TOP 尾瀬 上越 奥秩父の山 >金峰山と国師ケ岳

2014年11月20日

金峰山と国師ケ岳

金峰山と国師ケ岳。

20141120kokushigatake-024.jpg

ずいぶん前になるが、秋の初めに大弛峠小屋でテントを張って
金峰山と国師ケ岳を登ったときの記憶だ。

とにかく山の空気を吸いたいと、この方の記事に刺激され、訪れた大弛峠。

20141120kokushigatake-003.jpg

サクッとテント場を確保し、支度を整えて、
9:00に大弛峠を出発。まずは金峰山へ。

20141120kokushigatake-004.jpg

奥秩父らしい、山道を歩き、

20141120kokushigatake-005.jpg

朝日峠まで一旦下って上り返し、見晴らしのいい稜線にでる。

20141120kokushigatake-006.jpg

もうそこは朝日岳の山頂。

20141120kokushigatake-007.jpg

ここから眺める金峰山は遠く見えるが、
しばし気持ちのいい樹林帯を軽快に歩き、
再び稜線の開けたところに飛び出すと、
金峰山はすぐそこだ。

20141120kokushigatake-008.jpg

10:30 金峰山 山頂到着。

20141120kokushigatake-009.jpg

五丈岩にも人がいっぱいで、

20141120kokushigatake-010.jpg

大弛峠側の、見晴らしのいい場所まで少し戻る。

20141120kokushigatake-011.jpg

そこで山めしランチ。
青空と、山めしに、ひとり乾杯!

20141120kokushigatake-012.jpg

(このときの山めしランチはこちら)
 豆乳チャンジャラーメン

1時間ほどもゆっくりと山めしランチと景色を堪能し、
11:30 大弛峠を目指して戻り始める。

20141120kokushigatake-013.jpg

何度かの上り下りを繰り返し、13:00に大弛峠のテント場に帰還。

20141120kokushigatake-001.jpg

国師ケ岳は明日の朝にとっておくことにして、
テントで読書など。

今回は、海賊とよばれた男 (講談社文庫)


20141120kokushigatake-014.jpg

会社の中のことで汲々としている自分がちっぽけに見えるほど
この本の主人公の国を、民を、社員を想う心意気に、心が熱くなる。

熱くなってくる心を静めるかのように、山崎を呷るが
それはさらに情熱の炎を燃え上がらせる心のガソリンになっていったようだ。

ひとしきり読書をして、あたりも夕暮れがはじまる。

20141120kokushigatake-015.jpg

このときの山めしのひとり宴のメインメニューは、こちら。
 ファミチキの赤ワイン煮

旨い山ごはんに、ワインに、モルトに・・・
たっぷりと堪能した後、シュラフで爆睡。

翌朝、未明に起床し、
真っ暗な中をヘッドランプの明かりをたよりに国師ケ岳を目指す。

夜明け前に国師ケ岳に到着。
そのまま日の出を待つ。

20141120kokushigatake-016.jpg

富士山もまだ眠りの中。

20141120kokushigatake-017.jpg

やがて東の空が燃えはじめ、

20141120kokushigatake-018.jpg

富士山の周辺にも、茜色が。

20141120kokushigatake-019.jpg

心まで萌えそうな、紅の空に何度もシャッターを切り、

20141120kokushigatake-020.jpg

南アルプス方面も、空一面が染まっていく。

20141120kokushigatake-022.jpg

樹林の間から日が昇り、

20141120kokushigatake-021.jpg

富士山の山頂がモルゲンロートに一瞬輝いた。

20141120kokushigatake-023.jpg

この日は雨の予報で、絶景ショーもこれまで。

20141120kokushigatake-024.jpg

厚い雲に覆われていく奥秩父の空を見つつ、テント場へと撤退だ。

金峰山と国師ケ岳。
静かなテント場にも恵まれ、短い山歩きではあったが、
素晴らしい山の表情に満足の2日間だった。


【海賊とよばれた男】
 海賊とよばれた男 (講談社文庫)
 久々に胸の熱くなる小説だった。



posted by げんさん at 04:45 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 尾瀬 上越 奥秩父の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん、お早うございます。
またまた絶景ですね。やっぱり持ってる人は持っているんですね、絶景運。
僕はあんまり持っていないみたいですが(涙)。まずあんまり早起きしないって言うのも問題ですけどね(笑)。

ここのテン場は十数年前にテンパッた事があります。小屋番さんが厳しくも愛にあふれた方だったのが印象的でした。その小屋番さんも代替わりされたようで、また一度行きたいと思っています。
Posted by Tokky at 2014年11月20日 10:19
>Tokkyさん
コメントありがとうございます!

ほんとにこの日はいいお天気に恵まれて
翌朝も、日の出までもってくれたので、ほんとにラッキーでした。

小屋番さん、あまりお話しできなかったのですが
とってもいい方でした。
ぜひぜひまた訪れてください〜
Posted by げんさん at 2014年11月27日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。