TOP 北アルプス 夏山 秋山 >白馬鑓温泉から猿倉へ

2014年10月09日

白馬鑓温泉から猿倉へ

すっかり間があいてしまったが、白馬鑓温泉のテント場で、
泥のように眠りに落ち、翌朝の空はこんな感じで明けはじめた。

20141002hakubayari-001.jpg

さて、山めしモーニングをして、猿倉へ下山だ。

白馬鑓温泉のテント場からの安曇野方面の空は、
雲が多く、きれいなご来光は拝めなかったが、
上空は晴れていた。

20141002hakubayari-002.jpg

やがて、背後の山肌にも陽が当たり、

20141002hakubayari-003.jpg

山の目覚め。

20141002hakubayari-004.jpg

サクッと朝ごはんを食べ、テントを撤収。

このころには上空も一面の雲で、

20141002hakubayari-005.jpg

6:50 猿倉へと下り始める。

白馬鑓温泉のテント場から、山道にはいるとすぐ、
また一面のお花畑。

20141002hakubayari-007.jpg

クルマユリも多い。

20141002hakubayari-006.jpg

さて、あまりゆっくりもしていられないので、
山腹につけられたルートを小日向のほうへと辿っていく。

20141002hakubayari-008.jpg

こんな怖げな沢もあったり。

20141002hakubayari-009.jpg

小さなアップダウンを繰り返しながら、ルートは続く。

20141002hakubayari-010.jpg

振り返れば、もう白馬鑓温泉も小さく見える。

20141002hakubayari-011.jpg

9:10 小日向のコルを越えてひと休み。
あとは猿倉までラストスパートだ。
というところで、雨が降り始め、カメラはザックに。。。

一気に猿倉の手前の林道まで降り、
9:50 猿倉荘へゴール。

20141002hakubayari-012.jpg

白馬鑓温泉から、猿倉までちょうど3時間。
喉もいい具合に乾いていたので、猿倉層で売っていた
キンキンに冷えたオールフリーで、ひとりおつかれさまの会。

20141002hakubayari-013.jpg

この数週間のさまざまな出来事をかみしめつつ、
白馬岳や白馬鑓温泉を巡れたことに感謝して、
残ったオールフリーを飲み干すのであった。


posted by げんさん at 04:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 北アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif