TOP 尾瀬 上越 奥秩父の山 >会津駒ヶ岳

2012年10月03日

会津駒ヶ岳

会津駒ヶ岳。

20120929aidukoma-018.jpg

栂海新道の8月初旬の縦走以来、大菩薩嶺に日帰りしただけで、
山欠乏症の低山病が重症化。
ついにガマンの限界にきて、金曜日の夜、
東京から福島県の桧枝岐村へ向け車を飛ばすのであった。。。

この方の記事や、この方のレポを拝見するたび、
昔から行きたいと思っていた会津駒ヶ岳への熱がヒートアップ。

東北道をひた走り、あの思い出の道の駅たじま へ1:30到着。
2時間ほど仮眠して、桧枝岐村の会津駒ヶ岳登山口駐車場へ。
まだ夜明直前だったこともあり、林道の一番上の20台くらい停められる
駐車スペースに車を置き、準備運動をして、
5:50 いざ、会津駒ヶ岳へ!

林道を少し登ると、会津駒ヶ岳の登山口。

20120929aidukoma-001.jpg

この木の階段を登ると、山道だ。

さすがに山はもう秋。
蒸し暑かった東京がウソのような、ひんやりとした山の冷気。

おおっ、森の間から日が昇ってきた。

20120929aidukoma-002.jpg

気持ちいい森の登山道に、足取りも軽い軽い。

20120929aidukoma-003.jpg

軽快に高度をかせぎながら、上空の青空がうれしくてたまらないのだ。

20120929aidukoma-004.jpg

まだこの高度ではちょっと気の早いのではないか、という子もいて、
緑の樹木と青空に、紅葉の赤が眩しい。

20120929aidukoma-005.jpg

やがて、森の切れ間から、尾瀬方面の山々が見渡せるようになってきた。

20120929aidukoma-006.jpg

6:55 水場のあるベンチに到着。
(ちなみに、帰りに水場に寄ってみたのだが、残念ながらこのところの少雨で
  ほとんど水がでておらず、汲める状態ではなかった)

20120929aidukoma-007.jpg

ここで水筒から少しだけ水を飲んで、ふたたび登り出す。
この晴天のうちに、稜線を歩きたいではないか。

ああー、山の空だ〜ぁ!

20120929aidukoma-008.jpg

やがて木道が現れ、視界がひらける予感。

20120929aidukoma-009.jpg

おおっ、あれが会津駒ヶ岳への稜線。

20120929aidukoma-010.jpg

テンション、あがりまくり。

20120929aidukoma-011.jpg

振り返ればこの光景。
雲海フェチとしては萌えざるをえない。

20120929aidukoma-012.jpg

昔、谷川のナルミズ沢という沢で「天国に続くナメと草原」という経験をしたが、
これは秋山のそれだ。

20120929aidukoma-013.jpg

そして、夢に見たメルヘンのような光景。
草紅葉の向こうにちょこんと立つ、駒の小屋。

20120929aidukoma-014.jpg

8:10 駒の小屋到着。

山小屋のスグ下には、こんなベンチがあって、
山めしするにはうってつけ。

20120929aidukoma-015.jpg

なんせ、このベンチからはこの絶景なのだ。。。

20120929aidukoma-017.jpg

さて、山めしは会津駒ケ岳から戻ってきてからということにして、
いよいよ山頂へ。

20120929aidukoma-018.jpg

山頂へ向かう道からは、小さな駒の小屋の向こうに、燧ヶ岳が見える。

20120929aidukoma-019.jpg

ああ、燧ヶ岳にも久々に登りたいなぁ。。

20120929aidukoma-020.jpg

少しすると、会津駒ヶ岳への最後の登りと、中門岳へのまき道の分岐。

20120929aidukoma-021.jpg

おお、あそこが・・・

20120929aidukoma-022.jpg

8:30 会津駒ヶ岳 山頂。

20120929aidukoma-023.jpg

いやー、爽快っ!

スグ後で登ってこられた単独の男性もニコニコ顔。
なんせこの天気だし。

さて、まだ時間も早いし、せっかくなので、中門岳へも足をのばすか。

中門岳へのなだらかな稜線。

20120929aidukoma-024.jpg

木道の脇にはチラホラとお花も。
岩菖蒲かな?

20120929aidukoma-025.jpg

これも?

20120929aidukoma-026.jpg


ここは、雲上の楽園のようなところだ。

20120929aidukoma-027.jpg

池塘に、草紅葉、もうすぐ紅葉も素晴らしい景色になりそう。

20120929aidukoma-028.jpg

写真撮りまくりで、ちっとも歩がすすまない。

9:10 中門岳

20120929aidukoma-030.jpg

なんだか山頂という感じではないが、標識にも「このあたり一帯」が
中門岳だと書いてある。

5分ほど休んで、山めしに駒の小屋へ戻ることにした。

台風が近づいてきている影響なのか、さきほどまでの抜けるような青空は去り
かなり曇ってきた。。。

20120929aidukoma-031.jpg

10:00 駒の小屋前のベンチへ帰還。
さあ、さっそく山めしだ〜

本日の前菜は、秋らしく、松茸風味のきのこ蒸し。
すだちなんかも添えたりして。

20120929aidukoma-101.jpg

(松茸風味のきのこ土瓶蒸し風の山めしレシピはこちら)
 松茸風味のきのこ土瓶蒸し風

素晴らしい山と、久々の山めしに、乾杯〜っ!!

20120929aidukoma-032.jpg

3品ほど作って、飲んで、大満足。

山めししている間にも上空の天気はめまぐるしく変り、
日差しが照りつけたかと思うと、もくもくと雲が湧く。

20120929aidukoma-033.jpg

さて、そろそろ下山するとするか。

12:00 駒の小屋出発。

尾根には尾瀬側からガスが覆ってきたり。

20120929aidukoma-034.jpg

さっとカーテンを開けるように視界がひらけたり。

20120929aidukoma-035.jpg

これはこれで山の醍醐味を感じられる光景だ。

トットコと山を下りつつ、今行き詰っている仕事のことを考える。
久しぶりに山で歩きながら考えると、どうも思考回路がうまく働くらしく、
突破口のキーワードが頭の中に固まってきた。

そうや、それやっ!
週明けにでも、コレでいこう!

心につかえていた仕事の行き詰まり感が少しラクになり、
青空がひろがってきたようだ。

20120929aidukoma-036.jpg

ひたすら下り、

20120929aidukoma-037.jpg

登山口到着、13:30

20120929aidukoma-038.jpg

会津駒ヶ岳。
ずっと登りたいと思っていた山に登れて、
しかもこんな恵まれた天気。

そして・・・
この後は今回のもうひとつのミッションへと向かうのであった。

(つづく)


この記事に投票する
「山で飲むならオールフリー」記事コンテスト参加中。投票をお願いします!
ぜひぜひみなさんもご参加を!

posted by げんさん at 12:01 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 尾瀬 上越 奥秩父の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秋空に映える黄金の紅葉、青空を映し出す池塘。
会津駒ケ岳行ってみたいなー。
天気に恵まれ良かったです。
もうひとつのミッションとは?気になります。
Posted by ケン太 at 2012年10月09日 23:03
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

会津駒ヶ岳、いいところですよー。
桧枝岐村までのアプローチがたいへんですが、
その秘境感もまたよしです。

つづきはまた。
Posted by げんさん at 2012年10月10日 04:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。