TOP 北アルプス 夏山 秋山 >晩秋の燕岳へ!

2013年11月07日

晩秋の燕岳へ!

晩秋の燕岳へ!

20131101tubakuro-019.jpg

11月の3連休にからめて、久々の燕岳へ、テントを担いでひとり山めしに(笑)

11月の3連休の前日、ひょんなことで休みをいただき、
この天気を逃しては、山めし男がすたる・・・とばかり
早朝から中央道をひた走り、燕岳登山口の駐車場へ。

連休前とはいえ、さすがに平日。
さしもの燕岳登山口駐車場も閑散。

さっそく装備を整え、山めし食材と、酒でズッシリ重いザックを背負い、
9:40 いざ、中房の登山口へ。

20131101tubakuro-001.jpg

ちょうど、同じ頃に駐車場をでた、ソロの若い女性と
登山口にある登山計画書をポストにいれ、いざ・・・と
思ったが、このお嬢さん、けっこうな健脚で、(小屋泊まり装備だったけど)
あっという間においていかれてしまた(笑)

事前に調べていたときに、燕山荘の揚水ポンプも本年の稼動を停止し
あとは小屋に貯めた水で営業終了までのりきる・・・と燕山荘ブログに書いてあったので
テントで水をわけてもらうのは申し訳ないと、
この時点で3.5リットルの天然水もザックに詰めた。

稜線は雪があるらしいので、念のため、ピッケルと外張り以外は
シュラフもアイゼンもほぼ完全冬山装備で、重いのなんの。
(靴も冬季用の重登山靴だし。。。)

そんなこんなで、久々の重荷にあえぎつつ、
燕岳を目指す。

20131101tubakuro-002.jpg

山の空気が清々しい〜!

20131101tubakuro-003.jpg

ああ、秋山だ〜

20131101tubakuro-004.jpg

登っているだけで、心のいろんなものが浄化されていくような心地よさ。

ほとんど会う人もなく、10:10 第一ベンチを通過。

ザックは肩に食い込むが、だんだんカラダが山モードになってきて
ルンルン気分で登って行く。

10:30 第2ベンチでしばし休息と水を。

20131101tubakuro-005.jpg

ふっと垣間見えた稜線と素晴らしい黄葉が、
気分をあげてくれるねぇ。

20131101tubakuro-006.jpg

11:10 第3ベンチを通過。

20131101tubakuro-007.jpg

ぐんぐん高度を稼いで、富士見ベンチへ。
この前後で数組のパーティと出会う。

20131101tubakuro-008.jpg

それにしても、この透き通るような山の空気が
なんともいえませんなぁ

富士見ベンチからひとのぼりで、12:10 合戦小屋に到着。
雪に埋もれていない合戦小屋、なんだか新鮮。

20131101tubakuro-009.jpg

小屋前のベンチに座って、おにぎりを齧りながらぼんやり。
いつもなら大賑わいの合戦小屋も、今日は超のんびりムードだ。

テント場の場所争奪もないだろうし、風のないいい天気なので
ゆっくりと稜線を目指す。

このあたりから、陰には雪が残っていた。

20131101tubakuro-010.jpg

合戦の頭から、燕岳と燕山荘にご対面〜

20131101tubakuro-011.jpg

もう11月。そろそろこの雪が根雪になるんだろうなぁ。

20131101tubakuro-012.jpg

燕山荘への最後のひとのぼり、と思ったら、まだ夏道ルートで
緩い傾斜のまま、歩いていく。
(写真の左下の雪道から、右上のテラス状の稜線へむかって道がある)

20131101tubakuro-013.jpg

雪が深くなると、左上の稜線直登ルートになるのだ。
(なので、フルアイゼンをもってきたのだが)

テント場が見えてきたら、ゴールはすぐそこ。

20131101tubakuro-014.jpg

久々の燕岳。

20131101tubakuro-015.jpg

槍ヶ岳もご無沙汰〜

20131101tubakuro-016.jpg

遠くには鹿島槍ヶ岳と、奥の雪をかぶっているのは、五竜岳、唐松岳かな。

20131101tubakuro-017.jpg

とっても静かな燕山荘で、テントの受付をすませ、

20131101tubakuro-018.jpg

13:30 小屋前のテント場に設営。

20131101tubakuro-019.jpg

この日、なんと、3張り。
どこでも張り放題(笑)

20131101tubakuro-020.jpg

さて、素晴らしい景色を堪能して、ひとしきり読書をしたら
おまちかねの、山めしひとり宴タイムだ。

(つづく)
posted by げんさん at 04:57 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 北アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水3.8!!その他テントに雪山装備に食糧、考えただけで重いです、にしても、本当に素晴らしい景色ですね、お料理もおいしそーでした、おなかすいた、、
Posted by たいさ8 at 2013年11月07日 11:46
わっ♪
この日はいい天気でしたもんね〜良かったですね。
1日違いでこんなに良い天気で・・・泣
翌日げんさんが下山した頃(下山してたとしたら)私は汗書いて登ってました。
割と近くにいたんですね、残念!

それにしてもげんさんを抜いていく女子って・・・ものすごい健脚!!
Posted by cyu2 at 2013年11月07日 20:39
夏場は賑あう合戦尾根も静かですね。
本当、山に登っている時は心が浄化されます。
初冬の装いの燕岳いいですね。
この天気この景色、幕営場は3張!?贅沢すぎです。
今回の山めしは何かな〜?
Posted by ケン太 at 2013年11月08日 01:12
>たいさ8さん
コメントありがとうございます!

この日の朝は透き通るような青空でした。
夕日も素晴らしかったです。

続きも頑張ってアップしますね〜
Posted by げんさん at 2013年11月09日 19:48
>cyu2さん
コメントありがとうございます!

翌日は朝はよかったんですけどね・・・
ホントお近くだったんですね。

この山女子さん、歩き出したときから
かなりやる・・と思っていましたが
予感的中でした(笑)

Posted by げんさん at 2013年11月09日 19:53
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

あの、人気の燕岳とは思えないような静けさでした。
行き交う人も、ほんのときおり、なので
笑顔の挨拶が多かったのも印象的でした。

それだけみんな心にゆとりができるのでしょうね。

山めしひとり宴の続きもがんばります〜
Posted by げんさん at 2013年11月09日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379509590
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif