TOP オススメの1冊(山岳篇) >山テントで、わっしょい!

2012年06月06日

山テントで、わっしょい!

山テントで、わっしょい!

20120605tentdewasshoi-001.JPG

鈴木みきさんの5冊目が発売された!
今回は、「山でテントデビュー」するためのお話。

鈴木みきさん自身によるまえがきから。

 “山登りに行くと見かける大きなザック、
  重いはずなのにその人たちの顔はまぶしくて
  くやしけれど羨ましい。
  あの人たちはなにを山に教わったのかな?

  ・・・・・・

  大きなザックになんやかんや詰め込んで、
  わっしょい!と行きますか。”

私がテント山行をはじめたのはもうずいぶんと昔になるけれど、
たしかに山小屋泊まりで歩いていた頃の気持ち、
こんなんだったかもと思い出した。

いまや自分の中ではテント山行があたりまえになったけれど、
一歩踏み出すときの不安や期待、憧れってあったなぁー。

そんなテント山行にあこがれる山女子、山ボーイには、
この本、とっても親切な入門書。

単なる装備や心構えだけでなく、このまえがきにもあるような
山歩きをするときの、あの気持ちがストレートに伝わってきて、
これからテント山行しようという人はもちろん、
デビューしたひとにも楽しめる内容だ。

装備の導入はもちろん、こんなテント山行の食料の話とか。

20120605tentdewasshoi-002.JPG

とっても気になるザックへのパッキングの話とか。

20120605tentdewasshoi-003.JPG

鈴木みきさんらしい、コミカルな話のリズムもよく
「あっ、でもそうそう、そうなんだよねー」とキュンとくるとこもいいですな。

 “テント泊は全てを背負って歩くこと。
  生きるために 必要な 少ない道具 食料
  きのうまでの自分 ・・・・”

私の場合は、これに、明日からのシゴトのミッションとビールかな(笑)

これからテントデビューを考えている方々はもちろん
みなさんもぜひ〜!

【山テントで、わっしょい! : 鈴木みきさんの本】
 山テントで、わっしょい! 極める「山女子」のヨロコビ


posted by げんさん at 05:09 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | オススメの1冊(山岳篇) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は山岳部出身のため昔の妙な風習や山岳用語があり、辛いイメージが定着してて閉鎖的なイメージしかなかったのです。、今はさまざまな手引き書が公開されていて入門が楽になり山中でも多くの人を
みかけるようになり、さまざまなスタイルで楽しんでいるのは良いことだと思います。
でもやはり山でテントを張るのは最高でしょう(笑)
Posted by ケン太 at 2012年06月05日 21:11
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

山小屋はありがたい存在ですけど、
やはり自由度というか、のんびりできるのはテントですよね〜
山めしも存分に作れるし(笑)
Posted by げんさん at 2012年06月07日 04:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif