TOP 八ヶ岳 冬山 春山 >冬の赤岳鉱泉へ

2013年01月22日

冬の赤岳鉱泉へ

周回遅れのレポだが、1月の3連休に今シーズン初の雪山テント山行へ。

20130112akadakekousen-012.jpg

目指すは、八ヶ岳の赤岳鉱泉。
今回はここから雪山プチ縦走をするので、電車で入山だ。

自宅を早朝に出て、京王線と中央線の各駅停車を乗り継ぎ、茅野駅へ。
バスに揺られて、美濃戸口の登山口へ。

登山届けを出し、準備運動をして、
ここから今日の林道歩きが始まる。

20130112akadakekousen-002.jpg

40分ほどで、美濃戸。

20130112akadakekousen-003.jpg

阿弥陀岳のお出迎えに気分もあがる。

山荘の手前の橋から沢を見ると、いい感じで凍りだしていた。

20130112akadakekousen-004.jpg

美濃戸山荘はすでに休業だったが、小屋前には多くの登山者がいて、
私もここで、パンを齧り、テルモスのお湯で水分補給。

20130112akadakekousen-005.jpg

南沢までの雪の林道の途中には、まるで瞬間冷凍されたような道脇の小沢もあって
久々の雪山に心弾む。

20130112akadakekousen-006.jpg

南沢の橋を渡り、沢沿いの道を。

20130112akadakekousen-007.jpg

この南沢もいたるところで流れが凍っていて、
写真ではわかりにくいが、中央部に見えるのは
まるでいま噴出した水が凍ったかのような、氷のドーム。

20130112akadakekousen-008.jpg

うーん、自然の造形美の不思議に、しばし見とれてしまった。

やがて横岳の稜線がお出迎え。

20130112akadakekousen-009.jpg

ちょっとまだ雪が少ないが、やはり雪山に帰ってきた雰囲気満点。

20130112akadakekousen-010.jpg

ほどなく森の中に、赤岳鉱泉小屋が見えてきた。

20130112akadakekousen-011.jpg

小屋の横には冬の青空に突き抜けそうな、氷の壁、
赤岳鉱泉の名物、アイスキャンディー。

20130112akadakekousen-012.jpg

すでに、アイスクライミングを目当てに、多くの登山者がつめかけていて
赤岳鉱泉の周辺は、たくさんのテントが張られ、
森のきわに、スコップで雪かきをして整地し、ようやくソロテントを設営。

20130112akadakekousen-013.jpg

さて、これから久々に雪のテントでのひとり山めしだ。

(つづく)

posted by げんさん at 04:41 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年も宜しくお願いします。
初っ端は八ケ岳ですか-・・
美濃戸の雪林道や瞬間凍結の南沢は新鮮です。
鉱泉のアイスキャンデーは青い空が映えます。
今年もどんな山めし飛び出すか楽しみです。
Posted by ケン太 at 2013年01月22日 20:36
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

鉱泉のアイスキャンディー、思わずガリガリくんを
想い出しました(笑)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
続編もがんばります〜
Posted by げんさん at 2013年01月23日 04:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。