TOP 酒のお話 >驚異のサラウンド体験!

2006年09月05日

驚異のサラウンド体験!

この週末は、京都山崎の地へ。

そこで待っていたのは、
「驚異のサラウンド体験」。

ウイスキーの蒸溜所で、パイオニアの
最高峰音響サラウンド体験をする、というイベントに参加である。

yamazaki20060902-005.JPG

山崎蒸溜所。

yamazaki20060902-006.JPG


まだ空も空気も真夏の装いだが、
入口も、ゲストハウスの前も、場内は花がイッパイ。

yamazaki20060902-007.JPG


まずは工場見学。

yamazaki20060902-001.JPG


蒸留釜を見た後、ウイスキーモルト原酒をつめた樽の貯蔵庫へ。

yamazaki20060902-002.JPG


圧巻である。



この樽の貯蔵庫で、あの琥珀色に輝くウイスキーができていくのだ。
この蒸溜所の最古の樽は、「1924」と年号が刻まれている。

yamazaki20060902-010.JPG


蒸溜所が建てられた1923年の翌年の仕込みのものらしい。

yamazaki20060902-004.JPG

なんと83年。
いまは記念用においてあるそうだが、どんな味がするのだろう・・・。

貯蔵庫の中には、樽でウイスキーが眠っているあいだに、
樽の成分が染み出して琥珀色の色が濃くなり、
樽が外気と呼吸をくりかえし、水分やそのほかの成分が蒸発し、
だんだん中味がへっていく様子を見ることができる。

yamazaki20060902-009.JPG

右側の樽が4年、左側が12年。
1年で2〜3%ほど中味がへっていくそうだから、
18年ものになると樽の2/3以下の容量になってしまうわけだ。

この樽の中身がへっていくさまを、「天使の分け前」というそうだが
まろやかでおいしいウイスキーが育まれるため、
自然の恵みに感謝するお供えのようなものか。

自然のままの温度、湿度で、幾年となく
ここの空気の呼吸をくりかえし熟成していく原酒。

yamazaki20060902-008.JPG


それこそ、天井には天使でもいるような気さえする、
神秘的な空間である。

この後、見学を終えて、いよいよ驚異のサラウンド体験へ。。。


驚異のサラウンド体験 その2
  ←続きはこちら

サントリー山崎蒸溜所ブログ はこちら

アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif


posted by げんさん at 07:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 酒のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パイオニアAVセミナー in サントリー山崎蒸溜所(前編)
Excerpt: 以前、「アミーゴ梶ヶ谷304号室」で紹介したパイオニアAVセミナー in サントリー山崎蒸溜所。 「来ます?」と声をかけ
Weblog: WADA-blog(わだぶろぐ)
Tracked: 2006-09-17 10:59
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。