TOP 南アルプス 冬山 春山 >冬の鳳凰三山へ!(どうする?その後篇)

2007年01月11日

冬の鳳凰三山へ!(どうする?その後篇)

ついに答えが出た。




「撤退っ!」
 (弱っ。。。)


houou20070107-007.JPG


自分でも情けないが、稜線で立ち往生することを考えると
単独行の鉄則。撤退を選択した。

180度向きを変え、もときた道を引き返すが、
すでに足跡もさだかでなく、トレースも消えかかっている。

また必死にラッセルしながら、夜叉神峠へ。
峠の小屋は閉鎖されて無人。
その前にひろがるテン場にわけいるが、
雪が深い。

スコップを取り出して整地し、
雪を踏み固め、一人用テントのスペースを確保。

テントを張って荷物を放り込み、自分も転がり込むと
あたりは大嵐となって
風がゴォーっと唸りを上げてテントを襲ってくる。
やはり判断は正しかった。


さっそく周囲の雪を集め、バーナーを取り出し
雪を溶かして水をつくり、夕食の支度にとりかかる。


houou20070107-101.JPG


体が温まるように、もみじおろしをたっぷりいれた
黒豚の鍋である。


houou20070107-103.JPG


houou20070107-104.JPG


誰も頑張ったね、とは言ってくれないので、
プレミアムモルツを開け、ひとり自分のラッセルの労をねぎらう。
(そんな重いもんもってくるな!! ・・・汗)


houou20070107-102.JPG


気温はもちろん氷点下だが、喉がカラカラに渇いて
じつにうまい。

BGMはakikoの「リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ」。
1曲目の“one two, one two, test,test.... ” という
マイクテストの声から曲へと変化していく
スイング感満点のスリリングなジャズが超かっこいい。

いつもならもっとスローなバラードが多いのだが、
外の激しい風の音もあり、
自分の心に元気を注入したかったのかもしれない。


やがて暗くなった。

吹雪の山の中で、たったひとり、テントの中。

音楽が途切れたとき、
いったい自分は何をやっているんだろうか・・・
そんな弱気がでてしまう。

いやいや、今回は心身を鍛えなおしに来たのだった。

寝袋にもぐってうとうとしていると、
嵐の中に人の声を聞いたような気がした。

幻聴・・・?
そんなに自分はヤバイ状態なのだろうか???
(そんなハズはない・・)

・・・などと考えをめぐらすが、
意識とはうらはらに、一日の疲れがどっとでて
すーっと視界が暗くなった。

明日の天気回復を祈り、爆睡である(笑)



アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif
posted by げんさん at 08:09 | 東京 ☀ | Comment(16) | TrackBack(0) | 南アルプス 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
吹雪の夜に限らず様々なシュチュエーションで一人だけでビバーグをやっているとたまにおかしな声や音を聞くことがあります。
まあ、深く考えると気が弱るだけですのでそういったときはそういう現象として考えてとっとと寝たりラジオを点けたりしていますが...。

ともかく撤退とはいえ楽しめたのではないでしょうか。

今年もよろしくお願いします。
Posted by キムチ at 2007年01月11日 09:19
はじめまして、Licca Channelと申します。
私は塩見を諦め、樹林帯の多い北八ツに転進しました。きっと塩見行ってたら下りて来られなかったろうなと思います。お互いに賢明な判断をしましたよね。
しっかし、食事は豪華ですねぇ。テント内での豪華な晩餐とテント外の吹雪、たまりませんね。
Posted by Licca CHannel at 2007年01月11日 10:09
撤退そののちプレミアムモルツ!
よかったよかった。

私には海の仲間がいて、
その忘年会を毎年泊り込みで行うのですが
ある年、友人のお父様も参加されました。
宴会終了後、布団が足りなくなって何人かはゴロ寝になりました。
お父様には布団をすすめたのですが
「山男だから」と押入れ上段の板の間で寝られました。

翌日、近くの小山にハイキングに行ったのですが
12月というのにぽかぽか陽気で私は汗だくに…。
アトピーがよくない時期でして汗で背中が痛み出し、
登頂をあきらめ途中でみんなを待つことにしました。
その時、お父様が
「行かない勇気も必要だから。ここでみんなが戻ってくるのを待ってるといいよ」と。

その1ヵ月後、お父様はアコンカグアに登られ登頂を果たしたものの
下山途中に倒れ還らぬ人となりました。


げんさんが無事に戻られて、ほっ♪
長コメント、失礼しました。
Posted by サハラ at 2007年01月11日 10:18
>ついに答えが出た。




>「撤退っ!」
> (弱っ。。。)

絶妙ですね〜
文章も判断も!

こんな山行はもう数知れず(^^ゞ
これぞ山を楽しんでいるのですよ。
げんさんのザックの中身も魅力的!(^^♪
Posted by sanae at 2007年01月11日 10:49
お疲れ様です☆
勇気ある決断ですね。無事で良かった(^^)
氷点でプレミアムモルツ&紅葉おろしたっぷりの黒豚の鍋…!
美味しかったでしょうね♪
Posted by charu at 2007年01月11日 11:21
撤退そののちプレミアムモルツ!

に、わたしも1票!
ご無事でよかったです。
“one two, one two, test,test.... ”は軽快で、ノリノリになれますよね!しゃぶしゃぶとakikoのキュートな声。げんさんの励みになりましたね!
Posted by まゆ太 at 2007年01月11日 21:32
遅まきながら…頑張ったね。

微妙な選択と大胆な勇気と経験の上に成り立っているのですね。私は山登りはしないのですがよくわかりました。
それに、ひしひしとした孤独感が伝わってきましたよ。
Posted by 古炭燃之薪 at 2007年01月12日 07:55
撤退で正解でしたね〜
私なら通行止めのゲートで撤退です(苦笑)

誰もいない夜叉神峠・・・
なんかゾクゾクしますね〜
夏にしか行ったことないのでどんな世界か想像がつきません。

最近ジャズが聴きたいなぁと思うようになりました。ただ、なにから聴いていいのやら・・・
まずはげんさんのオススメから聴いてみます。
Posted by やし岳 at 2007年01月12日 09:52
>キムチさん
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

なんか人の声きいたような・・・とか
あしおとが・・・

ってよくありますよね。
今回もそうだとおもっていたのですが。。。
Posted by げんさん at 2007年01月13日 00:36
>Licca Channelさま
はじめまして。
コメントありがとうございます!

北八ツいいですね!
Licca Channelさんのブログも拝見しました。
行きたいコースがけっこう似ていて、
またどこかでバッタリ、あるかもしれませんね。

これからもよろしくおねがいします。
Posted by at 2007年01月13日 00:39
>サハラさん
じーんとくるコメントありがとうございます。
山男を感じさせるお話ですね。

まだまだそこまで修行がたりませんが。。。

「行かない勇気も必要だから。」
身に染みます。
Posted by げんさん at 2007年01月13日 00:41
>sanae さん
絶妙なコメントありがとうございます(笑

なんだか癒されます。
ザックにはいつもプレミアムモルツと
そのアテが入っているので重いです・・笑
Posted by げんさん at 2007年01月13日 00:42
>charuさん
コメントありがとう!
冬山ではプレミアムモルツを
どう冷やすか考えなくていいので
とっても助かります。。笑
Posted by げんさん at 2007年01月13日 00:44
>まゆ太さん
こんばんは。
akikoさん、ご紹介してもらって
テントでの選曲の幅がぐっとひろがりました。
ありがとうございます!
Posted by げんさん at 2007年01月13日 00:46
>古炭燃之薪 さん
ねぎらいのコメントありがとうございます!!
今回はいつも以上に孤独をひしひし感じました。

そのときはこころが痺れるような思いですが、
いま、研修所でまたムクムクと
山への想いが。。。笑
Posted by げんさん at 2007年01月13日 00:48
>やし岳 さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

おっ、JAZZへ突入ですか!
また感想聞かせてくださいね。

私の1枚目オススメは、
やはりコルトレーンのバラードです。
Posted by げんさん at 2007年01月13日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。