TOP 八ヶ岳 冬山 春山 >冬の三ツ頭へ

2015年03月26日

冬の三ツ頭へ

冬の三ツ頭へ

20150321mitugashira-010.jpg

だいぶ山も春の兆しがでてきたこのごろ、
雪山のうちに訪れておきたかった、三ツ頭へと車をとばした。

三ツ頭の冬は、ある意味登山口までが勝負どころ。
天女山入口のゲート前駐車場がそんなに多くは停められないので、
明け方の早い時間までにはいらねばならない。

金曜日の夜に、夜の中央道を走り、登山口に到着。
あとは、一週間の疲れがでて、ビールで撃沈。

夜明け前、4:30に起床し、雪山装備で身を固め、
5:00に天女山入口を出発。

20150321mitugashira-001.jpg

だんだん周囲はあかるくなってきたが、
昨夜の予報に反し、星もみえず、曇っているようだ。

20150321mitugashira-002.jpg

ちょうど、ご来光にあわせて登ってきたので、日の出前にここへ。

20150321mitugashira-003.jpg

5:40 天の河原到着。

20150321mitugashira-004.jpg

残念ながら期待したご来光は拝めず。

20150321mitugashira-005.jpg

しょうがないので、朝メシのおにぎりだけほうばって出発だ。

しばらくは平地をいくような雪の森の中を歩く。

20150321mitugashira-006.jpg

けっこう雪が緩んでいて、しっかりしたトレースもないので
トレースと思しきルートを外すと、ズボッと股下までもぐる。

そんなこんなで大汗をかきながら、標高2000m.付近。

20150321mitugashira-007.jpg

そろそろ急傾斜になってきて、キックステップとストックでガシガシ登って行く。

あたりはまだ、ガスに包まれて、景色もまったく不発なので、
本日の課題のひとつ、仕事の難題を歩きながら考え抜く。

きっと突破口はあるはず。

・・・と前三ツ頭下の尾根にさしかかったとき、ふと気配がして
ガスの向こうに見えるのは・・・

ああっ!

20150321mitugashira-008.jpg

と思った次の瞬間には、

ありゃりゃ・・・ 

20150321mitugashira-009.jpg

また黙々と歩き出す。

しばらくすると、また・・・

おおっ!!!

20150321mitugashira-010.jpg

次の瞬間には、

どよーん。。。

20150321mitugashira-011.jpg

どんだけハイアンドローを繰り返したか。

一喜一憂する心に再び光は差し、

前三ツ頭の直下からガシッと稜線に飛び出すと、


うわーっ!!!!!

20150321mitugashira-012.jpg

この絶景。

できすぎだ。。。

甲斐駒と仙丈ケ岳のそろいぶみ。

20150321mitugashira-013.jpg

南アルプスの女王様の、なんと美しいことか。

20150321mitugashira-014.jpg

しばし、風に吹かれつつ、絶景を楽しむ。

さて、天気のいいうちに三ツ頭まで行きますか。

20150321mitugashira-015.jpg

三ツ頭への尾根を直登し、

20150321mitugashira-016.jpg

40分ほどで、頂上はすぐそこ。

20150321mitugashira-017.jpg

9:30 三ツ頭頂上。

20150321mitugashira-018.jpg

お久しぶりの雪の権現岳。

20150321mitugashira-019.jpg

が、その横に見えるはずの、雪を戴いた赤岳は、完全にガスの中。

20150321mitugashira-020.jpg

このガスが濃いようで、どうにもお姿が見えない。

30分ほども待っただろうか。

ガスの切れ目から・・・

おおっ!!

20150321mitugashira-021.jpg

ついにチラッと姿を見せた雪の赤岳。

この凛々しい山容を見れて、満足。

さて、山めしランチにしますか。
風が強くて寒いので、前三ツ頭まで戻ることにする。

20150321mitugashira-022.jpg

本日の、山めしランチはこれ。

20150321mitugashira-023.jpg

とある素材で、痺れるほど辛い鍋。

ひと汗かいて、辛い鍋食べて、喉もカラカラ。

プハァーーーーー!!!

20150321mitugashira-024.jpg

なんて、やっていたら、前三ツ頭まで登ってこられた3人パーティのうち
女性の方が近寄ってこられて、

 もしかしたら・・・間違ってたらすいません。
 ブログ、山めしのブログされてます?

あ、あ、その、山めしのブログやってます(笑)

なんだかちょっとしどろもどろ気味に受け答えしつつ、
いつも読んでいただいている御礼など申し述べていた。

この方、会津駒によくいかれるそうで、いつもお世話になっている
矢車草さんともお会いされたそうだ。
(じつはこの後、下山後にも同じような話が展開される。。。)

テントを背負って三ツ頭方面へ登って行くみなさんを見送り、
本日の山めしもおひらき。

サクッと片付けて、急な斜面を下り、

20150321mitugashira-025.jpg

尾根の下部へ。

20150321mitugashira-026.jpg

富士山は雲の向こうで拝めなかったけれど、
この白い雲と、輝く雪山。

少し行き詰っていた仕事の難題も、いつのまにか見事に解決策が浮かび、
心もカラダも軽くなって、飛ぶように雪道を降りていく。

20150321mitugashira-027.jpg

最後はまた、トレースを外してズボズボはまりながらも、
なんだか笑えるほどに回復していた。

13:00 天の河原到着。

20150321mitugashira-028.jpg

さて、ラストスパートで車に戻ったら、
いつもの、あの山の湯宿に一目散だ。

(つづく)

posted by げんさん at 04:47 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん。お久し振りです。
本日、三ツ頭に登ってきました。
平日なので車は3台しか停まってませんでした。
アイゼン履いてましたが、あの登りはバテました汗
おかげで雲ひとつ無い晴天に恵まれました。
Posted by ケン太 at 2015年03月26日 22:32
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

三ツ頭登られたんですね!
26日だととってもいい天気だったでしょうねー

この雪のシーズン、年に一度は登りたくなる山ですね。
おつかれさまでした〜
Posted by げんさん at 2015年03月30日 04:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif