TOP 八ヶ岳 冬山 春山 >冬の蓼科山

2014年04月01日

冬の蓼科山

冬の蓼科山。

20140329tateshinayama-025.jpg

3月29日(土)に、久しぶりの蓼科山へ、雪山登山。



金曜日の夜に中央道をひた走り、すずらん峠の蓼科山登山口へ。
今年は雪が多くて、駐車場も狭くなっていると聞いていたので
夜討ちをしたわけだが、先客は1台だけ。

途中で買ったプレモルを開け、コルトレーンのバラードを聴きながら
おつかれさまのひととき。
その後、冬用のシュラフで爆睡。。。

5時に起床し、朝メシを食べ、準備運動をして、
いざ、雪の蓼科山へ。

20140329tateshinayama-001.jpg

蓼科山登山口の駐車場から、少し北横岳方面へ道路を戻り、
こんなところから入山。

20140329tateshinayama-002.jpg

しばらくはなだらかな雪原をいく。

20140329tateshinayama-003.jpg

もう夜は明けている時刻なのだが、東の空に雲がひろがっているのか
イマイチすっきりしない朝。

しかし、この冬の山の朝の空気が清々しい。

最初の登りで、足元が凍ってキックステップを踏めなかったので
さっそくアイゼンを穿いたのだが、いい感じでクラストしていて
なかなか快適に登っていけた。

最初の登りをクリアすると、また平坦な林の中。

20140329tateshinayama-004.jpg

しばらくすると、また登りが始まり、

20140329tateshinayama-005.jpg

だんだん傾斜がきつくなる。

20140329tateshinayama-006.jpg

ひとがんばりで、2120m.地点の平な場所に出た。
蓼科山登山口から1時間。

20140329tateshinayama-007.jpg

林の中を歩いていると、蓼科山にご対面〜

20140329tateshinayama-008.jpg

さあ、これから山頂まで、最後の登り、気合をいれていこう。

このあたりで、ようやく青空らしきものが現れ、

20140329tateshinayama-010.jpg

振返れば、南アルプスまで見渡せるこの景色。

20140329tateshinayama-011.jpg

さらにこの斜面をつめていくと、
おお、ついに森林限界の向こうに、頂上直下の岩礫帯が見えた。

20140329tateshinayama-012.jpg

アイゼンがよくきくので、サクサク登り、頂上へと近づいていく。

20140329tateshinayama-013.jpg

ここから北側へ頂上を巻くように、トレースが続いていて、

20140329tateshinayama-014.jpg

天に向かっているような錯覚にとらわれる。

20140329tateshinayama-015.jpg

この雪山の感覚、大好きなのだ。

20140329tateshinayama-016.jpg

頂上が見えた。

20140329tateshinayama-017.jpg

8:20 蓼科山 登頂。

20140329tateshinayama-025.jpg

この瞬間、目に飛び込んできた景色は・・・

うわーっ!!!!

20140329tateshinayama-018.jpg

白く輝く北アルプス。

槍ヶ岳〜

20140329tateshinayama-019.jpg

穂高連峰〜

20140329tateshinayama-020.jpg

鹿島槍ヶ岳と五竜岳かな。

20140329tateshinayama-024.jpg

はるか北には、白馬岳あたりまで。

20140329tateshinayama-023.jpg

左に目を転じれば、赤岳、阿弥陀岳、権現岳の八ヶ岳そろいぶみ。

20140329tateshinayama-022.jpg

御岳〜

20140329tateshinayama-021.jpg

はるか彼方には真白な乗鞍岳。

20140329tateshinayama-026.jpg

この素晴らしい冬山の景色と晴天に感謝をこめて
2530m.、蓼科山の山頂で、ひとり乾杯〜っ!!!

20140329tateshinayama-027.jpg

30分ほども景色を存分に堪能し、下山開始。

20140329tateshinayama-028.jpg

頂上から南側へのトラバースを引き返し、

20140329tateshinayama-029.jpg

チラッと最後に蓼科山の山頂を拝む。

20140329tateshinayama-030.jpg

この青と白のコントラストがなんとも素敵だ。

あとは、少し緩んできた雪の急斜面を下り、

20140329tateshinayama-031.jpg

雪の森の中を一目散。

20140329tateshinayama-032.jpg

ああ、この気持ちよさ。

20140329tateshinayama-033.jpg

澄んだ空気と、頂上の青と白。
壁に行き当たっていた仕事のことも、歩きながら熟考して
突破口も見えた。

冬の蓼科山。
心が洗われるような、素敵な雪山登山であった。

posted by げんさん at 04:46 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蓼科山、よいですよねー
って、その昔、げんさんに教えてもらった私ですが(笑)
スキー場の方からのルートもよかったですよね。
ただ、リフト利用になるんで、げんさん向きじゃないかしら。
>壁に行き当たっていた仕事のことも、歩きながら熟考して突破口も見えた。
よかったですね^^
わたしもひたすら歩いて、突破口をみつけにいきたいです・・・今はなかなか^^;
Posted by まゆ太 at 2014年04月03日 06:07
>まゆ太さん
コメントありがとうございます!

そうですよねー、あのいちばん最初にいただいたコメント、忘れもしない2006年4月2日。
なんと、ちょうど8年前ですね!
(↑ ストーカーか?・・笑)

突破口の方は、また雪崩で出口が塞がれそうですが
また突撃、繰り返すのみです(笑)


Posted by げんさん at 2014年04月04日 07:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif