TOP 尾瀬 上越 奥秩父の山 >丸鍋求めて大菩薩嶺へ

2012年09月12日

丸鍋求めて大菩薩嶺へ

大菩薩嶺へ。
最近やたら忙しくて、栂海新道縦走以来の山。

20120909daibosatutomarunabe-007.jpg

今回は、この方も、あの方も、この人も・・・
相次ぐように入手されている、あの憧れの「丸鍋」を求めての山歩きなのだ。

ほんとは前週に大菩薩嶺に行こうと、金曜日の晩に山めしの用意もし
土曜日の朝にザックを背負って家をでたら、いきなり土砂降りで
三歩もいかずに撤退。。。

今週もやや山の上は天気が不安定そうだな、と思いつつ、
日曜日の朝、中央線に揺られて甲斐大和駅に。

バスで1時間ほどいくと、懐かしい上日川峠に到着。
バスから降りたとたん、山の空気がひんやり。

ああっ〜気持いい。
この涼しい山の風を求めてきたのだよ。

20120909daibosatutomarunabe-001.jpg

しかもこの青空。

20120909daibosatutomarunabe-002.jpg

さっそく支度をととのえ、準備運動をして、9:10 上日川峠出発。

しばらくは森の中の登山道。

20120909daibosatutomarunabe-003.jpg

1ヶ月ぶりの山に、なんだか嬉しくなって、足取りも軽い。

9:30 福ちゃん荘到着。
この囲炉裏の情景と、「岩魚」の文字にいつも心惹かれてしまう・・・

20120909daibosatutomarunabe-004.jpg

アタマの中にひろがる岩魚の妄想を振り切り、
そのまま大菩薩峠を目指す。

20120909daibosatutomarunabe-005.jpg

やがて、森の向こうに青空がひろがり、

20120909daibosatutomarunabe-006.jpg

10:00 大菩薩峠到着。

20120909daibosatutomarunabe-007.jpg

気持いいー

20120909daibosatutomarunabe-008.jpg

この晴れた稜線を歩く幸せ。
雄大な山からの景色の向こうに、

20120909daibosatutomarunabe-009.jpg

ちょっとだけ富士山も顔を見せてくれた。

20120909daibosatutomarunabe-010.jpg

さて、軽く水を飲んだだけで、出発。

ここからは吹く風が涼しく、快適な稜線歩きだ。

ひと山登ると、賽の河原の向こうに、雷岩へ続く道。

20120909daibosatutomarunabe-011.jpg

ときおりガスが沸いてきて、2000m.の稜線らしい雰囲気が漂う。

20120909daibosatutomarunabe-012.jpg

雷岩まであとわずか。

20120909daibosatutomarunabe-014.jpg

10:40 思い出の地、大菩薩嶺 雷岩へ到着。

20120909daibosatutomarunabe-015.jpg

残念ながら、富士山は雲隠れしてしまったが、
さっ、さっそく山めしの支度をして、
久々の山めしに乾杯〜!!

20120909daibosatutomarunabe-016.jpg

カレーバターコーンなんかも作ったり、
暑いのでサッパリした新作の山めしも。

20120909daibosatutomarunabe-028.jpg

(新作山めし、「山の冷や汁サラダ」はこちら)
 山の冷や汁サラダ

1時間強もゆっくりと、久々の山めしを堪能し、
本日の目的地へ歩き出す。

20120909daibosatutomarunabe-017.jpg

おっと、大菩薩嶺山頂。

20120909daibosatutomarunabe-018.jpg

ここが目的地と思いきや、ゴールはまだ先なのだ。

20120909daibosatutomarunabe-019.jpg

ひたすら樹林帯を下り・・・
1時間ほどで丸川峠に立つ、丸川荘に到着。

20120909daibosatutomarunabe-021.jpg

これこれ、これなんですよ。
本日の目的は。

20120909daibosatutomarunabe-023.jpg

丸川荘の中にはいり、とりあえずコーヒーをいただく。
薫り高いモカをいただきながら、おもむろに小屋番の只木さんへ切り出した。

(この瞬間、もう売り切れてないかもしれない・・・という思いで
  心臓はかなりバクバク、ドキドキ緊張感が高まっている)

 “あの・・・あ、アレ、まだあります・・・?”

一瞬、初対面の只木さんの目の奥がキラリと光る。

 “あ、あの、丸鍋なんですけど。。。”

我が意を得たりというか、お前もワルじゃのう的な笑みというか
独特の間合いをおいたあと、倉庫からもってきてくださったのが
あの、憧れの丸鍋!

20120909daibosatutomarunabe-020.jpg

ついにゲットだ!

只木さんによると、もう今の在庫はこれをいれてあとふたつ。
その貴重なひとつを入手してしまったw

この夏、これで29個目だとか。

この辺の事情は、丸鍋普及委員会長の工場長さんのブログ記事に詳しい。
丸鍋通信8月号

次回入荷するのが、ホントの最後だそうで、
日本で数えるほどの貴重品の丸鍋オーナーになってしまった。

丸鍋の詳細は、また後日に山めし礼讃で。

さて、只木さんの癒される人柄に、ついつい30分ほども話し込んでしまい、
丸鍋とコーヒーのお礼を述べて、丸川荘を後にする。

ザックに光る、丸鍋が眩しい(笑)

20120909daibosatutomarunabe-022.jpg

一路、下山。

20120909daibosatutomarunabe-024.jpg

あまり風のない尾根を、とっとこ下るのだが、
ザックにいれた丸鍋のことを考えると、なんだかニヤニヤしてしまって
すれ違う登山者がいたら、そーとー気味悪かったと思う(笑)

やがて、林道にでて、

20120909daibosatutomarunabe-025.jpg

丸川峠分岐の駐車場。

20120909daibosatutomarunabe-026.jpg

ここから車道歩き15分で、大菩薩嶺登山口のバス停にゴール。

20120909daibosatutomarunabe-027.jpg

久々の山歩き。
稜線の涼風と山めし。
そして丸鍋。

なんだか一日ニコニコしていた気がする。
やはり山はいい。。。



この記事に投票する
「山で飲むならオールフリー」記事コンテスト参加中。投票をお願いします!
 ※この企画、私がやってます。ぜひみなさまもご参加を〜

posted by げんさん at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(0) | 尾瀬 上越 奥秩父の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん、良かったですねー!

私達がゲットしたのは雪の積もった頃だったけど、
いつの間にか本当に手に入らない貴重な鍋になってしまいましたねェ。
只木さん、次はどんな輩が鍋狙って来るのかときっと楽しみなんだろうなぁ(笑)

丸鍋祭りは場所は丸川荘と決まっているんです。
あとは工場長さんの集合がかかれば…(#^.^#)

ニヤニヤしながら歩いてるげんさんを想像すると可笑しくて…
そうそう、最後の一個をゲットしたのは私のブログ友ですよ。
よくはち合わせなかったですねー確か日曜に行ったはずだけどなぁ。

なにはともあれ、おめでとうございます!
Posted by 矢車草 at 2012年09月12日 15:19
買えて良かったですねー!
ドキドキしました(笑)

”丸鍋オーナー”

ってとても素敵なネーミングですね。
さすが、げんさん。
Posted by cyu2 at 2012年09月12日 16:09
>矢車草さん
コメントありがとうございます!

小屋番さんが、矢車草さんの紹介のこと、おっしゃっていました。
誰かな・・・と想像を巡らせていたのですが
おんなじ日のあの後に行かれたのかな・・

この丸鍋フィーバーに小屋番さんもビックリですね(笑)

Posted by げんさん at 2012年09月13日 04:50
>cyu2さん
コメントありがとうございます!

> ドキドキしました(笑)

私も、自分の計画から一週間遅れていたし、
大菩薩嶺の山頂から丸川荘に向かう道々、
どんどん緊張感が高まっていました(笑)

この週末は山はいけないのですが、
なんとか丸鍋は試運転してみたいな・・と楽しみにしています♪

これでようやく、私も丸鍋オーナー、殿堂入り(?)です(笑)
Posted by げんさん at 2012年09月13日 04:55
いつも『山めし礼賛』拝見させて頂いています!!
と、言うか『山めし礼賛』しか拝見させて頂いていませんでした^_^;
なので…いつも何処で作っているんだろう…と言うアホのような疑問が漂う霧の中に居りました…
が、この度…ようやく霧のはれた情景に至りました♪
いやはや、恥ずかしい(*ノ▽ノ)

私は、只木さんに丸鍋の問合せをしたら
送って頂ける
との事で、楽して7月にgetしました。その電話での只木さんのお話を聞いて『丸川荘に行こう』と思ったまままだ実現していません…是非、生只木さんとお話がしたいです。
とりとめのないコメントで失礼します
Posted by 金太郎 at 2012年09月13日 07:49
いーないーな♪
もう丸鍋売り切れちゃったんですねぇ。。。

ワタシはごはんの友持参するしかないですね。

で、ごはんは分けてもらう(笑)

でも、数えたらウチには山用のお鍋が8つあったので
隊長のお許しがでるわけはなかったみたいです。残念。


で、だれも山のことにコメントしてなくてウケました。
晴れたあの稜線を吹き抜ける風を想像しただけでうっとりです。
って、一応コメント(笑)
Posted by くっきー at 2012年09月13日 14:06
>金太郎さん
コメントありがとうございます!

金太郎さんも丸鍋をゲットされたんですねー
8月くらいまでは電話でも応じていたとおっしゃっていましたが
これからは電話で予約して、現地で受け取りの方だけになるそうです。

ぜひ丸川荘でなま只木さんとの癒されるお話を!
Posted by げんさん at 2012年09月17日 19:49
>くっきーさん
コメントありがとうございます!

最終便の入荷が近々あるそうですよー
すべりこみで、くっきーさんも丸鍋オーナーの会に(笑)

家で丸鍋テストしたので、近々アップしますねー

それにしても山鍋8つはスゴい!

そうそう、私もコメントに山の
ことにふれている人がいなくて可笑しかったです〜
Posted by げんさん at 2012年09月17日 19:53
2週間前に同じコースを歩きましたが
丸鍋ゲットすることなど
全く思い浮かびませんでした。
よかったですね、手に入って。(^^)
Posted by nousagi at 2012年09月24日 10:46
>nousagiさん
コメントありがとうございます!

nousagiさんも大菩薩歩かれたんですね。

私の場合、ほとんど丸鍋を手に入れるために登ったようなもんで(笑)
小屋番の只木さんが、奥に丸鍋を取りにいってくださったときには
小躍りしそうでした(爆)

・・・といいつつ、8月の北アルプス以来、
山歩いたのはこの1回だけで、
低山病がかなり重症です。。。
Posted by げんさん at 2012年09月25日 08:00
背負子マウンテン:ぽっちゃんの旦那です。
丸鍋ゲットおめでとうございます。
当家も同時期にゲットしました。

炊いてみると、やはり美味しいですね。
Posted by 夢酔藤山(むすいとうざん) at 2012年10月20日 08:35
>夢酔藤山(むすいとうざん)さん
コメントありがとうございます!

丸川荘で、背負子の人も買いに来たよ・・・と
教えていただいて、きっと夢酔藤山さんだと
思っておりました。
ほんとにおいしいごはん炊けますよねー
Posted by げんさん at 2012年10月22日 04:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。