TOP 南アルプス 夏山 秋山 >北岳の夜明け

2015年07月22日

北岳の夜明け

北岳の夜明け。

20150712kitadake-005.jpg

素晴らしい夕景と、テント場での安眠の翌朝、
北岳からの夜明けだ。

3時45分にテントを出て、ヘッドランプの明かりで山頂へ。
寒いくらいの気温が、夏の高山にいるのを実感させてくれる。

岩稜のペンキマークを見失わないようにサッと登って、
4時15分、北岳山頂到着。

すでに数人が日の出を待ってスタンバイ状態だ。

富士山まで見渡せる快晴に、期待が高まる。

20150712kitadake-001.jpg

静かな夜明け前の冨士。

20150712kitadake-002.jpg

八ヶ岳方面の雲が茜色に染まり、

20150712kitadake-003.jpg

来る。

20150712kitadake-004.jpg

サッとあたりに光が射し、
夜が明けた。

20150712kitadake-005.jpg

間ノ岳に朝が訪れ、

20150712kitadake-006.jpg

仙丈ケ岳も光を受けて輝きだす。

20150712kitadake-007.jpg

その遙か彼方には、北アルプスが目覚め、

20150712kitadake-008.jpg

素晴らしい夜明けをむかえることができた。

この景色をしっかり目に焼き付けて、テント場へと下る。

この絶景の中で、コーヒーを淹れてパンで朝食。
富士山を眺めながらの、最高の山めしモーニングだ。

20150712kitadake-010.jpg

朝食の間に乾かしておいたテントをサクッと撤収し、
北岳に別れを告げる。

20150712kitadake-011.jpg

涼しい朝の稜線の風に吹かれ、ルンルン気分で下山開始。

20150712kitadake-012.jpg

お花畑を過ぎ、

20150712kitadake-013.jpg

右俣コースと白根御池の分岐を御池方面へ。

やがて、御池とテントが遠くに見えた。

20150712kitadake-014.jpg

7:35 白根御池小屋。

20150712kitadake-015.jpg

小屋の前にある、冷たい南アルプスの天然水の水場で喉を潤し、
いよいよラストスパート。

森の中のトラバース道を歩き、

20150712kitadake-016.jpg

そのあとの急下降をぬければ、右手から懐かしい沢の音。

二俣からの道に合流し、
9:10 広河原山荘着。

そして、この吊り橋を渡って、また下界へと戻っていく。

20150712kitadake-017.jpg


一泊の北岳往復であったが、お花畑に、絶景夕焼け、ご来光。
夏山のいいとこ全部まるごともらったような、いい山旅であった。



posted by げんさん at 04:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 南アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif