TOP 八ヶ岳 冬山 春山 >冬の北横岳へ

2015年02月05日

冬の北横岳へ

冬の北横岳へ。

20150124kitayokodake-021.jpg

1月の週末、天気がよさそうだったので、北横岳の雪山へ。

早暁の中央道を疾走し、北横岳の麓、
北八ヶ岳ロープウェイ乗り場の駐車場に。

雪山装備を整え、8:30 駐車場横の登山口からロープウェイを使わずに入山する。

20150124kitayokodake-001.jpg

まだロープウェイも動き出しておらず、静かな雪道。

20150124kitayokodake-002.jpg

始発まで30分ほどあるから、しばらくは静寂な山を楽しめそうだ。

20150124kitayokodake-003.jpg

踏み後をはずすと、腰近くまでもぐる雪に難儀しながら、
ひとのぼりで緩やかな傾斜の丘に。

20150124kitayokodake-004.jpg

左手には雪を纏った蓼科山。

20150124kitayokodake-005.jpg

おっと、予定時刻よりだいぶ早く、ロープウェイも動き始めたようだ。

20150124kitayokodake-006.jpg

しばらくズボズボと沈む雪に苦しめられながら、
リフトの終点の上で、ゲレンデを横切る。

20150124kitayokodake-007.jpg

ゲレンデをつっきったところから、再び樹林帯に。

20150124kitayokodake-008.jpg

そして、ゲレンデ横を通ったりしながら高度をあげ

20150124kitayokodake-009.jpg

数組追い越すと、トレールはどんどん心細くなって、
腰まではまる積雪に。

20150124kitayokodake-010.jpg

開けてきた樹林帯をぬけると、10:10 ロープウェイの山頂駅だ。

20150124kitayokodake-011.jpg

ロープウェイが到着するたびに、100人近くのスキーヤーやボーダー、
そして登山者がわらわらと降りてくる。

ここで水分と行動食で補給し、
アイゼンを装着。

20150124kitayokodake-012.jpg

10:30 山頂駅のまえを後にし、もう一段上の台地に。

20150124kitayokodake-013.jpg

いわゆる、「坪庭」を過ぎると、
目の前に壁のように立ちはだかる山塊。

20150124kitayokodake-014.jpg

ここからジグザグ道の急な登りが始まる。

20150124kitayokodake-015.jpg

急登をのぼりきり、樹林帯の中を行くと、前方に北横岳ヒュッテが見えた。

20150124kitayokodake-016.jpg

11:00 北横岳ヒュッテ到着。
ヒュッテの前は風もなく、日当たりもいいのだが、
なんせ大勢が休息していて、落ち着かなかったので先を急ぐ。

20150124kitayokodake-017.jpg

ここから樹林帯ののぼりだが、

20150124kitayokodake-018.jpg

ほどなくあたりは開放感にあふれ、

20150124kitayokodake-019.jpg

11:20 北横岳南峰へ到着。

20150124kitayokodake-020.jpg

ビュンビュン唸るように風が吹いてきて頬が痛い。

そのまま風に押されるようにして、北峰へ。

20150124kitayokodake-021.jpg

風はきついのだが、いい天気で、蓼科山の向こうには
北アルプスの峰々もくっきり。

20150124kitayokodake-022.jpg

鹿島槍ヶ岳に五竜岳かな。

20150124kitayokodake-023.jpg

10分ほどいたのだが、寒くて山めしはできそうにないので
北横岳の北峰を後にする。

20150124kitayokodake-024.jpg

八ヶ岳の峰々を拝みつつ、南峰からの下りをとっとと降りて、

20150124kitayokodake-025.jpg

さらに混雑している北横岳ヒュッテ前をスルー。
どんどん下って、

20150124kitayokodake-026.jpg

12:00 あっという間にロープウェイ山頂駅に。

20150124kitayokodake-027.jpg

ここも人が多いので、登ってきた冬期登山道に再びはいり

20150124kitayokodake-028.jpg

誰もいない静かな森の中で、さあ、山めしランチにするか。

本日は手早く温まる、こんな山めしメニュー。

20150124kitayokodake-029.jpg

詳細は後日の山めし礼讃で。

1時間ほどもゆったりと山めしランチを堪能し、
すっかりお腹もふくれ、カラダも温まって下山開始。

足にまかせて下っていくと、こんな景色も。

20150124kitayokodake-030.jpg

あんな景色も。

20150124kitayokodake-031.jpg

絶景をひとりじめにしながら、どんどん下る。

20150124kitayokodake-032.jpg

ラストスパートの急斜面でさらにもぐる雪に苦しみつつ、
14:30 駐車場横の登山口にゴール。

20150124kitayokodake-033.jpg


ややあっけないくらいの日帰り雪山だったが、
絶景と、雪山ランチに癒されるひとときであった。

感謝。


posted by げんさん at 04:56 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん、お早うございます。
北横からの絶景展望素晴らしいです。

僕は最近また休日が忙しくて山に行けなくて、禁断症状が出始めてます(笑)。
Posted by Tokky at 2015年02月05日 09:52
>Tokkyさん
コメントありがとうございます!

山に行けない日が続くとツライですね。。
一日も早くお山に行けますよう、お祈りしております。

Posted by げんさん at 2015年02月06日 04:51
さすがげんさん!
下から歩いていってしまうんですね。
くだりもそんな中で山めしを楽しまれて良いですね〜
この往復はいつもロープウェイです(^^ゞ
私達にはお得感のある北八ですが、
それでも坪庭から山頂の登りがきつくなりました(笑)

展望が良いと素敵なエリアですよね。
Posted by sanae at 2015年02月06日 11:04
ひょえ〜〜!
げ、げんさんっ!
同じ日にいましたよ、北横岳。
あの登山道を一人わしわしと力強いスピードでラッセルしていたのがげんさんだったとは・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
ロープウエイに乗ってた私はその様子を上から眺めていました。
トレースなかったでしょう?結構な急斜面だし、すごいな〜って。
あれは絶対げんさんに間違いないです、はい。
後から言うとなんですが、本気であの時げんさんが頭をよぎったんですよ。
でも「まさかね〜」って思っていました(^_^;)

なぜわかったかと言うと、南峰山頂の写真に写っている女性、同じような時間帯に歩いていたからです。
私もげんさんのカメラに収まっているかもですよ?

あ〜びっくりした。
八ですれ違い、多いですよね(笑)
Posted by cyu2 at 2015年02月06日 12:53
>sanaeさん
コメントありがとうございます!

坪庭からの急斜面、初めてでしたが
見かけは立ちはだかる壁みたいで、いったいどこを登るのか?
って思いました。

ロープウェイの区間は、人も少なくて
静かでよい山でした。
Posted by げんさん at 2015年02月06日 22:04
>cyu2さん
コメントありがとうございます!

なんと、ビックリ!
ほぼ同じ時間帯ですか。

あの混んでいた北横岳ヒュッテあたりで
すれ違っていたのかもですね。

私もロープウェイ見上げながら、誰か知っている人がいるかも・・・
なんて想像していましたが、まさかね(笑)
ほんと、八ヶ岳ではニアミスが多いですね。

Posted by げんさん at 2015年02月06日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413435799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif