TOP 山のよもやま話 >鷲が峰ひゅって にて

2015年02月26日

鷲が峰ひゅって にて

鷲が峰ひゅって。

20150226washigamine-001.jpg

冬の蓼科山を下山して、向かった先は、
そう、この憧れの、鷲が峰ひゅって だ。

この方の記事 を拝見してから、いつかはと思っていた 鷲が峰ひゅって。

駐車場にクルマを停めると、こんな雪の回廊を通って、
鷲が峰ひゅっての入口へ。

20150226washigamine-002.jpg

中は薪ストーブが赤々と燃え、なんとも暖かくて居心地がいい。

20150226washigamine-003.jpg

本日はひとりで貸しきり。
部屋に通されて、お茶とお茶請けのお菓子と梅干。

20150226washigamine-004.jpg

もちろん、ここへきた目的のひとつは、評判の鷲が峰ひゅっての山小屋フレンチなのだが、
もうひとつ、個人的には思いきり本を読みたくて。

で、先日、とあるビジネス書を探していたときに、ふと目に飛び込んできたのがこの1冊。

僕たちはガンダムのジムである


20150226washigamine-005.jpg


このタイトルと、表紙に異常なインパクトを受け、即購入(笑)
多分、ガンダム世代ならこのタイトルだけでピンとくるのではないかと思うのだが
表紙だけで思いきり心に刺さった(爆)

だが、本日のメイン本はこれではなく、
この本を買ったときにレコメンドされてしまった、これ。

シャアに学ぶ“逆境”に克つ仕事術

20150226washigamine-006.jpg

じつはこちらのほうは、発刊された当時に知ってはいたものの、
ガンダム人気あやかり本、くらいにしか思っていなくて関心がなかったのだが、
今のさまよえる魂に、ぐっとくるものがあり、どっぷりと読みたかったのだ。

シャア、あらためクワトロ・バジーナが、一年戦争のときの「一匹狼の異才」から、
Zガンダムでは、自分の理想を実現するために、「組織」を動かし、
人の意識改革を促して、目的を達成していく、そんなリーダーとしての成長を、
ビジネスの視点から書いてあって、なんだかいたく心に響いてしまった。

 “リーダーとは人の意識改革をどれほど行えるかによって、その存在価値が決まる。
  ビジネスにおいて、個人の人生において、周囲にポジティブなイメージを与え、
  希望ある「ビジョン」を伝えることができているか・・・”

まさに今、自分に必要なこと。

自分はジムなのか、それとも、ガンダムでありたいと夢を見る者なのか、
はたまた、クワトロのように過去の過ちや弱点を、
自分を変えることで克服し、世界を変えようとする者なのか。

食事までと、食後で一気に読破してしまった。


さて、翌朝。

この部屋からきっと見えると思っていた、ご来光。
夜明け前に起きると、狙い通り、窓の正面から日が昇りそうだったのだが、
なんと、窓が凍って開かない。。。

おお焦りしつつ、窓の霜を懸命に払い、とりあえずの一枚。

20150226washigamine-007.jpg

その後、必死の融雪作業により、なんとか窓を開け(笑)
間一髪、ご来光をとらえることができた。

20150226washigamine-008.jpg

ああ、清々しい朝。
鷲が峰ひゅってにひとり、この景色を見れたシアワセ。

20150226washigamine-009.jpg

階下では、すでに小屋のご主人が朝食を用意してくださる音と
薪ストーブのはぜる暖かそうな音。

その素敵な朝食は、また後日の山めし礼讃で。


【シャアに学ぶ“逆境”に克つ仕事術】
 シャアに学ぶ“逆境”に克つ仕事術
 僕たちはガンダムのジムである


<鷲が峰ひゅって の素晴らしい夕食はこちらの記事で>
  鷲が峰ひゅっての夕食


posted by げんさん at 04:57 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414526585
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif