TOP 酒のお話 >驚異のサラウンド体験 その2

2006年09月06日

驚異のサラウンド体験 その2

山崎蒸溜所の見学の後は、
いよいよ驚異のサラウンド体験。。。

yamazaki20060902-105.JPG



まずは、ウイスキーの樽材でできた、
パイオニアのスピーカーのデモ。

yamazaki20060902-101.JPG


ふつうのスピーカーに使う木材と
使用前樽材の木材、そして熟成をした後の使用後樽材、
この3つの木の響きの違いを、木槌で叩いて
実演してくれた。

yamazaki20060902-102.JPG


普通の木材に比べて、樽材は高音がよく響くが、
熟成後の樽材は、高音がよく響きながら残響音が少なく、
理想的なサウンドを生み出すらしい。

yamazaki20060902-110.JPG

yamazaki20060902-103.JPG


その後、実際の音を聞き比べ。


やはり普通の木材を使ったスピーカーの音より、
格段に高音の響がよく、かつ不自然な残響がなくて
ボーカルの声色がリアルに、かつ自然な感じで伝わってくる。

いろんなジャンルでのサウンドデモがあったが、
ディー・カーステンセンのボーカルの音色が美しく、
このスピーカーに合っているようだ。
アルバムは「リガーディング・ザ・ソウル
残念ながら中古市場にしかものはないらしい。

yamazaki20060902-104.JPG


続いて、隣の部屋に移動し、お待ちかねの
「驚異のサラウンド体験」。

yamazaki20060902-109.JPG

5つのスピーカーを使い、前後左右から
音のシャワーを浴びる感覚だ。

クラッシックや、パイプオルガンを聴くと、
まるでそこにオーケストラがいたり、
巨大な教会にいるような錯覚すら覚える。
あまりの心地よさに、ついうとうとする参加者も。。。

このサラウンド用に新しく5.1チャンネルにリミックスされた、
カーペンターズ。
これには驚いた。まるで音楽スタジオの中で、
彼らのバンド演奏を聴いているかのよう。
ギターの息遣いや、ピアノの響、スネアの振動までが
じかに伝わってくるようだ。

興奮のサラウンド体験を終え、有料のテイスティングカウンターへ。

yamazaki20060902-108.JPG


せっかくだから、と、山崎の25年や18年、

yamazaki20060902-106.JPG


山崎蒸溜所秘蔵モルトに樽出原酒の15年。

yamazaki20060902-107.JPG


yamazaki20060902-111.JPG

うーん、きてよかった。
これ、これがこの蒸溜所のいいところなのだ。
あの樽の貯蔵庫で眠り続けたモルトたちを
じっくりとたのしむ。

心地よいサウンドと熟成されたモルトに酔いしれた一日だ。

ウイスキーと楽しむ音楽は? パイオニアとのコラボレーションイベント
(山崎蒸留所ブログ)

アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif


posted by げんさん at 08:10 | 東京 ☀ | Comment(11) | TrackBack(1) | 酒のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんさん、こんばんわ〜
京都に行かれていたのですね!
山崎の工場は住んでいるときから一度行ってみたかったのですが、まだ叶わず。
ピュアモルトスピーカーですか。
おもしろい試みですね。

で、山にもっていくウイスキーは仕入れてきました?(笑
Posted by まゆ太 at 2006年09月06日 19:18
>まゆ太さん
こんばんは。
おやおや、ブログ上で入れ違いのコメントでしたね。

もちろん、仕入れもバッチリです。
明日からは京都の食シリーズです・・笑
Posted by げんさん at 2006年09月06日 19:21
こんばんは。
世の中には面白いものがあるんですね〜

そういえば最近、山のことばかりで村上春樹の本、読んでなかったな・・・と思い出しました。
Posted by heppoco at 2006年09月06日 21:43

はじめまして
ほんと美味いウイスキーを飲みながら
高品質のサウンドに酔いしれました。
TBさせていただきます。
Posted by 松風 at 2006年09月06日 22:14
>heppocoさん
そうなんです。
このスピーカー、材質が熟成樽の木材だけに
持つととっても重いんです。
樽が100年使われるらしいので、その年月の
重みかもしれませんね。

あ、蒸留所のお土産ショップでも村上春樹さんの
本を売っていましたよ。
Posted by げんさん at 2006年09月07日 07:32
>松風さま
コメント・TBありがとうございます。
いいイベントでしたよね。
ふだんからウイスキーは飲んでいるのですが
(もっとも角瓶ですけど・・・)
あそこの雰囲気で飲むとまた格別ですよね。
Posted by げんさん at 2006年09月07日 07:34
それは最高のお土産ですね(笑)
最高のコマーシャル??
Posted by heppoco at 2006年09月07日 23:17
>heppocoさん
こんにちは。今頃はまたお山でしょうか?

村上春樹さんではないのですが、とっても飲みたくなるような本を入手したので、またレビューしますね。
(ここは何のブログだっけ・・・笑)
Posted by げんさん at 2006年09月10日 11:31
遅ればせながら。。。

今週開催されているA&Vフェスタ2006へ行って
全部、バラバラに堪能してきました。

パイオニアさんのブースでピュアモルト
スピーカー。
ソニーさんのブースでカーペンターズの
SACD試聴。

あと足りないのが山崎25年でした。(^_^;)
Posted by daizo at 2006年09月23日 19:41
>daizoさん
こんばんは。
そういうところでもデモがあったんですね!

うーん。25年が足りないのはなんともですね(笑)
またぜひ、いいお酒をご一緒しましょう!
Posted by げんさん at 2006年09月24日 22:39
はじめまして。ネットサーフィンしており、こちらに辿りつきました!山崎蒸留所のことを細かく書いてくださっているので、分かり易かったです。クリスマス限定のロイズ生チョコレート[山崎シェリーウッド]にはまっています。
http://www.e-royce.com/servlet/product?item=118
Posted by snoopy at 2006年11月27日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サラウンドと山崎に酔う
Excerpt: 「プレミアムな音をシングルモルトウイスキーと楽しむ」 サントリー山崎蒸溜所にて、 山崎12年、18年を飲みながら パイオニアの高品質なサウンドを堪能した。
Weblog: 京・壷螺暮(こらむ)2006
Tracked: 2006-09-06 22:14
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。