TOP 北アルプス 夏山 秋山 >紅葉の裏剣を目指すが。。。

2011年10月11日

紅葉の裏剣を目指すが。。。

この10月の三連休。
みなさん紅葉の山を目指されたのでは・・・?

もともと、この3連休にプラスして1日年休をとっていたので
本来は、同じ北アルプスでも、この夏に途中断念した
栂海新道を日本海目指して歩くリベンジ登山を計画していたのだが、
まさかの朝日小屋の早期小屋じまいで計画変更。

こちらもかねてからの念願だった、裏剣、仙人池ヒュッテへ
剣沢の雪渓を越えて行くプランに急遽変更したのだ。

しかし、出発日の前日に出張がはいり、
大阪で夜の仕事・・・

はたしてこの山歩きは。。。


木曜日の夜、22時過ぎに大阪でのイベントの仕事を終え、
ダッシュで大阪駅の夜行発車ホームめざして駆ける。

発車数分前に、缶ビールを買い込んで、
なつかしい「きたぐに」に突入。

20111007tateyama-001.jpg

平日とあって、車内はガラ〜んと、ワンボックスを贅沢につかっての旅。

20111007tateyama-002.jpg

4:30頃、きたぐには音もなく富山駅に停車。
富山地鉄の始発を1時間ほど待ち、アルペンルートの起点、
立山駅に降り立った。

が、ここで最初の衝撃。
なんとケーブルカーが故障で、代行バスの振り替え輸送をするとのこと。
これが波乱万丈の山歩きの幕開けであった。。。

手に入れた乗車整理券は7:10の便だが、その第2便の数台が発車。
しかしアルペンルートでは凍結箇所があるとのことで
第2便の後続バスが来ない。

今日の行程を考えると、ちょっと焦りが。。。

計画から30分ほど遅れて室堂のバスターミナルに到着。

しかも、快晴の天気予報は見事に裏切られ、
室堂は吹雪いているではないかっ!

20111007tateyama-003.jpg

あわてて雨具を着て、ツルツルすべる雪道を、
雷鳥沢目指して歩き出す。
視界は20mもあればいいほうだろうか。

まさかの展開の連続に、動揺しつつも
転倒しないように慎重に歩いていたら、
みくりが池温泉近辺の道で、向こうから来る
女性2人パーティの先頭の方が、


「げんさん? ですか?」


「・・・・」

(吹雪で雨具のフードもしているし、
 顔がわかりにくいのもあったのだが、見覚えが・・・ない・・・)

なんと、立山駅で「ケーブルカーまさかの故障・・」とツイートしていたのを
雷鳥沢のテント場で受信し、DMくれていたとのこと。
(私が昨夜の仕事場からダッシュだったので、ほとんどスマホの
 バッテリーがなかったので、返していただいたメッセージを見れなかったのだ)

しかし、なんで顔がわかったのか・・とお尋ねすると、
今年の3月ごろに放映された「めざましどようび」をご覧になって
覚えていてくださったとのこと。

これまたビックリ!

この天候なので、初心者連れだったその方は、立山三山縦走をあきらめ
室堂から帰られるとのことで、お互いにお気をつけて、と別れる。

30分ほどで雷鳥沢のテント場到着。

ガラーン。

20111007tateyama-004.jpg

広大なテント場に、テントが数張り。
強烈な風が吹きすさび、テントが唸っている。

ここでテントをデポし、今日は仙人池ヒュッテで泊まって、
明日はテント場に帰還。
明後日に大日三山を縦走して下山する予定だ。

強風に飛ばされないよう、厳重にテントを設営。

20111007tateyama-005.jpg

画像ではわかりにくいが、右側からの強烈な風に、
フライシートのファスナー部分のベルクロもめくれてしまったw

不要な食料や荷物をテントに放り込んで、準備運動をし
いざ、剣御前へ。

20111007tateyama-006.jpg

稜線への道は、風も強く、時折あられのようなものが
横殴りに襲ってきて顔がイタイ。。。

岩も凍る。
これ、完全に冬山でっせ・・・

20111007tateyama-008.jpg

コースタイムで8時間ほどの仙人池をめざし、
必死で登ること1時間。

だしぬけに吹雪の中から大きな建物が現れた。

20111007tateyama-007.jpg

剣御前小屋だ。

このペースなら、仙人池までたどり着けそうだ。

とはいえ、この荒天。
息つく暇もなく、剣沢方面へと下る。

20111007tateyama-009.jpg

30分ほどで剣沢小屋到着。

20111007tateyama-011.jpg

小屋番さんに、かなり状態が悪いという剣沢雪渓のルートを
詳細に教えてもらい、日没ギリギリになるなと考えつつ、
雪渓への道を下りだす。

20111007tateyama-010.jpg

しばらくは雪のついた夏道を下り、
途中で雪渓を横切るルートだ。

ここらあたりから雪渓に降りる、というポイントで、
ツルツル一枚の大岩があり、そこで事件発生。

やってはならないところで足を滑らせ、
まっさかさまに滑落・・・

というところで、右手がかろうじてフィックスロープにかかり
3mほど落ちて止まる。

このままいったら、雪渓の下まで落下したかもしれない・・・

右足を強打したらしく、思うようにカラダがずり上げられない。
しばし痛みをこらえて、ようやく岩の上に這い上がった。

コースを取り直し、雪渓の下降点へ。
ここで13時前。

うーん、剣沢小屋からの凍結した道と、
アクシデントに時間を食いすぎた。

ここから状態の悪い雪渓と、小屋でも状況がわからない
と言われた雪渓沿いの夏道をいき、そこから
歩いたことのない山道がコースタイムで5時間あまり。

4時間くらいに短縮する自信はあったのだが、
日没してこの吹雪だと、小屋に多大なご迷惑がかかるかもしれず
なにより、この足が最後までもつか心もとない。

しばし黙考し、踵を返して剣沢小屋へとルートを引き返す。
ここは単独行の鉄則、荒天で無理な賭けはしてはならない。

ここまできて無念は募るが、万が一の社会的迷惑を考えると
断念せざるをえなかった。

剣御前小屋までなんとかたどり着くと
仙人池ヒュッテさんに状況を連絡し、キャンセルのお詫びを電話。

悔しさがまたこみ上げるが、小屋番さんのやさしい応対に救われ
トボトボとテント場にむかって雷鳥坂を下りだす。

絶対行ける!と思っていた登りであれほどのパワーを発揮した足も、
目標を失って、一気にペースダウン。
人間、モチベーションって大切だなぁ。。。と
いまさらながらのことを考えつつ、雪が固まってツルツルになってきた
登山道をヤケ気味に下る。

真っ白な視界の中、打ちひしがれ、
下りに1時間もかけて雷鳥沢のテント場まで戻ってきた時
目の前で奇跡が起こった。

20111007tateyama-012.jpg

あっ!青空がのぞいた!!!


この後の劇的な天気の変化と、初日敗退のひとり残念宴会はまた。

(つづく)

アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif


posted by げんさん at 12:25 | 東京 ☀ | Comment(18) | TrackBack(0) | 北アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まずはご無事でなによりでした、おかえりなさいませ。
初日のつぶやき見て、すぐに立山のライブカメラ見たら・・・吹雪いてたので心配していました。
今年の立山は荒天なんですかねー?

仙人池ヒュッテのおかあさん、魅力的ですよね。
一度でいいから行ってみたい、と思うものの、
私の足では無理なところ。
げんさんのレポで!と思ったら・・・無念の・・・
残念でしたね、心中お察し申し上げます。
でもまたの機会がありますよ!

続きも楽しみにしています。

Posted by cyu2 at 2011年10月11日 13:02
なんとも、読ませますね〜ドキドキ♪
でもね、げんさん、真砂沢から仙人新道で
仙人峠まで、これけっこうキツいですよ
悔しいのは分かりますが、このコンデイションじゃ
撤退が正解ではないでしょうか
でもアレですね、雷鳥沢にデポって、なかなか
いいアイデアですよね
私は扇沢⇒真砂沢⇒池ノ平⇒仙人⇒阿曽原⇒扇沢
なんて周回でやっつけました(ご参考まで)
Posted by スロートレック at 2011年10月11日 15:03
げんさん お帰りなさい!
ご無事で何よりです・・・

それにしても室堂はすっかり冬じゃないですか!
ケーブルカーの故障も心配していましたが
このお天気じゃ撤退を決めて正解だったのでは?
それに・・・げんさんまで転んじゃったなんて(涙)
あの雪渓を転がり落ちなくて良かった!
ハラハラドキドキですね・・・

この日だけお天気悪かったのではないのかな?
北穂から見えてたそちらの方は晴れていたような。

下の廊下でも地震で崩落して亡くなった方もいたとか・・・
何よりもげんさんが元気で帰ってこれてよかったです♪

続き楽しみに待ってますね!
Posted by 矢車草 at 2011年10月11日 18:21
なんだか、壮絶な山行記を読んでいる気分です。
ご無事で何よりでした。
金曜日がこんな冬の様相になっていたとは
驚きました。
この雪では裏剣の紅葉も今年はいまひとつ
だったのでしょうか…
私もいつかは、見に行きたいと思っています。

ハラハラドキドキの前編でしたが、
続きはどうなるのでしょうか?
山メシも楽しみに待っています。
Posted by yuki at 2011年10月11日 19:27
天気悪くて残念ですねー。
実は私も紅葉の裏剣を狙ってましたが天候から中止
しました。(悔)
今年は地震や台風やらで山道は崩壊している場所が多いみたいですね。
剣沢雪渓、大事に至らなくてよかったです。
Posted by ケン太 at 2011年10月11日 22:42
げんさん、お帰りなさい&ご無事で何よりです。
裏剱、私もいつか行ってみたい所の一つですが、厳しいルートなんですね。。

そして、目標を失った時のペースダウン、お気持ちとってもよくわかります。
私も先月、悪天候で剱岳登頂を断念した帰り道は足取りが重くて重くて^^;

行きたい場所への思い入れがあればあるほど悩んでしまいますが、
こんな悪天候では撤退する勇気も大事なんですね。
私もげんさんのように正しい判断を下せるよう心がけたいです。
きっと来年、ぜひリベンジして下さいね!
Posted by きょこ at 2011年10月11日 23:50
げんさん、ご無事で何よりでした。
それにしてもすごい行動力!
仙人池ヒュッテ、私も魅力的で一度行ってみたいとずっと思っていました。
げんさんならまたいつでもチャンスありますね。
無理しないで楽しんでくださいませ。
私などは普通のところでつまずかないように気をつけるお年頃(笑;
若いから頑張れるでしょうけど、絶対に無茶してはダメですよ。
山めしどんなのだろう?つづき楽しみにしています♪
Posted by sanae at 2011年10月11日 23:51
>cyu2さん
コメントありがとうございます!

前日が出張で、あまり情報収集できないまま
下界の天気予報(山岳天気予報も晴れだったのですが)を見て
行動計画をしていたので
この季節、そのあたりに油断があったのかもしれません。

仙人池ヒュッテからの裏剣、必ずリベンジしますよー。
Posted by げんさん at 2011年10月12日 04:39
>スロートレックさん
コメントありがとうございます!

そうなんですよ。
真砂沢から仙人峠までの山道の様子がわからなかったので
そこがもう少しクリアなら、
判断に迷わなかったのではと思うのですが。。。

それにしても扇沢からのぐるリップ、
壮大なプランですねー。
Posted by げんさん at 2011年10月12日 04:42
>矢車草さん
コメントありがとうございます!

そうなんですよー。
矢車草さんに続き、立山でのスリップ。
私の場合は絶対にしてはならないところで
やってしまいましたが・・

雷鳥沢でお会いしたフォロワーさんも
前日けっこう地震が怖かったとおっしゃっていました。

あの先もすすんでいたら
何が起こったかわかりませんもんね。

リベンジリストに行き先が増えました(笑)
Posted by げんさん at 2011年10月12日 04:46
>yukiさん
コメントありがとうございます!

どうも今年は紅葉の前に雪が降りて
赤い葉っぱが全滅みたいでした。。。
残った葉も色が全然鮮やかになっていなくて・・

また来年の紅葉に期待です!
Posted by げんさん at 2011年10月12日 04:48
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

ケン太さんも計画されていたのですねー。
やはりみなさん、仙人池ヒュッテと
紅葉の裏剣に憧れるんですねー。

今回は運よく連休前に一日休みが確保できたので
ココしかない!と思ったのですが、
これが裏目でした。

今年は自然災害の爪あとが、山でも多く見られますね。。。
Posted by げんさん at 2011年10月12日 04:51
>きょこさん
コメントありがとうございます!

きょこさんも・・・
仙人池、やはり人気ですねー。

いまになって冷静に考えれば、
あのまま進んでいたらどうなっていたか。
あのプチ滑落が天からの戒めだったのかもとも。

思い入れと過剰な自信が
判断を鈍らせることもあるなぁ、と反省です。
Posted by げんさん at 2011年10月12日 04:56
>sanaeさん
コメントありがとうございます!

sanaeならてっきりもう行かれているかと思っていました。
ここしばらく、日帰りのロングコースなど、
トレーニングに余念がなかったぶん
気持ちにおごりがありました。

山はやはり謙虚にいかねばなりませんね。
しばらくはおとなしく山歩きしようと(笑)
Posted by げんさん at 2011年10月12日 04:59
憧れの紅葉スポット、裏剱!!!
いつかというか、あいまいでなく絶対いくと決めてる場所です(^∀^)

でもまさかの吹雪とは!
ワタシなら室堂で速攻小屋泊まりに切り替えそうです。

あの雪渓をどこまでも滑落じゃなくって
ほんとによかったです。
強打された右足はもうだいじょうぶですか?

げんさんのチャレンジャー精神はすごいけど
命にかかわるムリはしないでくださいね。
山にいけなくなっちゃいますから!

宴会レポ楽しみにしてます♪
Posted by くっきー at 2011年10月13日 07:59
まずはご無事でなによりです。
読んでてハラハラドキドキしました。
雪渓の穴に落ちたらタダでは済みませんからね(><)想像するだけでゾッとしました。
ほんと、止まってよかったです。

裏剱は私も行きたいエリアです。
今年は2連休だったので、あきらめてましたが、それでも、強行軍で室堂から1日で仙人池へ…と考えていたほどです。

それにしても金曜日がこれほど悪天候だったなんて…山の天気は分かりませんね。
Posted by こまち at 2011年10月13日 18:14
>くっきーさん
コメントありがとうございます!

くっきーさんも、裏剣!
んー、人気絶頂(笑)

小屋に予約をいれるなんて、めったにないこと
(そもそもいつもテント・・・)なので
使命感があったのもあり、
吹雪の時点ではなんの迷いもなかったのですが、
さすがに滑落はこたえました。。。
Posted by げんさん at 2011年10月14日 04:46
>こまちさん
コメントありがとうございます!

落ちたときはほんとにビビリました。

こまちさんも裏剣。。。
ますます人気。

いつかはきっと。。。と
ふたたびココロに誓っています。

山の天気、ほんとにわかりません。。。
Posted by げんさん at 2011年10月14日 04:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。