2014年10月23日

徳本峠

徳本峠。

20141018tokugotoge-020.jpg

山を歩きはじめたときから、いつかは島々宿から登ってみたいと思って幾年月。
その長年の宿題だった、徳本峠へのクラシックルートを初めて歩いた。

夜の中央道を走るが、一週間の疲れがたまっていて
長躯、島々宿まで行くつもりが、あえなく諏訪湖のサービスエリアで仮眠。
4時に起きて、再び疾走を始める。

5:30 島々宿の徳本峠入口から、ゲートを通り、
すぐの河原の駐車場に車を停め、装備を整え 6:00出発。

20141018tokugotoge-001.jpg

しばらくは、島々谷の流れを横に、林道をひたすら歩く。

20141018tokugotoge-002.jpg

7:15 二俣到着。

20141018tokugotoge-003.jpg

ここで林道にお別れして、徳本峠へのクラシックルートらしい
いい雰囲気の山道だ。

20141018tokugotoge-004.jpg

何度も渓谷にかかる橋を渡り、戻りつつ

20141018tokugotoge-005.jpg

徳本峠への道は続く。

20141018tokugotoge-006.jpg

島々谷の音に癒され、

20141018tokugotoge-007.jpg

美しい流れに心なごむ。

20141018tokugotoge-008.jpg

いくつ橋を渡っただろう。

20141018tokugotoge-009.jpg

川沿いの桟道もしっかりした道で不安はない。

20141018tokugotoge-010.jpg

9:15 岩魚留小屋。

20141018tokugotoge-011.jpg

もうずいぶん営業していないのだろうか。
人気のない小屋の横には、真っ赤な紅葉だけが。

20141018tokugotoge-012.jpg

ここからさらに細くなった源流部にはいり、川沿いを歩く。
けっこうスリリングな丸太橋もあり。

20141018tokugotoge-013.jpg

最後の木橋を渡ると、

20141018tokugotoge-014.jpg

尾根筋へと登っていく。

20141018tokugotoge-015.jpg

この九十九折の山道の途中に湧く、ちから水。

20141018tokugotoge-016.jpg

これがなんともうまい山水で、今回の目的のひとつだったのだ。
プラティに2.5リットルほど水を汲み、
ずっしりと重くなったザックを担ぎなおして、再び九十九折の道を登る。

やがてあたりは笹原になり、

20141018tokugotoge-017.jpg

徳本峠小屋の屋根が見えると、峠はすぐそこ。

11:50 小屋の前に飛び出してみた風景は・・・・

20141018tokugotoge-018.jpg

これぞウェストンも見たという、徳本峠からの北アルプスの眺めだ。

小屋でテントの受付をし、この季節、この時間にしてほぼいっぱいだったテント場に
運よく空きスペースを確保。

20141018tokugotoge-019.jpg

テント場から45秒の展望台から見た明神岳。

20141018tokugotoge-020.jpg

景色を堪能し、戻ったテントで、ビールをあけ読書など。

今回は久しぶりに読み返す、北杜夫の「白きたおやかな峰」。

20141018tokugotoge-021.jpg

山をはじめたころに、この本で、ヒマラヤ登山に夢を馳せた。

じつは、擦り切れるほどに読んだ新潮文庫を
実家を出るときに紛失してしまい、以来、絶版で長らく手に入らなかったのだが
新たに河出文庫で復刊され、さっそく買ったところだったのだ。

ひとしきり読書を楽しみ、夕暮れにひとり山めしの宴。
本日のメインは、題して、徳本峠鍋。

20141018tokugotoge-022.jpg

詳しくは、明日の山めし礼讃で。

今回の徳本峠山行のメインテーマはこれ。
ちから水で割る、水割りを飲りにきたのだ。

20141018tokugotoge-023.jpg

この、ちから水で割った山崎が、えもいわれぬほど美味で、
一口飲んでは陶酔、二口呑んではため息。
いや、極上の一杯。

こんなまろやかで、香り立つ水割りをのんだことないと思うくらい、
涙が出るほどうまかった。

ああ、ここを歩いてよかった(笑)

もう、この徳本峠の山行はこれにつきるのだが、
プラティにいれた、ちから水が氷るほど寒い翌朝の
徳本峠の夜明け。

20141018tokugotoge-024.jpg

そして萌える明神岳。

20141018tokugotoge-025.jpg


もう何も足さない、何も引かない。
言うことのない、極上の山の水割りと静かな徳本峠へのクラシックルートに
心癒される山旅であった。

【白きたおやかな峰:北 杜夫】
 白きたおやかな峰 (Amazon)
 白きたおやかな峰 [ 北杜夫 ] (楽天ブックス)
 登山を始めた頃、夢中になって何度も読んだ。
 この本で、海外遠征登山の様子や、極地法登山のやり方、
 よく登場する食のシーンなど、自分がそこにいるかのようなリアルな感覚を味わったものだ。


posted by げんさん at 04:52 | 東京 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 北アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん、おはようございます。
うわぁ〜、ここ僕も行きたいんですよね〜。

明神岳の写真、最高です。
そして、ちから水の水割りを想像すると涎があふれそうです(笑)。
Posted by Tokky at 2014年10月23日 11:34
>Tokkyさん
コメントありがとうございます!

徳本峠、ぜひぜひクラシックルートから。
ちから水の水割り、今までの山で飲んだ水割りでも
極上ランクでした〜!
Posted by げんさん at 2014年10月26日 21:07
あぁ、いい時期に歩かれましたねー
私も、この静かなテン場で、旨い水割り飲みました
もちろん力水、でもお酒はトリス(笑)
いやいや、これが美味しいのなんの♪
最後の穂高ショット、グッと来ますね!
Posted by スロトレ at 2014年10月28日 13:22
>スロトレさん
コメントありがとうございます!

やはりこの徳本峠へのクラシックルートは、秋がいいですねー
スロトレさんも、水割り愉しまれたんですね。
ほんとにあの湧き水は水割り向きですねー。

翌朝もいい天気で、朝からテンションあがりました〜
Posted by げんさん at 2014年10月30日 04:54
いつも楽しく見させてもらっています。先日、やっとガーリックバター(小分け)を見つけて喜んだおやじです。徳本峠懐かしくて・・・・いいですねこのルート。20年前に登ったきりですが、また歩きたいです。
Posted by やまお at 2014年11月05日 13:28
>やまおさん
コメントありがとうございます!

ガーリックバター、いいですね。
近所で売っているところがなくなって、困っています。

徳本峠へのクラシックルートは、最高ですね。
秋に歩いてよかったです。
ぜひぜひまた歩いてください。

Posted by げんさん at 2014年11月09日 14:33
徳本峠には、10月の初めに登りました(*^_^*)

奈良の双門コースと、秘境で有名な大杉谷の間の感じのコースで
景観がとても素敵で、何度も登りたいルートの一つになりました。

最近燻製を始めてみたいって思ってたんで
早速本を購入に行ってきます(*^_^*)

もちろん「山めし」は、山を始めてすぐに買いました。
Posted by えれぇこった2号 at 2014年11月28日 10:36
>えれぇこった2号さん
コメントありがとうございます!

10月の徳本峠もいいでしょうねー
癒されるルートですよね。

山めし本も、燻製本も、ありがとうございます!
重ねて御礼申し上げます。

いい燻製デビューになりますように!
Posted by げんさん at 2014年12月01日 04:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407515827
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif