TOP 山の料理(アウトドア料理 レシピ) >雪の南御室小屋テント場で山めしディナー

2011年01月19日

雪の南御室小屋テント場で山めしディナー

さて、南御室小屋の雪に埋もれたテント場にテントを設営。

ho20110118-110.jpg

本日の山めしは・・・


南御室小屋のテント場には先客が2組。


ho20110118-103.jpg


まずは、雪の上に設営したテントに荷物を放り込み、水の確保を。
雪をとかさなければいけないかと覚悟してきたが、
南御室小屋横の水場はまだ生きていた。


ho20110118-101.jpg


雪に埋もれた水場は、湧水だけあって、手をつけても
空気より暖かい(笑)

山の恵みに感謝だ。


ho20110118-102.jpg


さて、テントに戻り、暖かい紅茶など飲みながら、
しばし読書でも。

ヒルティの「幸福論」。
京大の人気教授 鎌田浩毅教授の「座右の古典」の影響で
今年は古典をかじってみようと思い立ったのだ。(←単純)

こんな天気のいい雪山にこれたらそれだけでシアワセだけれど(笑)

どうも、日本人というのは年末年始になると
幸せになれる方法を探すみたいで、年末にこの本を探したら、
書店の店頭も、アマゾンも1巻目だけが全然在庫なくて入荷待ち、
みんなこの時期に一斉に手に取ったのだな、とすごくわかりやすかった。

さて、そろそろ本題の山めし。
本日の雪山ディナーの支度にかかる。

まずは、ビール向けの超お手軽な一品。

スイートコーンバター。

缶詰のスイートコーンの汁を別容器に移し、
ガーリックバターをのっけて、バーナーの弱火で温める。


ho20110118-106.jpg


おっ、熱くなってきて、テントの中にバターコーンの
香ばしい香りが満ちてきた。


ho20110118-107.jpg


プレモルも、スタンバイOK!


ho20110118-105.jpg


できたー。
零下の気温の中、軍手でないと触れないほど熱いバターコーン。


ho20110118-108.jpg


では、鳳凰三山の雪山と、山めしに乾杯ーっ!!


ho20110118-109.jpg


ぷはぁあああああ!!!!
喉にしみいるビール。

ガーリックバター風味のコーンバターが、
罪なくらいビールをすすませる。

さて、その間にこちらの材料を煮込んで。。。


ho20110118-115.jpg


赤ワインもいれまして、


ho20110118-110.jpg


カマンベールチーズもいれて、コクをだしますか。


ho20110118-111.jpg


本日の山めしメインは、フランスパンに牛バラ肉のシチュー。


ho20110118-112.jpg


ほとんど赤ワイン煮込みに近いけど(笑)
しかし、FAUCHONのデミグラスソースが深いコクを醸し出し、
なんとも温まる。


ho20110118-114.jpg


赤ワインもとまらん。。。
このイージーパックのワイン、かさばらず、重たくなく
保存性がよくて、ほんとに山では重宝する。

ho20110118-113.jpg


いや、久々に豪華な山のディナー。
心が豊かになりますなぁ。

食後もシュラフにもぐりこんで、幸福論の続きを読んでいたら
周囲はまだ夕餉のざわめきが各テントから聞こえていたのだけれど、
いつしかひとり、静かに撃沈していた(笑)


(つづく)


【ヒルティ 「幸福論」】
 【送料無料】幸福論(第1部)改版
 幸福は暇や余暇にあるのではなく、仕事を通じて誰かに愛情を注いだり、
 貢献したりする不断の努力と創意工夫のなかにあると説くヒルティの人生論に
 読みすすむ(読み終わる)のがコワくなるような感覚を覚えるほどの本。
 多くの人が名著と讃えるのが納得できた。
 もっと若いころに出会っていればと思わずにはいられないが、
 古典のいいところはいくつになってもそれなりの読み方と感動がある、
 ということなのだろう。

【山向け!イージーパックワイン】
 *1ケース9本入りフランスNO1ブランド J.P.シェネ イージーパック カベルネ・シラー 187ml【エ...


アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif

<お知らせ>
怪しいツアー回想録から独立(?)した、
燻製の記録が書籍化されました!
「男の手作り燻製」本日発売!

 
posted by げんさん at 12:08 | 東京 ☀ | Comment(15) | TrackBack(0) | 山の料理(アウトドア料理 レシピ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
幸せなひと時いいですね〜♪
極上メニュ〜ですよ!
こういう時にバッタリしたい(笑)
で、この続きなんですね、問題は・・・^^;
Posted by sanae at 2011年01月19日 21:36
コーン缶にバターを放り込んで・・
なんともワイルドかつ合理的な
げんさんの山メシスタイルに脱帽!
うーん、こうゆう山メシに呼ばれてみたいです。
まず、冬山登る体力つけなきゃですね・・。
Posted by ケン太 at 2011年01月19日 22:08
はじめまして。
数年前から拝見させて頂いてます。
山めし、JAZZ、本と常にカッコいい
ですね。
気後れしてコメントさせていただく
こともありませんでしたが、今回は
勇気を持って(?)コメントします。

実はテン場先客2組の内の1人です。
その時間、緑のテントにおりました。
たぶん、翌日は薬師方面から下山され
ているときに、ご挨拶しているかと思
います。

次回何処かでお会いできたら、是非、
お声掛けさせていただきますので、
よろしくお願いします。
Posted by しば太郎 at 2011年01月19日 23:52
>sanaeさん
コメントありがとうございます!

今回は洋風にしてみましたが
たまには豪華気分でいいものです(笑)

ホント、またどこかでバッタリしたいですねー。

問題は・・・。
はい。翌日のヘマでした・・・
Posted by げんさん at 2011年01月20日 04:51
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

バターコーン、いつかやってみようと温めていたアイディア(というほどおおげさでもないですが・・笑)です。

うまくいくとは思っていたんですが、
実際においしいと、零下のテントの中で
ひとり笑いがこみあげてきて・・

ちょっとアブナイですね(爆)
Posted by げんさん at 2011年01月20日 04:54
>しば太郎さん
はじめまして。
コメントありがとうございます!

南御室小屋テント場のあのグリーンのテント・・
覚えております!

寒かったですねー。
そして翌朝の風の強さ。

すれちがっていたなんて、
ぜひぜひ今度おあいしたらお声がけください!

いつも拙ブログをお読みいただいて
ありがとうございます!
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by げんさん at 2011年01月20日 05:00
げんさん、おしゃれすぎますよ!
むむぅ、ぐぐぅ。じゅるり。

イージーパックのワイン大量買いしようかな・・・
でも家にストックがあると家で呑んでしまいますし・・・悩ましすぎます!
Posted by カワム at 2011年01月20日 06:59
缶詰で作るバターコーン!!
これは美味しそうですねぇ。
中の水分が重たいですけど
他の料理に使う水を運んだと思えばいいんですものね。
シチューとパンとワイン…お洒落な山メシですね〜〜〜!!
Posted by akemi at 2011年01月20日 11:06
なんて豪華なんでしょう!
雪の中…贅沢な夜ですね(*^_^*)
憧れますけど冬のテントは無理だなぁ

お洒落なげんさんの夕餉に乾杯♪
Posted by 矢車草 at 2011年01月20日 11:11
う〜、美味しそう!
いっつも、手を抜かないげんさんに脱帽です。
「お手軽」って書いてあるメニューも一工夫あって、
美味しそうなんですもん。
翌日何があったんでしょう?
続きが気になります〜(^^
Posted by To-ko at 2011年01月20日 23:52
>カワムさん
コメントありがとうございます!

イージーパックワイン、この容器ほんとに山向きです。
おっしゃるように、いつも常備していたい気分ですー。
Posted by げんさん at 2011年01月21日 04:42
>akemiさん
コメントありがとうございます!

缶詰バターコーン、こんな簡単レシピですけど
信じられないウマさです。

久々に洋風メニューの山めしでしたが
なかなかオツでしたー。
Posted by at 2011年01月21日 04:45
>矢車草さん
コメントありがとうございます!

山のシチュー。とっても温まりました。
赤ワインも相当入ってますし(笑)

乾杯ありがとうございますー!
Posted by げんさん at 2011年01月21日 04:47
>To-koさん
コメントありがとうございます!

山なのでいえおいろ制約も多いですが
その分、なんとかビールのアテを作ろうと
萌えて、もとい、燃えてしまいます(笑)

翌日の結末。あっけなすぎて・・
書くのがコワくなってきました(笑)
Posted by げんさん at 2011年01月21日 04:52
山でのビーフシチューうまそすぎです。

また冬場に湧水があって水作りから解放されるのは最高ですね。

南アルプスの湧水はホントうまいですね
うまい水を作ってくれる森が料理も引き立ててくれますね。
Posted by junkjewel at 2011年10月11日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif