冬の赤岳鉱泉へ。

20151225yatugatake-009.jpg

クリスマスの平日に一日お休みをいただき、今年最後の山行へ。
雪山に登り、一年を振返って、来年の計を巡らす山旅だ。

が・・・

東京から早朝、普通列車を乗り継ぎ、茅野駅へ。
残念ながら、美濃戸口行きのバスは12月26日〜1月4日しか運行していないので、相乗りタクシーで美濃戸口に到着。

20151225yatugatake-001.jpg

話には聞いていたが、今年は雪が少なく、ここではまったく雪の気配がない。

美濃戸口のバス停の前にはこんな建物がたっていた。

20151225yatugatake-002.jpg

登山者のための、おされなカフェ&宿泊所。

20151225yatugatake-003.jpg

登山計画書をポストに入れ、美濃戸へ向かって歩き出す。

20151225yatugatake-004.jpg

40分ほど歩いて、美濃戸山荘までくると、ようやくうっすらと雪化粧。

20151225yatugatake-005.jpg

北沢への林道をいき、

20151225yatugatake-006.jpg

橋を渡る手前で軽く山めしランチをし、沢沿いの道を赤岳鉱泉へ。

20151225yatugatake-007.jpg

天気予報はいいのだが、八ヶ岳上空は黒い雲がかかり、
時折太陽が雲の間から顔を出すと、あたりが眩しく輝く。

20151225yatugatake-008.jpg

美濃戸口から2時間半ほどで、赤岳鉱泉到着。
まだ半分くらいな感じのアイスキャンディがお出迎えだ。

20151225yatugatake-009.jpg

サッと雲が切れると、横岳の絶景。

20151225yatugatake-010.jpg

今回は、平日ということもあって、珍しく小屋泊まり。
赤岳鉱泉のテント場は毎冬のようにテントを張っているのだが、実は小屋泊まりは初めてなのだ。

まだ夕方までにはかなり時間があるので、快適な赤岳鉱泉の小屋の食堂で、コーヒーを飲みながら読書。

20151225yatugatake-013.jpg

一年を振返るのに相応しい本・・・ということで持ってきたのは、
ドミニック・ローホーのゆたかな人生が始まる シンプルリスト

20151225yatugatake-014.jpg

自分の中にあるいろんな思いや経験を、シンプルなリストに書き出してみることで、自分のこれまでを見つめ、自らの本質を知り、アイデンティティを取り戻す作業。
本当に自分がやりたかったことや、好きなこと、価値観を映し出す、というものだ。

ひとしきり読書を愉しみ、自分なりにリストを作ってこれまでを振返る。
暖かなストーブのある小屋の中で、静かに時は過ぎていくのであった。

夕方になって、晴れてきたので、カメラをもって小屋の外へ。

赤岳を照らす残光。

20151225yatugatake-012.jpg

横岳の大同心、小同心に夕焼けが映り、

20151225yatugatake-011.jpg

やがてあたりは夜の静けさの中に。

あとは美味いと噂の、赤岳鉱泉の山小屋ごはんをいただいて、
明日の雪山縦走に備えて飲みますか(笑)

この美しい夕焼けに、明日の眩いばかりの雪山ルンルン縦走を想像していたのだが、
あんなことになろうとは、このとき、夢にも思っていなかったのであった。。。

(つづく)


posted by げんさん at 04:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif