TOP 六甲山 関西の山 >六甲全山縦走の記 その1(須磨浦〜須磨アルプス)

2007年03月20日

六甲全山縦走の記 その1(須磨浦〜須磨アルプス)

5:47着の普通電車でJR須磨駅へ。


rokko20070317-003.JPG


国道を、六甲全山縦走のスタート地点
須磨裏公園へと15分ほど歩いた。




いつもの準備運動を終え、6:14ついに
全山縦走のスタートである。


rokko20070317-004.JPG


まずは須磨浦公園の中を鉢伏山をめざして登っていく。
先への期待と不安でついつい足がはやる。


rokko20070317-005.JPG


鉢伏山を過ぎ、6:39旗振山を通過。
振り返ると海の向こうから朝の光が射してきた。


rokko20070317-006.JPG


海が輝き、全山縦走のスタートにふさわしい
ゴージャスな幕開けとなった。

目を転ずると淡路島と明石海峡大橋も美しい。
海からの風に吹かれて登る、六甲ならではの醍醐味だ。


rokko20070317-008.JPG


鉄拐山をすぎ、雑木林の平坦な道をすすむ。


rokko20070317-007.JPG


やがて目の前に高倉台団地と次の横尾山が見えた。
この団地の中を六甲全山縦走路は通っている。


団地を過ぎると横尾山への400段の階段のはじまり。
けっこう息がきれる。


rokko20070317-009.JPG


階段を登りつめて振り返ると、最初のピークと海が見渡せる。


rokko20070317-010.JPG


横尾山頂をすぎると、第一区間のハイライト、
「須磨アルプス」である。


rokko20070317-012.JPG


短い距離ではあるのだが、風化した花崗岩の岩稜が
北アルプスを彷彿とさせる。


rokko20070317-014.JPG


須磨アルプスの手前で私を風のように抜き去っていった
山岳ランニング部隊が須磨アルプスを通過中。


rokko20070317-013.JPG



須磨アルプスを越え、次なるピーク高取山を見ながら
妙法寺へとくだっていく。

(第2区間 妙法寺〜菊水山〜鍋蓋山へとつづく)


アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif


posted by げんさん at 08:51 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 六甲山 関西の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん、こんばんわ!
朝日がげんさんを応援してくれましたね!
須磨アルプス、ほれちゃったかも♪
すてきですねー。
Posted by まゆ太 at 2007年03月22日 20:08
>まゆ太さん
おはようございます!
美しい縦走の始まりでした。

最初の須磨アルプス、最後の静かな東六甲と
六甲にはいろんな表情があるので好きです。
Posted by げんさん at 2007年03月23日 05:22
北アルプス・南アルプス、日本にはまだアルプスがあったのですね〜。

>海からの風に吹かれて登る

えーっ(/□゜)/どんなカンジなんでしょ???
吹かれながら登ったことがないので未知の世界です!
山で潮風。oO
これに感動して、私は先に進めなくなりそうです(笑)
Posted by あじこ at 2007年03月23日 19:41
>あじこさん
こんばんは。
コメントありがとうございます!

そうなんです。とってもローカルなアルプスなんですけど。。。
(関西には、多紀アルプスとか金勝アルプスとか
  けっこうローカルアルプスあります)

西六甲は住宅街が多く、全山縦走以外は
あまり歩いていませんが、須磨浦から潮風に吹かれて山頂に駆け上がり、
下山後には垂水漁港あたりの銭湯でひと風呂浴びて、
昼網の魚を目当てに安い寿司屋で一杯やったものです。
(なんと上にぎり600円というような相場でしたから・・)

いまはそんないい店もずいぶんとなくなってしまったみたいですが。。。
Posted by げんさん at 2007年03月24日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif