2015年07月16日

北岳へ

北岳へ。

20150711kitadake-013.jpg

5月の連休以来、山らしい山に行けていなくて、重度の低山病が悪化。
もうダメだ〜っ!とパツンパツンになった先週の金曜日に、
やっと仕事の剣が峰を超え、野暮用もクリアして、
早朝の中央道を、芦安の市営駐車場に向けてひた走るのであった。

ストレスも、疲労もピークに達していて、かつ金曜の夜はイベント仕事で、
コンビニに買出しに寄り、深夜に帰宅。
そこからテント泊の装備をし、2時間ほど仮眠して、
早朝に車を走らせた。

といっても、芦安駐車場からの朝一番の広河原行きバスには間に合うはずもなく、
7時前に山の神のゲートに差し掛かると、
なんと、第一駐車場へ、と交通整理の方に案内された。

第一駐車場はまだ半分くらいの車の入りで、
この好天に、車はこれだけ? もしかしてガラガラの南アルプス?
なんて思っていたら、駐車場の係りのおじさんが、
いやいや、第一駐車場に車入れるの忘れて、第二駐車場からいれちゃったんで(笑)
下まで満車ですよ。お客さん、ラッキーだね〜

という結末。

乗り合いタクシーに運よく乗れて、8時に広河原到着。

準備運動をして、装備を整え、8:30 出発。

北岳の山頂までくっきり見える、この好天。

20150711kitadake-001.jpg

背中のテントと食料とビールが詰まったザックが重いが、
それすら嬉しくて、北岳を見ながらニヤニヤしている自分が怖い(笑)

このつり橋を渡って、いよいよ北岳への道へ。

20150711kitadake-002.jpg

広河原山荘を過ぎると、南アルプスの緑一杯の森。

20150711kitadake-003.jpg

あっーーーーーー!
夢にまで見た山、山に帰ってきた〜!!!

スキップしそうな勢いで、山の清々しい空気をたっぷり吸って、
歩きなれた道を行く。

雪解けがすすむ北岳の清冽な沢。

20150711kitadake-004.jpg

やがて、仮設橋で沢を渡り、

20150711kitadake-005.jpg

右岸の山道を歩く。

可憐なクルマユリ。

20150711kitadake-006.jpg

横から流れ込む沢も気持ちいい音を立てて、南アルプス気分を盛り上げてくれる。

20150711kitadake-007.jpg

そうこうするうちに、二俣手前の雪渓に飛び出した。

10:15 二俣到着
かんたんに、おにぎりと水で補給し、稜線への右俣ルートをあがる。
夏山の太陽をモロに浴びて、一番暑さのツラい行程だ。

が、こんな高山植物に癒され、

20150711kitadake-009.jpg

黄色い、シナノキンバイの鮮やかなこと。

20150711kitadake-010.jpg

黄色く斜面を染める大群落に、花より団子の自分でも心が和む。

20150711kitadake-012.jpg

テガタチドリ、かな?

20150711kitadake-011.jpg

そうこうしているうちに、山道は天空に伸び、

20150711kitadake-013.jpg

12:10 稜線へ飛び出す。

甲斐駒さん、お久しぶり〜

20150711kitadake-014.jpg

ここからは涼しい風に吹かれ、アルプスの稜線漫歩。

20150711kitadake-015.jpg

イワツメクサ(?)

20150711kitadake-016.jpg

ここから、肩の小屋にかけても、お花畑が続く。

12:40 肩の小屋、テント場到着。
受付をすませ、北岳と富士山の眺められる
一等地にソロテントを張らせてもらう。

20150711kitadake-017.jpg

出発から4時間ほど。
かなり早くついたので、まったり読書。

その前に、カラカラの喉に、がんばったご褒美を(笑)

久々の山に乾杯っーーーーーーーー!!

20150711kitadake-018.jpg

ぷはあぁぁーーーーーーーーーーあああああ!!!!!!!

五臓六腑に染み渡る〜っう!

この日が来ることを信じて、持参してきた本は、
 人生の〈逃げ場〉 会社だけの生活に行き詰まっている人へ (笑)

20150711kitadake-019.jpg

いや、こんな標高3000mのポジティブな「逃げ場」もないでしょう(笑)

テントに寝転がって読んでいたのだが、雲ひとつない青空、夏山のカンカン照りに
フルオープンにしたテントでもダラダラ汗をかくほど暑い。

これはこれで、晩メシのときのビールがまたうまくなるではないか。
 ↑ 超ポジティブ、いや、世間では「ドM」と言う(爆)

さて15時ころになったら、まだ暑さはあれだけど、
3000m.の山めしタイム。

その一品はこちら。
 山のうざく

ビールに、ワインに、ウイスキーに・・・と
さんざん山ごはんを楽しんだ後、夕景を見に、小屋前の広場にあがったのだが、
先刻からどんどんガスってきていて、日差しは見えず・・・

20150711kitadake-020.jpg

さっきまでの暑さはどこへやら、ダウンを着込んでも震えがくるほど寒い。

小屋前にいた人々もみな中にはいってしまっていたが、
そのうちガスが切れ始め・・・

20150711kitadake-021.jpg

おおっ!
なんと神々しい仙丈ケ岳のシルエットと夕日。

20150711kitadake-022.jpg

あたりの雲と稜線を紅く染め、

20150711kitadake-023.jpg

みんな、この景色に言葉もなく。

20150711kitadake-024.jpg

やがて、素晴らしい夕景はフィナーレ。

20150711kitadake-025.jpg

山を歩けただけでも幸せな気分なのに、
この絶景も堪能させてもらって、いままでの苦労やストレスが心からすっかり消えているのを感じる。

北岳のくれた、素敵な一日に感謝。

(つづく)

posted by げんさん at 04:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 南アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422343408
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif