TOP 八ヶ岳 夏山 秋山 >権現岳

2014年11月11日

権現岳

秋の一日、八ヶ岳の権現岳へ。

20141102gongendake-004.jpg

天気予報はイマイチだったのだけれど、朝、天の河原から見た絶景は。。。

3連休の初日は仕事で出撃できず、その夜に中央道を疾走。
双葉のSAで仮眠して、早暁に再び疾走開始。

権現岳の登山口、天女山の駐車場に到着したときはまだあたりが見えないほど暗く
かつ濃霧に包まれて意気消沈だったのだが、
山めしモーニングをしている間にあたりが明るくなり、
出発の時には日が昇って、

20141102gongendake-002.jpg

こんな景色が現れた。

20141102gongendake-001.jpg

さて、準備運動をして、7:00に出発だ。

20141102gongendake-003.jpg

すがすがしい朝の空気を吸いながら、歩き出す。

朝日のあたった、カラマツが美しい。

20141102gongendake-004.jpg

ほどなく天の河原に到着。

20141102gongendake-005.jpg

そこに待っていたのは、雲の上の絶景。

20141102gongendake-007.jpg

南アルプスも。

20141102gongendake-006.jpg

濃霧の中を走ってきただけに、まさかの、この劇的な光景に言葉を失う。

20141102gongendake-009.jpg

なんども富士山に向けてシャッターをきって、

20141102gongendake-008.jpg

いつまでもこの感動にひたっていたい気分だったが、
日帰りなので、先を急ぐ。

まずはあの前三ツ頭へ。

20141102gongendake-010.jpg

しばらくは笹の茂ったゆるい山道をひたすら歩く。

20141102gongendake-011.jpg

やがて、尾根にとりつくと急傾斜になり、いい汗をかける登りだ。

20141102gongendake-012.jpg

尾根に出て、前三ツ頭を見上げる。

20141102gongendake-013.jpg

あと20分くらいかな。

再び樹林帯の中にはいり、ひたすら高度を稼いでいると、
8:30 ひょいと前三ツ頭に飛び出した。

20141102gongendake-014.jpg

振り返れば、富士山まで雲海が輝き、

20141102gongendake-015.jpg

風は強いが、いい気分だ。

体温を奪われないようにシェルを着込んで、三ツ頭を目指す。

20141102gongendake-016.jpg

ひとがんばりで、三ツ頭。
9:10 まずまずのペースだ。

編笠山までは、なんとか見えるのだが、

20141102gongendake-017.jpg

権現岳、赤岳方面はガスの中。

20141102gongendake-018.jpg

ここらからさらに風は強くなり、
時おり、権現岳の山頂あたりのガスが切れるが、
視界がずいぶん悪くなってきた。

20141102gongendake-019.jpg

権現岳山頂近くの鎖場を通過し、

9:55 権現岳山頂到着。

20141102gongendake-021.jpg

残念ながら、あたりは真っ白け。
すんごい風がきつく、寒いので、わずか5分で山頂撤退。

下山を開始するが、だんだん天気は悪くなり

20141102gongendake-022.jpg

10:30 三ツ頭。
ここも寒いのでとっとと下り、
11:00 前三ツ頭。

前三ツ頭の大きな岩陰に風を避け、山めしランチ。
本日のメニューは、豚バラと白菜の酒蒸し鍋だ。

20141102gongendake-023.jpg

温まる〜

40分ほど山めしを楽しんで、再び下山開始。

サクッと天女山の駐車場まで下り、13:00 到着。

20141102gongendake-024.jpg


日帰りの慌ただしい往復登山だったけれど、
朝の神々しいまでの山の景色に、心の底まで癒された山行であった。


posted by げんさん at 04:48 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん、おはようございます。
紅葉も雲海もそこに浮かぶ富士山も山頂のガスも(笑)、どれもが素晴らしい景観ですね。
そして美味しい山めしがあって(笑)。
なにも言う事無しですね。
Posted by Tokky at 2014年11月12日 10:14
>Tokkyさん
コメントありがとうございます!

そうなんです。
朝方はとってもいい条件に恵まれて、
霧が晴れたら、目の前に萌えるカラマツ林が現れ
この雲海ですから、できすぎです。

ちょっと稜線は寒かったですが、
山鍋で温まりました〜
Posted by げんさん at 2014年11月13日 04:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。