TOP 八ヶ岳 冬山 春山 >冬の天狗岳 (唐沢鉱泉〜黒百合平〜東天狗岳〜西天狗岳〜唐沢鉱泉)

2014年01月23日

冬の天狗岳 (唐沢鉱泉〜黒百合平〜東天狗岳〜西天狗岳〜唐沢鉱泉)

1月3日、正月山行は、唐沢鉱泉から天狗岳をぐるりっぷ。

20140103tengu-019.jpg

晴天に恵まれ、実に素晴らしい雪山になった。

1月3日の早暁に中央道をひた走り、一路八ヶ岳へ。
諏訪南ICから先は、雪道。

7時頃には唐沢鉱泉の駐車場にはいり、サクッと東天狗岳、西天狗岳を
周遊してくるつもりだったのだが・・・

唐沢鉱泉の5km.ほど手前の凍った雪道の坂で、前方に車が5台ほど停車。
何ごとか・・と思って最後尾に車を停めて見に行くと、
先頭車が対向を避けようとしたのか、雪道の横の深雪にはまり、立ち往生。
みんなで押して脱出を試みるも、ガンとして登れず。

積んでいたワイヤーで、牽引もしてみたのだが、
自分の車がスリップするばかりで、1cmもあげることができなかった ・・・_| ̄|○

最終的に、JAFの出動要請となり、申し訳なかったのだが、
そこで後続車5台は先に登山口に。

というわけで、まさかの8時40分、唐沢鉱泉に車を止め、スタート。

20140103tengu-001.jpg

雪が深かったら、ぐるりっぷする時間があるかな・・と逡巡したが
ここは初志貫徹で、黒百合平のほうへ雪道を登って行く。

しばらくは人にもあわず、モノトーンの静かな森。

20140103tengu-002.jpg

9:30 渋の湯からの道に合流。

20140103tengu-003.jpg

青空と樹氷が眩しい。

20140103tengu-004.jpg

さらに雪深くなったトレースをたどり、

20140103tengu-005.jpg

やがて、あたりが開け始めると

20140103tengu-006.jpg

この景色。

20140103tengu-007.jpg

黒百合平はもうすぐだ。

10:05 黒百合ヒュッテ前に到着。

20140103tengu-008.jpg

ここで、ストックをピッケルに持ち替え、
アイゼンを穿いて、東天狗岳を目指す。

その前にはらごしらえ。
最近お気に入りの厳冬期限定の行動食。

20140103tengu-009.jpg

QBBのチーズデザート ラムレーズンを、クラッカーではさんだだけのものなのだが、
このクラッカー( Q B B チーズ屋さんのクラッカー(10個入り) )がとっても香ばしくて、家でもモルトのつまみに
このセットを愛用しているくらい。

10:30 中山峠。

20140103tengu-010.jpg

スグ先の開けた場所で、東天狗岳(左)、西天狗岳(右)とご対面。

20140103tengu-011.jpg

振返れば、北アルプスまでスコーンと見渡せる、最高の天気。

20140103tengu-012.jpg

さて、いよいよ天狗岳の尾根にとりつく。

20140103tengu-013.jpg

アイゼンをきかせて、グイグイ高度をかせいでいくのだ。

20140103tengu-014.jpg

ザ・雪山、のこのワクワク感。
晴天の雪山の醍醐味満喫。

20140103tengu-015.jpg

十字架のような標識の立つ、頂上はもうそこだ。

20140103tengu-016.jpg

11:10 東天狗岳山頂。

20140103tengu-017.jpg

西天狗も美しい〜

20140103tengu-018.jpg

じつはこのあたりから、あることに気をとられていて、
カメラの設定を間違えているのに気づかず、
西天狗での山めしランチまで写真全滅。

「あること」は、この記事の最後に。

さて、西天狗岳まですすみ、頂上で山めしランチ。
このときの山めしの様子はこちら。
 
 山のカニラーメン 

西天狗山頂から、赤岳、阿弥陀岳。

20140103tengu-020.jpg

振返れば、東天狗岳。

20140103tengu-019.jpg

遠く、槍ヶ岳、穂高連峰もくっきり。

20140103tengu-022.jpg

蓼科山の向こうは、白馬三山かな。

20140103tengu-021.jpg

この絶景に未練を残しつつ、12:40 唐沢鉱泉へと下山開始。

20140103tengu-023.jpg

第2展望台。

20140103tengu-024.jpg

ここから西天狗岳にもさようなら。

20140103tengu-025.jpg

正面には、雪の向こうに御嶽山。

20140103tengu-026.jpg

第一展望台をすぎ、

20140103tengu-027.jpg

雪のトレースを快適にとばしながら、
最後の分岐に。

20140103tengu-028.jpg

静かな雪の森をぬけ、
14:30 唐沢鉱泉へ到着。

20140103tengu-029.jpg

あとは、ゆっくり温泉につかって、
唐沢鉱泉のうまい食事とビールをいただき、
ひとり一年の計をめぐらすのだ。

願ってもない晴天に恵まれ、素晴らしい景色を堪能した雪山。

そうそう、「あること」とは、これ。

いままでは、写真で風の強さとか、自分の息遣いとか(笑)
詳細を伝えきれなかったのだけれど、初めて雪山動画に挑戦。
なにぶん、頭にムービーカメラをつけているので
画面は揺れゆれ。

少しでも雰囲気がつたわりましたら。
 冬の東天狗岳登頂
 (画面が激しく揺れているので、食前・食中・食後にはオススメしません・・笑)




posted by げんさん at 04:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。