TOP 北アルプス 夏山 秋山 >白馬岳(日帰り)

2013年07月24日

白馬岳(日帰り)

久々の白馬岳、というか、久々の山らしい山。

20130721shiroumahigaeri-014.jpg

3連休に敗退した北ア、白馬岳だが、
先週末の日曜日に一日休みができたので、
思い切ってリベンジ登山、日帰りに挑戦だ。

やはり白馬岳に登るなら、大雪渓から正面突破したい。

ということで、猿倉までタクシーであがり、
4:30 夜が白みはじめるころに猿倉荘の横の登山道を登りはじめる。

20130721shiroumahigaeri-001.jpg

天気予報はあまり芳しくなかったのだが、
夜明け前から稜線がみえるくらいなので、期待できそうだ。

20130721shiroumahigaeri-002.jpg

やがて、雪渓を渡る冷たい風を感じたら、
もう白馬尻は近い。

5:20 白馬尻小屋

20130721shiroumahigaeri-003.jpg

水を補給し、気合を入れ、小屋のすぐ上辺りから
軽アイゼンを装着し、大雪渓を登りはじめる。

20130721shiroumahigaeri-004.jpg

ああ、久々の大雪渓。

20130721shiroumahigaeri-005.jpg

事前情報でもつかんでいたのだが、今年は例年になくクレバスが出現していて、

20130721shiroumahigaeri-006.jpg

雪渓上の赤いマーカーをたどるのだが、
数日前に設定されたと思われるルートもクレバスで通れず、
けっこうな迂回強いられる。

20130721shiroumahigaeri-007.jpg

落石に注意しながら、どんどん高度を上げていく。
前方には、白馬尻小屋で泊っていたと思われる方が数パーティ。

20130721shiroumahigaeri-009.jpg

6:50 葱平到着。

20130721shiroumahigaeri-010.jpg

ここでアイゼンをはずし、登山道を登るのだが、
高山植物真っ盛りで、

20130721shiroumahigaeri-015.jpg

ちょっと登っては立ち止まり・・・

20130721shiroumahigaeri-011.jpg

なかなかスピードがあがらない。

日帰りなので、ちょっとペースアップ。
やがて小雪渓が見えてきた。

20130721shiroumahigaeri-013.jpg

ここでまた軽アイゼンを装着し、トラバースに備える。

20130721shiroumahigaeri-014.jpg

小雪渓を渡ってからも、お花は続くが、ここはガマンして
サクッと稜線を目指す。

やがて白馬岳村営頂上宿舎が見えてきた。

20130721shiroumahigaeri-017.jpg

ここで雪渓から湧く、冷たい水を補給だけして、
8:20 頂上宿舎通過。

20130721shiroumahigaeri-019.jpg

そこで、北アルプスの稜線に飛び出す。
一気に涼風がカラダを吹き抜けていき、
気分爽快この上ない。

20130721shiroumahigaeri-018.jpg

左に目を向ければ・・・剣岳。

20130721shiroumahigaeri-020.jpg

この景色が見たくて、ここまで頑張ってきたが
なんだかうれしくて、うれしくて、
思わず涙が出そうになった。

そのままの勢いで白馬山荘を過ぎ、
9:00 白馬岳頂上到着。

20130721shiroumahigaeri-022.jpg

頂上でしばし逡巡。
予定ではこのまま大雪渓を下るつもりだったのだが、
この時間ならいける。

そうだ、いける。

サッと立ち上がり、小蓮華山への稜線をめがけて歩き出す。

20130721shiroumahigaeri-023.jpg

この白馬岳から北へ向かう縦走路、これがまた大好きで。
北アルプス北部ならではの涼しい稜線の風。
山の緑と雪渓の白、青い空のコントラスト。

20130721shiroumahigaeri-024.jpg

雪倉岳、朝日岳、そして昨年歩きとおした栂海新道の山々。

20130721shiroumahigaeri-025.jpg

三国境で朝日岳方面への道を分け、小蓮華山へ。

10:10 小蓮華山到着。

20130721shiroumahigaeri-026.jpg

ここから振り返る白馬岳がまたいいんだよなー。

20130721shiroumahigaeri-027.jpg

10分ほど休憩し、白馬大池を目指して稜線闊歩。

20130721shiroumahigaeri-029.jpg

コバイケイソウの群落にもあえたし。

20130721shiroumahigaeri-028.jpg

青い水をたたえる白馬大池ももうすぐだ。

20130721shiroumahigaeri-030.jpg

11:10 白馬大池。
さて、このまま歩き続ければ、意中の時間のバスには間に合いそうなのだが、
どうしよう・・・

やはり何のために山を登っているのかといったら、
コレのためでしょう。

ゆっくり山めしせずして、オレの山はない。

てなわけで、雲上で山のウニめし。

20130721shiroumahigaeri-031.jpg

白馬岳と山めしに乾杯っ!

20130721shiroumahigaeri-032.jpg

ぷはぁあああーーーー!!!

朝4時半から歩きとおしてきたカラダに、
一気に爽快感がはしる。

ああ、こんどはテント場でゆっくり飲みたい。。。

11:50 そそくさと片付けて出発。
白馬大池山荘の横を抜けると、白馬乗鞍方面への道がある。

20130721shiroumahigaeri-033.jpg

白馬大池を振り返ると、
この日本離れした美しさ。

20130721shiroumahigaeri-777.jpg

これだもんねー。

20130721shiroumahigaeri-035.jpg

後ろ髪をひかれつつ、ゴロゴロの大岩を跳ぶように登り、
白馬乗鞍を越える。

途中の雪田がなかなかクセもので、単に雪渓を横切ると思わせておいて
その下にもかなりの急斜面の直下降が。

20130721shiroumahigaeri-037.jpg

30mほどだろうか、ロープが張られていて、
けっこう難儀している登山者の方も多かった。

20130721shiroumahigaeri-038.jpg

雪渓を下りきると、アイゼンをはずし、
一目散に天狗原を通過。

だんだん下界の暑さが感じられるようになってきた登山道を
ひたすら下ると、13:30 栂池ヒュッテでゴール!

20130721shiroumahigaeri-888.jpg

猿倉から大雪渓を登り、白馬岳頂上から白馬大池、栂池と
白馬岳の魅力満載コース。

ああ、日帰りだが、やりきった感十分の
手ごたえある縦走だった。


<白馬岳 日帰り>
猿倉 4:30 〜 5:20 白馬尻 5:30 〜 6:50 葱平 7:00 〜 8:20 頂上宿舎
9:00 白馬岳 9:10 〜 10:10 小蓮華山 10:20 〜 11:10 白馬大池 11:50
〜 13:00 天狗原 〜 13:30 栂池ヒュッテ



この記事に投票する
「オールフリー人気ランキング掲載中。投票をお願いします!


posted by げんさん at 12:00 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 北アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ”〜。
白馬大池癒されます。
こう暑い日が続くと雪渓登山の冷気が恋しくなります
もはや、げんさんは日帰りコースなのですね。
ゆっくりしてアルコール入りにしたいのでは?(笑)
Posted by ケン太 at 2013年07月24日 23:01
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

白馬大池の日本離れした景色、朝日岳への雪と緑の稜線、大雪渓のひんやりとした風・・・
すべてが癒しでした〜

ええ、白馬大池でテント張ってゆっくり飲みたかったです(笑)
Posted by げんさん at 2013年07月26日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。