TOP 八ヶ岳 夏山 秋山 >秋の八ヶ岳へ

2013年10月17日

秋の八ヶ岳へ

秋の八ヶ岳へ。

20131012yatugatake-018.jpg

10月の3連休、紅葉を求めて木曽駒ヶ岳へ西駒のクラシックルートから
テントを担いで登ろうと思っていたのだが、先の台風で桂小場への林道崩壊で
復旧見込みがない・・ということで断念。

八ヶ岳へと行く先を変更したのであった。。。

好天の天気予報の10月3連休。
渋滞もハンパじゃなさそうだし、車を停めてぐるりっぷコースが
どうしてもイメージできなかったので、早朝の中央本線を
各駅停車を乗り継いで茅野駅へ。

美濃戸口までのバスに乗り、電車の中と、バスの中で
前週の疲れと睡眠不足(前日は2時間睡眠・・)を取り戻し、
美濃戸口に着いたときは、すっかり元気になっていた。

20131012yatugatake-001.jpg

美濃戸口で入山届けを出し、ストレッチとヒンズースクワットをして
林道を美濃戸へむけて歩き出す。

20131012yatugatake-002.jpg

ザックの中の酒と食材がやたら重いが、
いや、気持ちいい〜

20131012yatugatake-003.jpg

この秋山の空気。
久々だ。

なんということはない、林道なのだが、心はうきうき。

美濃戸近くになると、こんな木も。

20131012yatugatake-004.jpg

ああ、テンションあがるなぁ〜

20131012yatugatake-005.jpg

50分ほどで美濃戸山荘へ着き、
北沢と南沢の分岐点。

20131012yatugatake-006.jpg

赤岳鉱泉を目指し、北沢へ。

ここ数年、このあたりは雪山シーズンしか歩いた記憶がないので、
雪のない登山道は超新鮮(笑)

20131012yatugatake-007.jpg

沢の音も心地よく、
さらにテンションあがる。

20131012yatugatake-008.jpg

おお、こんな感じで沢沿いに桟道がついていたのか・・・

20131012yatugatake-009.jpg

やがて、チラッと横岳が見えて、

20131012yatugatake-010.jpg

久々の、大同心、小同心とのご対面。

20131012yatugatake-011.jpg

そこからしばしで、赤岳鉱泉到着。

20131012yatugatake-013.jpg

おなかもすいたので、ここで絶景を眺めながら、山めしランチといきますか。

本日の山めしランチはこちら。

20131012yatugatake-025.jpg

秋の八ヶ岳と山めしに乾杯っ〜!

20131012yatugatake-012.jpg

メニューの詳細は、後日の山めし礼讃で。

サクッと山めしランチを楽しみ、乾いた喉をオールフリーで潤したら
さて、いきますか。

いつもなら、この赤岳鉱泉でテントを張るところなのだが、
3連休の初日で激混みの予感だったので、ひと山越えることに決めていた。

硫黄岳方面へ。

20131012yatugatake-014.jpg

なんだか、この硫黄岳への道も、雪山のときはおそらく積雪が1m.ほどあって
枝が低く感じられる(というかよくザックにあたっていた)のだが
夏道は木が高い。

20131012yatugatake-015.jpg

しばらく汗をかくと、赤岳も見えてきた。

20131012yatugatake-016.jpg

やがて樹林帯をぬけだし、
空が近くなると、硫黄岳への稜線だ。

20131012yatugatake-017.jpg

赤岩の頭に飛び出す。

20131012yatugatake-018.jpg

下を歩いていたときから上空の風の唸りには気づいていたのだが、
本日もかなりの強風。

しかし、気持ちいいぃ〜(笑)
(冬の、ここから硫黄岳の風のすさまじさを知っているので
  心にゆとりがあるのだ)

20131012yatugatake-019.jpg

いつもなら、ここからが硫黄岳への核心部分となるのだが、
今日はテント場のスペース確保が気になるので、
初めてオーレン小屋への直接ルートへ。

こんな感じではじめはハイマツ帯を抜け、

20131012yatugatake-020.jpg

再び樹林帯へ下り、
峰の松目からの道に合流すると、

20131012yatugatake-021.jpg

オーレン小屋は近い。

14:10 オーレン小屋到着。

20131012yatugatake-022.jpg

すでにけっこうテント場はいっぱい気味だったが、
小屋で受付をし、いいスペースを見つけて設営。

20131012yatugatake-023.jpg

オーレン小屋のテント場は、10年ぶりくらいだ。

ここは、うまくて冷たい、湧き水もあり
静かないいテント場で好きなのだ。

さて、あとは楽しみの山めしひとり宴。

つづきは、また。

posted by げんさん at 12:05 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恒例の木曽駒ヶ岳へ西駒のクラシックルート残念でした。秋の八ケ岳はいいですよね。
オーレン小屋方面には行った事がないので是非行きたいです。うまい水場求めて・・
Posted by ケン太 at 2013年10月20日 18:34
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

この日は比較的早い時間のバスだったので
のんびりムードで歩けて、秋の八ヶ岳の雰囲気を堪能できました。

オーレン小屋の強清水、ぜひぜひ。

Posted by げんさん at 2013年10月21日 05:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。