TOP 八ヶ岳 夏山 秋山 >行者小屋〜赤岳〜横岳〜天狗岳〜稲子湯 縦走

2011年07月26日

行者小屋〜赤岳〜横岳〜天狗岳〜稲子湯 縦走

さて、行者小屋テント場でのひとり宴の後、
ぐっすり眠って2時半に起床。
空には煌々と月が輝いている。

思わずガッツポーズをしつつ、静かにテントを撤収し、
3時半に行者小屋を後にした。

暗いが、月明かりでうっすらと見える森の中のトレイルを
ヘッドランプを点けながら、地蔵尾根めざして登っていく。

20分ほどで最初のハシゴ。

重たいザックを背負っているので、鎖場を慎重に通過。
50分ほどで地蔵尾根から稜線に飛び出した。

カメラをだして、夜明けの瞬間を待つ。

yatu20110717-001.jpg

静まり返った雲海の向こうに
だんだんと東の空が茜色に染まり、

yatu20110717-002.jpg

やがて、日が昇った。

yatu20110717-003.jpg

この瞬間はいつ見てもたまらない。

yatu20110717-004.jpg

赤岳が紅に染まり、

yatu20110717-005.jpg

阿弥陀岳のてっぺんに日が差し込む。

yatu20110717-006.jpg

ああ、山の夜明けだ。

yatu20110717-007.jpg

しばらく夢中でシャッターを切り、
おもむろにサブザックに水や非常パックだけを詰めて、
赤岳の山頂を目指す。

朝の凛とした稜線の空気の中、
こんなところを登っていくのだから、
ひさびさの山の夜明けに、心が震えるくらいだ。

yatu20110717-008.jpg

頂上直下で振り返ると
昇りゆく太陽に、雲海もざわめきはじめた。

yatu20110717-009.jpg


赤岳山頂はすぐそこ。

yatu20110717-010.jpg

5:10 赤岳山頂到着。

yatu20110717-014.jpg

眼下に広がるのは、権現岳と雲海の向こうの甲斐駒、北岳、仙丈ケ岳。

yatu20110717-011.jpg

歩いていけそうなくらいの雲海に浮かぶ富士山。

yatu20110717-012.jpg

遠く北アルプスの槍ヶ岳や、穂高連峰も、
くっきりと見ることができた。

yatu20110717-013.jpg

すっかり夜明けの景色を堪能し、
赤岳の山頂を出発、地蔵尾根のアタマにデポしていたザックを背負い、
横岳へと歩を進める。

yatu20110717-015.jpg

ハシゴと鎖場を慎重に通過。
やがて、前方に横岳が見えてきた。

yatu20110717-016.jpg

6:45 横岳山頂到着。

yatu20110717-018.jpg

ここからの富士山もいいですな。

yatu20110717-017.jpg

硫黄方面からの団体さんでごった返す横岳の山頂を
そそくさと通り過ぎ、再び下りの鎖場を慎重に越え、
いままでの険しい山稜とはうってかわった、
なだらかな道を硫黄岳に。

yatu20110717-019.jpg

7:55 硫黄岳山頂。

yatu20110717-020.jpg

この登りですでに滝のような汗。
じりじりと焼かれるようなピーカンの暑さがせまってくる。

赤岳、阿弥陀岳、横岳に別れを告げ、

yatu20110717-021.jpg

めざす天狗岳方面の稜線。

yatu20110717-022.jpg

硫黄岳の山頂には夏雲が湧き、

natuyama20110719-001.jpg

山ガールも、山男も、
夏山気分満開だ。

yatu20110717-023.jpg

いつもなら烈風に苦しめられる硫黄岳から夏沢峠への下りも、
そよ風程度の微風で、暑さも満開。

夏沢峠から硫黄岳を振り返り、

yatu20110717-024.jpg

根石山荘方面へ、森の中へとはいっていく。
日影がなんともありがたい。

根石山荘前で見たコマクサ。

yatu20110717-025.jpg

この頃になると、昨年もそうだったのだが
なぜか雲が多くなり、景色と引き換えに暑さが少しましになる。

根石岳から、東天狗岳方面。
佐久側からガスが湧き上がってきた。

yatu20110717-026.jpg

最後の天狗岳への登りで汗をかき、
もうすぐ山頂だ。

yatu20110717-027.jpg

10:40 東天狗岳山頂。

yatu20110717-028.jpg

これで主要な峰はすべて縦走し、あとは下るだけ。
大休止して水を飲みつつ、行動食をほうばる。

11:50 中山峠。

yatu20110717-029.jpg

中山峠の急な斜面を、静かな森の中へとおりていく。

さっきまでの八ヶ岳主稜の賑わいとは別世界の
すれ違う人も数えるほどの道。

yatu20110717-030.jpg

みどり池だ。

yatu20110717-031.jpg

しらびそ小屋、12:50 到着。

yatu20110717-032.jpg

香ばしい匂いと、小屋から立ちのぼる薪ストーブの煙の風情に負け、
ふだんあまり飲めないコーヒーをいただく。

あとは、稲子湯まで、しらびその森を鼻歌交じりに歩いていく。

yatu20110717-033.jpg

そういえば、初めて八ヶ岳に訪れたのは、ん十年ほど(?)前。
その時も美濃戸口から南沢に入ったのだが、大雨で沢が洪水となり
ほうほうのテイで撤退、翌日もとても沢筋は歩けないと山小屋の人に言われ、
大阪から夜行を乗り継いでせっかく八ヶ岳まできたのだから・・と
電車で反対側の稲子湯に大回り。

その日は稲子湯にやっかいになり、翌日晴天の中、
一面湖の中になったような道を、この中山峠まで上がってきたっけ。

その時に、見た、水の中に見えるこのトロッコの軌道は
いま思い返せば千と千尋の神隠しにでてくるような
水の中の線路だった。

yatu20110717-034.jpg

当事まだ若くて感受性の豊かだった(?)私に、
いろんな思い出を刻んでくれた山道だ。

そうこうしているうちに、沢に合流。

yatu20110717-035.jpg

あとは稲子湯へ、森の中の道をラストスパート。

14:30 稲子湯へ到着。
ちょっと暑さに負けてペースが遅かったが、
行者小屋から行動時間11時間。

夜明けの心震える景色から、真夏の雲湧く山頂、
じりじりと焼けるような太陽・・・
八ヶ岳の魅力満開だった夏山シーズンの開幕であった。


アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif
posted by げんさん at 12:02 | 東京 ☀ | Comment(16) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ん〜〜〜最高の天気の日に登れて最高でしたね!!
朝の空の色も素敵だけど、雲海に浮かぶ富士のなんて端整なこと。何度見ても美しい。
夏富士、ですね(^^♪

テントザックでここを縦走ですかー、羨ましい。
忙しい毎日なのにこのパワー・・・秘訣はやはり・・(笑)

あ、山めしのほうにコメ入れて何度かはじかれたみたいなので、
後になっていくつも書き込まれていたらスイマセン。




Posted by cyu2 at 2011年07月26日 14:28
赤&阿弥陀を狙ってますが
もうこんなレポの美しい写真見ると
お天気の絶対にいい日にしか行きたくないなって
思います♪
こんな美しい眺め楽しみに行きたいな(#^.^#)

それにしてもテント装備で11時間とは!
げんさんってホントにタフなんですねェ
私達はとてもとてもここをテント装備では歩けないですよ

陵線の美しさもさることながら
しらびそ小屋へのトレイルも魅力的ですよね
あ〜おじちゃんに会いに行きたいなぁ
珍しく珈琲飲んじゃいましたか!
私も普段は飲まないですけど 香りは好きなので
山ではたま〜に飲んじゃいます(^^♪

夜のお酒は美味しかったでしょうね(笑)
Posted by 矢車草 at 2011年07月26日 14:39
げんさん、こんばんは。

素晴らしい写真にうっとりです。
中でも、今回は雲海に浮かぶ富士山が好きです。
それと青空をバックにした 山ボーイ(山男)も♪

それから、みどり池も、トロッコ軌道も、しらびそ小屋も・・・って
全部ですが、行ってみたいです (^-^;)

こんなのを見せられちゃうと、山は絶対青空の日に・
って、思っちゃいますね。
Posted by はなねこ at 2011年07月26日 21:21
天気に恵まれ素晴らしい山行になりましたね。
赤岳の日の出、雲海の中の富士山、朝日に赤く染まる阿弥陀岳の写真・・どれを取ってもカレンダーにしたいくらいです。
八ケ岳は四季を通じて魅力的な山ですねー。
Posted by ケン太 at 2011年07月26日 22:16
>cyu2さん
コメントありがとうございます!

 > 夏富士、ですね(^^♪

夏富士、いいフレーズですね!
まさにそんな語感の景色でした。

 > 秘訣はやはり・・(笑)

はい。
山めしとビールです(笑)

山めしブログのほう、なぜかスパムが多くて
コメント承認制にしています。
ライブドア、承認制にしていることがわかりにくく
なんどもお手間をおかけしてすいません・・・
Posted by げんさん at 2011年07月27日 04:44
>矢車草さん
コメントありがとうございます!

11時間でしたが、夜明けのシーン、岩場、
ピーカンの青空、しらびその森・・・と
全然長さを感じさせない山旅でした。

ちょっと暑さと虫の多さには閉口しましたが。。

夜のビールの量ときたら・・笑
ご想像に。。。
Posted by げんさん at 2011年07月27日 04:47
>はなねこさん
コメントありがとうございます!

 > それと青空をバックにした 山ボーイ(山男)も♪

はい。エネルギッシュな青空と陽射しが
夏山!って感じでよかったです。

基本、八ヶ岳は冬が好きなのですが、
しらびそ小屋方面は秋も綺麗ですよ。
ぜひぜひおでかけください。
Posted by げんさん at 2011年07月27日 04:50
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

今回はほんとに天気に恵まれ、
ちょっと恵まれすぎて暑かったのですが
稜線の爽やかさは、夏山の醍醐味〜、て感じでした。

天に、山に、感謝です。
Posted by げんさん at 2011年07月27日 04:52
はじめまして。いつも私とは違うおいしそうなー食事をされているので、ずっと気になっていて読んではいたのですが、カキコは初めてです。

八ツいいですね。夏山万歳というかんじで!8月にどこに行こうかと迷っていたのですが、かなり候補の上位にあがりました。(^^)

今後ともよろしくお願いします。
Posted by 腹ペコ山男 at 2011年07月27日 10:59
>腹ペコ山男さん
はじめまして。
コメントありがとうございます!

腹ペコ山男さんのホームページ以前に
拝見したことがあります。

いつも八ヶ岳は冬がメインなのですが、
今回は天気にも恵まれ、夏山の楽しさマンキツでした。

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by げんさん at 2011年07月27日 23:21
出遅れコメントでスミマセン(汗)
連休は八ヶ岳を縦走されてたのですね〜
下山を稲子湯にするところがげんさんらしいです(笑)

そうそう、この夜も月が明るかったですね。テントの中で感じる月のあかりが、なんだか懐かしいというか、うれしかったな。

今回のレポはいつもにまして、力入っているかんじがしちゃったのですが、気のせいかな?(笑)
剣ヶ峰を越えたあとの山歩きだったらでしょうか(^-^)
よき山旅でしたね!
Posted by まゆた at 2011年07月28日 18:35
温度や匂いまで感じられそうな素敵な写真の数々ありがとうございます。
写真を前に、深呼吸してしまいました(^^;

テン泊装備担いで11時間ですか。
今夏、テン泊山行デビュー目標の私にはまだまだ、でしょうが、いつか辿ってみたいです♪
Posted by 221 at 2011年07月28日 20:29
>まゆたさん
コメントありがとうございます!

同じ月を見ていたんですね(笑)
ひさしぶりのテント泊で、珍しく興奮してました。

あの赤岳の山頂で、また想い出してしまいましたよ。
きっときょう、また何人もハマるひとがfっるんだろうなぁって(笑)

久々にガッツリ歩いて、カラダもスッキリでした〜
Posted by げんさん at 2011年07月29日 04:47
>221さん
コメントありがとうございます!

221さんの3連休は唐松岳だったんですねー。
北アルプスの空と、山と、花と・・・
ビールに癒されたんでしょうね。

テント泊デビュー、山めしのレポも
楽しみにしてますっ!
Posted by げんさん at 2011年07月29日 04:55
こんばんは。チーズケーキの日記から飛んできました(^^)

素敵な山レポをありがとうございます。
久しく八ヶ岳へ行ってないので、夏の八ヶ岳をガッツリ歩きたい気持ちが蘇ってきました。

写真がどれも素敵で・・・うっとりしました。
山っていいな〜
そう思わせてくれる素敵な日記でした。
また立ち寄らせていただきます。
Posted by こまち at 2011年08月20日 22:47
>こまちさん
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすいません。

お褒めいただいて、恐縮です。
ほんとにこの八ヶ岳の夏山はお天気に恵まれて、
自然と笑みがこぼれそうな楽しい山歩きになりました。

ぜひまた遊びに来てください。
Posted by げんさん at 2011年08月25日 16:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。