2012年05月08日

燕岳

燕岳。
GWの前半戦、1月の3連休以来のテント泊。

20120429tubakuro-015.jpg

ひさびさの雪山に突撃だ。



GWの初日は残念ながら仕事を振り切れずに休日出勤。
その夜、中央道をひた走り、燕岳登山口の駐車場に深夜到着。

運よく第2駐車場に最後の空きがあり、車を停めて明け方まで4時間ほど仮眠する。
夜が明けると上空は青空。
心の中でガッツポーズをしつつ、装備を整えて燕岳登山口へ。

20120429tubakuro-001.jpg

ここで登山計画書をポストにいれ、ストレッチとヒンズースクワットをして
6:40 いざ、燕岳へ!

歩き出しはまだ雪はなし。

20120429tubakuro-002.jpg

久しぶりにビールと食料の詰まった重いテント装備のザックを担ぐと身が引き締まる。

燕岳の最初の急登を徐々に高度を上げていく。

20120429tubakuro-003.jpg

7:10 第一ベンチ。
ここあたりからは登山道に雪が残っており、ほとんどの登山者がここでアイゼンを着けている。

20120429tubakuro-004.jpg

すでに雪山気分満開。
荷物は重いが、心は久々の雪山にステップしそうな勢い(笑)

20120429tubakuro-005.jpg

どんどん高度をあげていく。心が軽いせいか、ペースも悪くない。

20120429tubakuro-006.jpg

7:45 第2ベンチ。

20120429tubakuro-007.jpg

標識の埋まり具合をみると、このあたりで積雪1mといったところか。

20120429tubakuro-008.jpg

だいぶ高度をかせいできた。

20120429tubakuro-009.jpg

8:20 第3ベンチ。

上はアンダーに超薄手のシャツ、下はアンダーとオールシーズン用のパンツだけなのだが
暑くて暑くて汗がダラダラでる。
Tシャツでもよかったくらいだ。

20120429tubakuro-010.jpg

9:05 富士見ベンチ。

20120429tubakuro-011.jpg

ここまでくると、積雪量もかなりあるようで、ベンチはすべて雪の中。

さて、合戦小屋まであとひといき。
いままで樹林帯の中でほとんど眺望はなかったが、
あたりがひらけはじめ、合戦尾根も見えてきた。

20120429tubakuro-012.jpg

おっ、合戦小屋の屋根が見えて、

20120429tubakuro-013.jpg

9:40 雪に埋もれた合戦小屋到着。

20120429tubakuro-014.jpg

ここでパンと水で補給し、ストックをピッケルに選手交代。

20120429tubakuro-016.jpg

さて、燕岳めざし、いよいよ合戦尾根を攻める。

20120429tubakuro-015.jpg

ここから上部は、あたりの景色が一変。
ザ・雪山だ。

お久しぶりの槍ヶ岳の穂先がお出迎え。

20120429tubakuro-017.jpg

合戦沢の頭へとガシガシ登る。

20120429tubakuro-018.jpg

燕岳が見えた。
いや〜お久しぶり〜。

20120429tubakuro-019.jpg

この好天と雪山の景色に興奮しつつ、スキップするような心持ちで
燕岳の稜線を目指す。

20120429tubakuro-020.jpg

この解放感。

そうこうしているうちに、あっという間に燕山荘への最後の登りだ。

20120429tubakuro-021.jpg

やがて燕山荘の小屋の裏、稜線に飛び出すと、槍ヶ岳のこの姿。

20120429tubakuro-022.jpg

裏銀座方面の雪山、雪山、雪山。。。

20120429tubakuro-023.jpg

もう恍惚状態になりながら、11:20燕山荘前のテント場到着。

昨日はかなりのテントが張られたようで、雪を掘って設営した跡が多数ある。

まだ本日のテント組みはほとんど到着しておらず、
設営場所は、日あたり良好、風もよけられる一等地がよりどりみどり。

20120429tubakuro-024.jpg

ソロテントがすっぽり入る絶好のロケーションを選んで、
スコップで雪を平らに整地しなおして、テント設営。

20120429tubakuro-025.jpg

さて、テントをしっかりと十字ペグで雪に固定したら、荷物を放り込み、

20120429tubakuro-026.jpg

天気のいいうちに、いよいよ燕岳へアタックだ。


【お知らせ】
 山めしのフェイスブックページ作りました〜
 山めし礼讃 | フェイスブックページ

アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif

(つづく)

posted by げんさん at 12:00 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 山のよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん、こんばんは!

さすが・・・まず燕岳に向かっておる!!
最近は 小屋には行くけれど山頂を全く踏んでない私です。
なんでかなぁ、もうあそこで山々を眺めているだけで満足しちゃうからかなぁ。

この日も最高の青空でしたね。
こりゃあ、山頂でオールフリーが美味しかったことでしょうね♪
山めしも楽しみにしていますね。
Posted by 矢車草 at 2012年05月08日 22:44
こんにちは♪
ホントだ、このテント位置はお隣ですね^_^
「GWの山」のエントリーにて、今回行けなかった
蝶ヶ岳からの展望も楽しませていただきました♪

それにしてもGW初日にげんさんがお仕事振り切ってたら
燕でお会いできたのに(笑) 残念です!
でも近いうちにどこかでバッタリお会いできそうなので
それまで楽しみにしてますね〜^_^
Posted by きょこ at 2012年05月09日 16:31
ご無沙汰しております。
GW前半はお天気良かったですもんね〜槍がきれいに青空向かって尖っていますね!
私もすっごい久々に雪山に行くことができました。
燕はロケーション最高ですね。
いつか雪のある時期にテント泊してみたいです。
Posted by こまち at 2012年05月11日 00:14
>矢車草さん
コメントありがとうございます!

とりあえず、山頂でプシュッ!と飲りたい一心で(爆)

矢車草さんの仙丈ケ岳もそうでしたけれど、
それにしても爽快な雪山の一日でした。
Posted by げんさん at 2012年05月11日 04:41
>きょこさん
コメントありがとうございます!

そーなんですよ。
一日違っていたら、ニアミスどころか
お隣で宴会でしたね(笑)

でも、きっと近いうちにお会いする予感が(笑)

実は昨年、この燕岳のテント場でニアミスした方も
数ヵ月後にバッタリしたりしたんですよね。
Posted by げんさん at 2012年05月11日 04:44
>こまちさん
コメントありがとうございます!
こちらこそご無沙汰してます〜

やはりこの時期の雪山はいいですよねー
天候次第ではありますが、燕岳は比較的手軽に登れて
テント場が稜線ですから眺望バツグン。
小屋のビールも近いですし(笑)

またのちほど、こまちさんのほうにもおじゃましますねー
Posted by げんさん at 2012年05月11日 04:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif