TOP 中央アルプス >木曽駒ケ岳の夜明け

2015年10月20日

木曽駒ケ岳の夜明け

つづく・・・と言いながらえらく間があいてしまったが、
木曽駒ケ岳のテント場で激しい寒さに耐え、夜明け前に目覚めると、満天の星。

20151008kisokoma-005.jpg

さて、午後には東京へ戻らないといけないので、サクッと撤収して下山しますか。

夜明け前に朝メシとテントの撤収を終え、5:15 まだ暗い中、下山の途につく。

20151008kisokoma-001.jpg

木曽駒ケ岳の山頂でご来光を待つ余裕がないので、トラバース道を西駒方面へ。

20151008kisokoma-002.jpg

宝剣岳方面の雲もピンク色に。

20151008kisokoma-003.jpg

南アルプスのほうから日が昇りそうなのだが、なかなか顔をださない。

20151008kisokoma-004.jpg

ちょうど日が昇る方向に雲がかかっているようで、
光芒だけが大きくなっていく。

20151008kisokoma-005.jpg

やがて、ご来光。

20151008kisokoma-006.jpg

何回見ても、いいものですなぁ。

最後に木曽駒を振返り、

20151008kisokoma-007.jpg

どんどん広がる朝の光の中、西駒への稜線をいく。

20151008kisokoma-008.jpg

西駒山荘の手前で、木曽駒ケ岳と宝剣岳にお別れ。

20151008kisokoma-009.jpg

7:00 西駒山荘到着。
すいぶん日の出シーンに時間をとられてしまった。

この後、西駒山荘直下の水場で水を補給していたら、にわかに雲が湧きあたりが暗くなる。

20151008kisokoma-010.jpg

さて、スピードを上げて桂小場まで一気にいきますか。

稜線から一気に胸突八丁の下まで下り、

20151008kisokoma-011.jpg

8:30 大樽小屋。
馬返しを過ぎて、9:10 野田場を通過。

20151008kisokoma-012.jpg

山頂付近の凍える一夜がウソのような暑さにうだりながら、ひたすら山道を下り、

20151008kisokoma-013.jpg

10:00 桂小場へゴール。

20151008kisokoma-014.jpg

ちょっと慌しい下山となったが、秋の木曽駒の朝晩の景色と
信州ワインと山めしに癒された山旅であった。



posted by げんさん at 04:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 中央アルプス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif