TOP 山のよもやま話 >白馬鑓温泉のテント場で

2014年09月18日

白馬鑓温泉のテント場で

白馬鑓温泉のテント場に、テントを張り終え、

20140829hakubayari-101.jpg

さあ、さっそく露天風呂へ。

白馬鑓温泉の露天風呂、昼間は男性、夜の一部が女性専用になる。

こんな感じの解放感だし。

20140829hakubayari-102.jpg

いたるところに、温泉の湯気がもうもうと。

20140829hakubayari-103.jpg

それこそ、源泉100%のかけ流し。

20140829hakubayari-104.jpg

この量がずっと湧いているのだから驚きだ。

山の汗を流し、さっぱりとしてからテントで読書など。

今回持ってきたのは、室町時代に能を大成した、世阿弥の言葉を書いた本、
世阿弥の言葉

20140829hakubayari-106.jpg


「初心忘るべからず」って、なんとなく知ってはいたけれど
世阿弥の言葉だったのだな。

20140829hakubayari-108.jpg

今では、「最初のころのフレッシュな気持ちを忘れずに・・・」的な
使い方をされることが多いようだが、世阿弥の言葉の本意はもう少し奥深かったそうで、
若いころの失敗や苦労を乗り越えた方法や心構えを忘れずに、
中年になっても、老後にも、未知なる事に対処するときの糧とせよ、
ということらしい。

当時の能(猿楽)は、役者同士の競合が激しい世界で、
その中で生き残り、大成をした世阿弥ならではの言葉なのであろう。

そして、世阿弥は芸としての能を大成しただけでなく、
その流儀を自分の言葉に結晶させて後世に残したところがすごい。

その世阿弥が創った言葉のチカラ、そのイメージを言葉に昇華させていくチカラには
畏敬の念を禁じえない。

リーダーとしてのひとつの素養がここにあるのだろう。
自らを省みて、深くそう思う。

しばし、世阿弥の言葉の世界にどっぷりと浸かった後は、
お待ちかねの、ひとり山めしの宴。

白馬鑓温泉に乾杯〜っ!

20140829hakubayari-105.jpg

プハァアアアアーーーーーーーー!!!

五臓六腑にしみわたる。。。

そして、ビールがすすむ山めし。

20140829hakubayari-109.jpg


夕暮れまでJAZZを聴きつつ、山めしとビールを堪能し、
日没とともに、溜まりにたまった心身の疲労と、昨夜の2時間睡眠で
あえなく撃沈。泥のように眠るのであった。。。


【世阿弥の言葉】
 世阿弥の言葉――心の糧、創造の糧 (岩波現代文庫)


posted by げんさん at 04:53 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 山のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405576170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif