TOP 中央アルプス >秋の木曽駒ヶ岳

2012年10月09日

秋の木曽駒ヶ岳

会津駒ヶ岳の下山後のつづきも書かなければいけないのだが、
秋山の紅葉情報もあるので、先に先週末に登った秋の木曽駒ヶ岳のお話を。

20121006kisokoma-022.jpg

標高差1600m.のクラシックルート、渇水、紅葉、そして雪。。。
盛りだくさんの山行になった。

8月の栂海新道縦走以来のテント山行。
ガッツリ山めしの材料とズッシリ重いビールとワインがはいったザックをもって、
桂小場を6:00にスタート。

20121006kisokoma-001.jpg

去年も登った、木曽駒ヶ岳へのクラシックルート、西駒ルートへ。

20121006kisokoma-002.jpg

しばらくは歩きやすい、ゆるやかな山道。

20121006kisokoma-003.jpg

そのうち、後ろから日がさしてきた。

20121006kisokoma-004.jpg

さすがに10月ともなると、ひんやりとした空気だ。

15分ほどで最初の水場、ぶどうの泉。

20121006kisokoma-005.jpg

いつもならドバドバと冷たい水が湧き出ているのだが、
この夏の渇水で、ちょろちょろとかろうじて汲める程度。

20121006kisokoma-006.jpg

この上の水場もどうなっているかわからないので、
念のためプラティを満タンにしておく。

もともと持っていた1リットルとプラティに2.5リットル、非常用の0.5リットルをあわせ
4キロの水がまたズッシリこたえる。。。

そこからもひたすらゆるやかな山道を歩く。

20121006kisokoma-007.jpg

7:10 野田場の水場。

20121006kisokoma-008.jpg

・・・が、水はほぼゼロ。
やはりぶどうの泉で汲んでおいてよかった。

しばらく同じような山道を歩き、尾根へとあがっていく。
馬返し。

20121006kisokoma-009.jpg

ここからは尾根の上をいく。
風もでてきて心地よい。

20121006kisokoma-010.jpg

ほどなく大樽の避難小屋。
ベンチで5分ほど休みつつ、行動食のパンなど。

20121006kisokoma-011.jpg

胸突き八丁で信大ルートと合流し、ここからは登りがきつくなってくる。

20121006kisokoma-012.jpg

昨年まではなかったと思うのだが、
こんな標高を示す看板が100m.ごとくらいに設置されていて
現在位置がわかりやすい。

20121006kisokoma-013.jpg

やはり桂小場から木曽駒ヶ岳まで標高差1600m.ともなると
こういうのがないと心が折れそうになるのかな?

六合目のベンチ。

20121006kisokoma-014.jpg

このあたりから紅葉がはじまる。

20121006kisokoma-015.jpg

天気はイマイチすっきり晴れてくれないのだが、
赤や黄色の樹木があるとあたりがパッと明るくなるから不思議だ。

20121006kisokoma-016.jpg

眩しいくらいの紅葉に気分もあがる。
紅葉のトンネルをぬけ、

20121006kisokoma-017.jpg

胸突き八丁の頭を越えると、行者岩を見渡す稜線に飛び出た。

20121006kisokoma-018.jpg

前方には木曽駒ヶ岳。

20121006kisokoma-019.jpg

ここから西駒山荘のほうへトラバース。

山荘付近もいい感じで紅葉していた。

20121006kisokoma-020.jpg

気になる西駒山荘の水場は・・・

おおっ!
この渇水にもかかわらず、細くはあるけども
冷たい山水は健在だった。

20121006kisokoma-021.jpg

たっぷり冷たい水を飲み、プラティの水も入れ替え、
サッパリとした気分で木曽駒ヶ岳への稜線へと歩き出す。

西駒山荘からこの紅葉の坂を登りきると・・・

20121006kisokoma-022.jpg

宝剣岳が頭をだしている。

20121006kisokoma-023.jpg

せっかくの眺めなので、濃ヶ池の分岐から登りきったあたりで、
紅葉を愛でながら山めしランチ。

20121006kisokoma-024.jpg

絶景だっ!

からからの喉にオールフリーと、コンビーフと海苔とチーズのバゲットサンド。
なんて贅沢な山のランチ。

(絶景山めしランチのレシピはこちら)
 山のコンビーフバゲットサンド

こんど木曽駒ヶ岳へくるときは、濃ヶ池のルートで
紅葉に囲まれながらランチでもしようかな。
ここ、上から見る限り、涸沢にも負けないほどの紅葉っぷりで、
秘かな穴場ではないだろうか。

20121006kisokoma-025.jpg

1時間ほどもゆっくりと紅葉と山めしランチをたのしみ、
おもむろに木曽駒ヶ岳方面へ。

かろうじて青空がときおり見える。

20121006kisokoma-026.jpg

山頂とテント場への分岐あたりから遠望すると、
さすが3連休の初日。まだ12時台なのにテント場もかなり張られている。

20121006kisokoma-027.jpg

山頂までいってしまいたいのはやまやまなのだが、
先にテント場へと向かうのであった。

(つづく)


この記事に投票する
「山で飲むならオールフリー」記事コンテスト参加中。投票をお願いします!
この企画、私やってます。みなさまもぜひご参加を!締切迫る!
posted by げんさん at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | 中央アルプス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントいたします。
同じ日に同じ景色を反対側から眺めていました。
(私たちは北御所ルートから登りました。)
濃ヶ池のカールは、ヒミツの花園のような美しい黄葉でしたね。
6日は、頂上木曽小屋に泊り、翌日桂小場のルートを下りました。
7日の初冠雪には驚きました。
木曽駒ヶ岳のテント場は風の通り道だけれど、夜はいかがでしたか?

次回は、ぜひ、木曽側から登って下さいね。

*以前プレモルツァーでは大変お世話になりました。
ずいぶん昔の話ですみません。
Posted by 木曽駒 at 2012年10月09日 13:43
げんさん、こんにちはー♪

木曽駒クラシックルート歩かれたんですね!
この間は楽しちゃったので、次回は是非ここ歩かないとです。
紅葉もホント綺麗ですねー!
↑木曽駒さんもこの日はこちらだったんですねェ。
7日は初冠雪でしたかぁ。
会津駒は7日は夜中から朝にかけて雨ザーザーでしたよ。

紅葉の時期、楽チンルートからだと大混雑しそうで敬遠しちゃうけれど、
他のルートから歩けばいいのですね(#^.^#)

寒くなってきたから山めしも冬バージョンに移行かしらー続きも楽しみにしていますね。
Posted by 矢車草 at 2012年10月09日 14:28
げんさんお気に入りのクラシックルート
それにしても涸沢にも負けない紅葉とはいい事を
聞きました。
これから低山での紅葉も楽しみです。
Posted by ケン太 at 2012年10月09日 23:15
お久しぶりです。
同じ日に木曽駒岳でした。

RWで千畳敷でしたが、あまりの混雑で、テン場の通過時間がすでに日没でしたので、そりゃ会えませんよね〜w

翌日は木曽頂上小屋から、桂小場への下りでした。
紅葉は最高でしたね!
Posted by 食う寝るさんだーす at 2012年10月10日 02:50
>木曽駒さん
コメントありがとうございます!
もちろん覚えておりますよー。
その節は大変お世話になりました。

なんと、おんなじ日に頂上近くにご一緒していたのですね。
テントは夜中にほぼ全員が起きだして雪をかいたり
張り綱を直していました。

いつかは木曽側から登りたいですー。

Posted by げんさん at 2012年10月10日 04:44
>矢車草さん
コメントありがとうございます!

7日は夜半から雨、明け方にかけて雪でした。

頂上付近はえらい人でしたが、
桂小場からの西駒ルートは静かな山歩きを楽しめましたよ〜
矢車草さんも次回はぜひ。
Posted by げんさん at 2012年10月10日 04:48
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

このルートはホントに穴場で、紅葉も美しく、
おすすめです。

これからは低山もいい季節ですねー。
Posted by げんさん at 2012年10月10日 04:50
>食う寝るさんだーすさん
コメントありがとうございます!

ごぶさたしていますー。

なんと、食う寝るさんだーすさんも木曽駒ヶ岳!
ニアミスですねー

しかも翌日はまったく同じルート。
あの道は静かでいいですねー
Posted by げんさん at 2012年10月10日 04:52
昨日、木曽駒いってたばっかりなので
レポ見てびっくりしました♪
日帰りだったのでもちろん定番RWルートですが。
そっかー。
雪降っちゃったんですね!
そのせいか昨日はもう紅葉いまいちになってました。。。
紅葉は一日でがらりと美しさが変わるから難しいですね!
Posted by くっきー at 2012年10月10日 19:44
>くっきーさん
コメントありがとうございます!

くっきーさんも木曽駒ヶ岳!
秋は大人気ですねー

やはりあの雪で紅葉がだいぶやられてしまったんですね。
この季節はなかなかドンぴしゃの狙いが難しいです。。

くっきーさんのレポも楽しみにしてます〜
Posted by げんさん at 2012年10月11日 04:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。