TOP かんたん燻製作り >燻製に山崎ヴィンテージモルト1992

2006年12月14日

燻製に山崎ヴィンテージモルト1992

山へいけない週末のひそかな楽しみ。
かんたん燻製つくり。

今回は燻製もさることながら、

kunsei20061209-001.JPG

これ、これが最大のお楽しみなのである。



燻製はウイスキーにあうもので、
今回は、鮭ハラスとソーセージ。
そして甘栗である。


軽く乾燥させているあいだに、例のブツを開封する。


kunsei20061209-002.JPG



宅配便のダンボールをあけると、こんな化粧箱が。


kunsei20061209-003.JPG



いよいよ高まる期待。。。



ジャーン!




kunsei20061209-004.JPG




おお、これ、これ。これなのだ!


kunsei20061209-006.JPG


山崎蒸溜所の限定発売モルト。

山崎ヴィンテージモルト1992年




kunsei20061209-007.JPG


はやる心をおさえつつ、
ベランダでせっせと燻製。


kunsei20061209-008.JPG


1時間後、ついに燻製とウイスキーのマリアージュ。


ロックで飲る、山崎ヴィンテージモルト1992年。


kunsei20061209-011.JPG


そして出来上がった燻製。
(本日はちと気が動転していたのか、ややスモーク過剰・・・)


kunsei20061209-009.JPG


この香りは、シングルモルトの山崎を連想させながら、
もっと木の樽に由来する、甘やかな芳香、
後味の余韻が口中に心地よく残る。

ああ、至福の瞬間。


ここ数ヶ月、睡眠を削り、山行をおさえながら、
がむしゃらに頑張ってきたが、
たとえ、人に評価されなくても、
成果があがらないといわれても、
自分の頑張ったかどうかは、自分がイチバン知っている。


kunsei20061209-010.JPG


山崎ヴィンテージモルト1992年。
その琥珀の輝きは、
自分の自分による自分のためのご褒美である。



<追加情報>
このヴィンテージモルト、高いものは、
1979年の20年以上ものの10万5千円から、
買いやすいものは、この1992年のような7350円くらいのものまで
各年代のモルトがある。
山崎蒸溜所とオンラインショップ限定発売のレアものだ。
残念ながら、1992年は12/11時点で売り切れてしまっている。











アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif


※新ブログ「燻製記」に燻製記事移動中

 燻製と山崎ヴィンテージモルト
 簡単燻製の作り方


posted by げんさん at 08:08 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | かんたん燻製作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝からなんて刺激的な画像。僕たち友達だよね。同年代だよね。一緒に厳しい山行やカヌーで激流を下った仲だよね。私にもぜひひと口。
Posted by ヒポクラテス at 2006年12月14日 08:48
>ヒポクラテス兄
こんばんは。ご無沙汰しています。
ぜひ、一献。
Posted by げんさん at 2006年12月15日 00:18
ウイスキーってヴィンテージとかいろいろあって奥深いのですね。
私も黙ってウィスキーを味わえるような大人になりたいものです。
年代で味はかなり変わるものなのですよね?
久々に飲んでみようかな。

Posted by くま at 2006年12月15日 02:09
>くまさん
こんばんは。
ウイスキーは奥深いです。
年代、樽の素材、樽の貯蔵場所で
えらく味がかわります。
10年後20年後にわかることなんですけど。。。
Posted by げんさん at 2006年12月15日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29592330

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif