TOP 北アルプス 夏山 秋山 >遥かなり栂海新道

2011年09月05日

遥かなり栂海新道

朝日小屋のうまい夕食をいただき、
明日の長丁場に備え、夢にまで見た栂海新道のことを思いつつ、
早めに眠りに。

ところが、夜半からバケツをひっくり返したような激しいしい雨音。
それから夢うつつの中で、ずっと考え続けていた。

(ほぼ山歩きの記録ではないので、山の話題を期待しているかたには
  ココから先は無用の話です。。。)

この大雨の中、栂海新道を歩くことに意味はあるのだろうか。
長年想い続けてきた、憧れの縦走路。
天上の楽園とも言われる黒岩平の景色も見ずに、
黙々と日本海を目指して歩くだけの山行は、
果たしてそれが自分の山歩きだろうか・・・

なんのために山を登るのか、そんな根本的な問いを
つきつけられたような気分だった。

この道を歩いたら、おそらくもう一度来ようとは思わないだろう。
(経験者はみんなそうおっしゃっていた)
そんな予感がしていた。

だから今日は決断の時だ。

午前3時起床。
同じ部屋の方を起こさないよう、そっと布団をたたみ、
忍び足で部屋をでて、階段の踊り場のザック置き場にあらかじめ
だしておいたザックをもって階下の自炊場へ。

いずれにせよ、この雨の中、ろくに食べることもできないだろうから
チキンラーメンにチーズケーキとミルクティーという
ハイカロリーな朝飯を手早く済ませ、
完全防水パッキング。

ストレッチにスクワットも終えて、外の雨をうかがうが
いっこうにやむ気配はない。

しかたがないので、ヘッドライトを点け、4:30に小屋を出る。

たたきつけるような雨の中、真っ暗な道をライトで照らしつつ
朝日岳へと登っていく。

道は昨夜からの大雨で、ところどころ沢、いや、滝になり
ザブザブと水を蹴散らしながら歩を進める。

5:15 朝日岳山頂。
カメラをだすこともできず、展望もないまま
吹上のコルへ。

5:45 吹上のコル。
西風強く、やはりたたきつけるような雨。

しばし黙考。

長年の夢であった栂海新道を、この天気の中
黙々と歩くことは、やはり自分の山歩きではない。
夢をいましばらく持ち続けよう。

あのムーンライト信州号のチケットを手に入れたときから
昨日、思いもかけない晴れ間に狂喜したとき、
そして、栂海新道を夢見て眠りについた昨夜まで、
いい夢を見させてもらったことに感謝だ。

雨の中、ここだけはと、最後の写真を撮って
蓮華温泉への道へと下っていく。

tugami20110821-999.jpg

遥かなり、栂海新道。
このフレーズだけが頭の中に浮かんでは消えていた。


蓮華への下山をしつつ、歩いているうちに天気は回復するのではないか
もしかしたら晴れ間だって・・・
さまざまな想念が頭を駆け巡り、
何度も何度も雲に隠れた朝日岳を振り返る。

なんとも未練がましい。。。

雨水で沢のようになった道に足をとられ、
木道で何度も滑りそうになりながら
しゃにむに蓮華へと。

やがて雨は小降りとなり、花園三角点あたりでは
花も咲き、眼下には蓮華までの山並みがひろがってきたが
ついにカメラを取り出すことはなかった。

オレの夏山は終わったのだ・・・



<以下、無用のことながら・・・>

翌朝、平岩駅から、大糸線の始発に乗って松本へ。
川霧の湧く車窓を眺めながら、ぼんやりと栂海新道のことを想う。

なんだか、夏が終わったような、
心にポッカリ穴が開いたような気持ち。

県大会に敗れ、甲子園への夢がついえた
高校三年生のようなものだろうか。

何をしていいのかわからない。

今の自分にピッタリな、キースジャレットのソロアルバム、
The Melody At Night, With You 」を聴いていたら、泣けてきた。

大きな自転車を担いで、乗り込んできた
輪行の学生たち。

そういえば、昔々、立山から薬師岳、折立まで縦走したとき
帰りの北陸本線の普通列車で同じように
輪行のかわいい女子学生と乗り合わせたことを思い出した。
何を話したわけでもないけど、妙に心がうきうきしたっけ。

残念ながら、今はそんなことを考える気力もわかないが。

無念と想い出と、空虚な心をのせて大糸線は走る。

松本であずさに乗り換え、東京へ。
いつもならここでいそいそとビールを買い込んで、
お弁当はどしよう・・・というところだが
なすすべを知らず、JAZZだけを聴きながら
ひとりボーっと車窓に向かい、見るともなく景色を眺める。

よっぽどはた目から見ても落ち込んでいたのだろうか、
心配そうに、でも笑顔で車掌さんが声をかけてくれた。

山形新幹線で、危篤の家族の病院に向かうお客さんと一緒になって
号泣したという、伝説の社内販売員、茂木久美子さんのことを思い出した。

ああ、なんていい人。
電車にはそれこそいろんな事情の人が乗っていて、
それをいつも見ているんだろうな。。。

たかが自分が決めた下山という選択肢で
何をしていいかわからなくなっている自分が恥ずかしくもあり
人の心に明かりを灯してくれる、見ず知らずの人がいる、ということに
感動して、萎えていた心が救われる思いだった。

あずさ号の車掌、Sさん。
最後は立川で降りるときまでデッキで見送ってくれた。
もちろん、ガラガラの車内だったからこそでもあるのだけれど
そんな心遣いと、お客さんへの明るい応対を見て
元気がでてきた。

そうだ。高校三年生の夏は一回しかないけれど、
栂海新道は来年もある。

そんなふうに思わせてくれた、Sさんに感謝。


アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif



posted by げんさん at 12:03 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | 北アルプス 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーーーん、げんさんのお気持ち、すごくよく解ります。なんか泣けてきちゃいました。
何度も何度も振り返りながらの下山・・・
私も3年前、初めての北アで嫌われちゃって下山。
その時の気持ちと良く似ています。
(私のルートとげんさんのルートは子供とオトナぐらい違うから、解ります、なんて言えるほどのものじゃないのですが(^^;;)

>たかが自分が決めた下山という選択肢で
何をしていいかわからなくなっている自分が恥ずかしくもあり
人の心に明かりを灯してくれる、見ず知らずの人がいる、ということに
感動して、萎えていた心が救われる思いだった。

そうなんですよね、自分が決めたのに。
だからこそ悔しくて、悲しくて。
私も下山後、優しく声をかけてくれた中房温泉のおにいちゃんに救われました。
そのお兄ちゃんとは昨年秋、再び会うことが出来、良い天気でリベンジできました。

自分流の楽しみ方を貫く事・・自分の山歩きなんだもん、それでいいと思います!
次はきっと、今回の悔しさ分が何倍にもなって返ってきて、最高の感動が待ってますよ!絶対に♪

Posted by cyu2 at 2011年09月05日 16:37
行けない道がある、行けない時がある。

憧れの栂海新道は、僕もいまだ叶わず。

行けるときが来る、行くべき時が来る、そう思って恋焦がれています。
いつの日かきっと。
げんさんも、きっとその日が来るのだと思いますよ。
お互いいつの日か!
Posted by 食う寝るさんだ〜す at 2011年09月05日 18:19
じん、って来ました
My Wild Irish Rose
さぞかし胸に響いたことかと。
いい夢を見た夏・・・
そんな言葉で現わせられる夏があるって、ステキですよ。

>栂海新道は来年もある。

はい、有ります、いつまでもあります
同じく遥か親不知への道を憧れる私からも一言
お互い、いつの日か。
Posted by スロートレック at 2011年09月05日 20:57
げんさん・・・

20年来の夢のトレイルですもの
絶対に素晴らしい景色や
海を眺めながら歩いて欲しかったので
下山したとお聞きした時ホッとしたのも事実です

でも後ろ髪引かれるような思いでの下山
ツライ歩みではあっただろうと心が痛みます

私達でさえ やっぱり鑓温泉まで行けたんじゃないかって
大雪渓を下りながら心残りでしたから・・・

お天気だけは私達にはどうしようもないですものね
きっと再チャレンジの時は素晴らしい天気が迎えてくれますよね♪
Posted by 矢車草 at 2011年09月06日 09:13
あのときは本当に最悪な天気でしたもんね。
でも無事に下山できたのがなによりです。
月並みですが、山も栂海新道も逃げません。
かならず快晴のチャンスは廻ってくるし、そのときはきっと今回のことがあったからこそ
より素晴らしい達成感が待ってるはず!
だって、山メシレポがないなんて
やっぱりげんさんらしくないしね!
Posted by くっきー at 2011年09月06日 11:20
>cyu2さん
コメントありがとうござます!

> そうなんですよね、自分が決めたのに。
> だからこそ悔しくて、悲しくて。

また泣けてきました(笑)

そうですよね。山は自分流の楽しみ方、
それぞれのスタイルがあってですよね。

ありがとうございます。
なんだか元気出てきました。
Posted by げんさん at 2011年09月07日 04:31
>食う寝るさんだ〜すさん
コメントありがとうございます!

恋焦がれている山がある。。
だけでも幸せなのかもしれませんね。

お互いいつの日か!
Posted by げんさん at 2011年09月07日 04:33
>スロートレックさん
コメントありがとうございます!

> いい夢を見た夏・・・
> そんな言葉で現わせられる夏があるって、ステキですよ

じんと胸に来るお言葉。。
感謝です。

お互い、いつの日か。
Posted by げんさん at 2011年09月07日 04:35
>矢車草さん
コメントありがとうございます!

そう言っておただけると、自分の決断が
やはり正しかったのかな・・・と
背中を押してもらった思いです。

前にすすむしかないですもんね。

必ず、リベンジします!
Posted by げんさん at 2011年09月07日 04:38
>くっきーさん
コメントありがとうございます!

> より素晴らしい達成感が待ってるはず!

そうですよね。
その通りですよね。

> だって、山メシレポがないなんて
> やっぱりげんさんらしくないしね!

ありがとうございます!
やはり自分らしい山歩き、それだ、ってあらためて思いました。
Posted by げんさん at 2011年09月07日 04:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。