2010年12月01日

御坂黒岳

御坂黒岳。


kurodake20101121-008.jpg


久々に間近に富士山を眺めながら一杯やりたくなり
富士五湖の山、御坂黒岳へ。

晩秋の一日、早朝の中央線から、富士急に乗り換え、
富士吉田駅まで。

甲府行きのバスに乗り込み、三ツ峠入口で降りれば
そこが、御坂黒岳の登山口だ。


kurodake20101121-001.jpg


準備運動をすませ、いざ御坂黒岳へ。
最初の林道から、この場所で山道に入る。


kurodake20101121-002.jpg


晩秋のおだやかな日差しの中、
気持ちのいい山道をゆったりと登っていく。


kurodake20101121-003.jpg


御坂峠まで半分くらい登ったところで、落葉した木々の合間に
おおっ!、雲の上に顔をだした富士山!


kurodake20101121-004.jpg


この時点でかなり興奮。
御坂黒岳の山頂から、この絶景を眺め、一杯やることを考えると
足どりも軽くなるというものだ。

この山道は、古の峠越えの道なのか、
多くの人が歩いてきたような、山道としては幅の広い
よく踏まれた道。


kurodake20101121-005.jpg


うららかだなぁ。

やがて、御坂峠に到着。
小屋はかなり昔に閉められたみたい。


kurodake20101121-006.jpg


御坂峠からも、御坂黒岳へ向かう、なだらかな稜線の道を。


kurodake20101121-007.jpg


途中からは、岩場も少しでてくるが、
どうということはない。

などと思っていたら、にわかに空は雲が湧き、
上空はすっかり青空が消えてしまった。。。

果たして頂上からの富士山は拝めるのか・・・

やがて、御坂黒岳山頂へ飛び出す。


kurodake20101121-008.jpg


山頂はこの小さな広場のようなところなのだが、
眺めはないので、3分ほど南側に下った富士山のビューポイントへ。

残念ながら、河口湖はきれいに見えるのだが、
富士山はすっかり雲に覆われ、がっくり。


kurodake20101121-019.jpg


気をとりなおし、山メシランチの支度を。

御坂黒岳の山頂ランチは、富士山を見ながらと思っていたので
ちょっとはりこんで、山の牛鍋。


kurodake20101121-009.jpg


黒毛和牛の切り落としに、豆腐、舞茸、九条葱・・・

この舞茸がまた、ええんですわ。


kurodake20101121-010.jpg


この黒毛和牛の切り落としも、とってもやわらかそう。。


kurodake20101121-012.jpg


煮立ってきたら、できあがり〜。


kurodake20101121-011.jpg


雲の向こうの富士山と、牛鍋に乾杯☆


kurodake20101121-014.jpg


くーぅぅ〜、
五臓六腑にしみわたるぅ。。。

おっ!!
この乾杯の勢いで、雲が切れたかっ!!


kurodake20101121-013.jpg


ほんの一瞬であったが、劇的な富士山の再来に気分もよくなり
(大方ビールのせいだと思うが・・笑)

牛鍋ときたら、コレでしょう、と持参した赤ワイン。

しかも、これ、缶でも紙パックでもない、
山のために開発されたとしか思えない、イージーパック。


kurodake20101121-015.jpg


キャップもしっかり閉まるし、


kurodake20101121-016.jpg


なにより、軽いっ!

お味のほうも、カベルネシラーの果実味が豊かで、飲みやすく
アウトドアにはなかなかイケている。


kurodake20101121-017.jpg


いままで、ワインをペットボトルに移して持っていったりしていたが
なんとなくいいワインは風味が落ちるし、ペットボトルがかさばるし
その点、飲み終わったら畳んでしまえるのがとてもいい。

シメにはうどんを投入し、山の牛鍋満喫。


kurodake20101121-018.jpg


秀麗富士山は拝めなかったが、牛鍋とビールにワインで
ご機嫌になり、片づけをすませると、新道峠を目指して、のんびり縦走。

富士山が見えていたら、そこかしこで立ち止まっては
眺めていたに違いない。

新道峠から河口湖へ下る。


kurodake20101121-020.jpg


河口湖近くになると、紅葉もちらほら。


kurodake20101121-021.jpg


最後は湖畔にたどり着き、河口湖を愛でる。


kurodake20101121-022.jpg


うーん、あいかわらず富士山は隠れたまま。


kurodake20101121-023.jpg


紅葉の河口湖への観光客で、渋滞の湖岸道路。
20分くらい遅れてきたバスに乗って、河口湖に向かう。

車窓からもこんな景色が。


kurodake20101121-024.jpg


秀麗富士が存分に楽しめなかったのは残念だが、
牛鍋と紅葉でいい山歩きとなった。


【御坂黒岳 参考コースタイム】
 三ツ峠入口 9:15 → 10:20 御坂峠 → 11:00 御坂黒岳 12:20
 → 12:50 新道峠 → 13:30 林道出合い → 14:05 あけぼの荘前


【山にぴったりのイージーパックワイン】
プラティパスのように軽く、キャップもしっかり閉まるし、
 容量も山に持っていくにはいいサイズ。
 味わいも重すぎず、果実味もあって、いいセンいっている。
 *1ケース9本入りフランスNO1ブランド J.P.シェネ イージーパック カベルネ・シラー 187ml【エ...


アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif

<お知らせ>
怪しいツアー回想録から独立(?)した、
燻製の記録が書籍化されました!
「男の手作り燻製」本日発売!
posted by げんさん at 12:05 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | 丹沢 富士五湖 中央線沿線の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
富士山を眺めながらの一杯…美味しそうですねぇ。
ド〜ン!!と見えていたらさぞかし気分も良かったでしょうが
チラ見せも、それはそれで乙なもの。(笑)

ところで、イージーパックワイン初見です!
缶入りやPETはありましたが、こんなのも出て来たんですね!!
プラティパスのワインプリザーブみたい…
日帰り山行にはお手軽でいいですねぇ〜〜。
Posted by akemi at 2010年12月02日 10:11
>akemiさん
コメントありがとうございます!

 > チラ見せも、それはそれで乙なもの。(笑)

たしかに、ドキドキ度はかなりありましたねー(笑)

イージーパックワイン、なかなか近所で入手できないのが難点ですが、
白もあるし、電車の日帰りにはとってもいいです。


Posted by げんさん at 2010年12月03日 04:43
いつもながら美味しそうな山ランチ、〆のおうどんもいいですね、参考にさせていただきます。私も富士山が見たくて山に登るのですが中々すっきりと全容を見せてくれることがないですね。朝の犬の散歩で荒川の土手を歩くときのほうが完璧な富士山を見る確立が高いです。。。
Posted by アイガーママ at 2010年12月04日 11:06
なんとイージーパックワインがあったとは、ブリックパック日本酒と同様に山では重宝しますね〜。
それとアルミホイール鍋は便利ですね。
富士山を見ながら牛鍋とは贅沢です・・。
Posted by ケン太 at 2010年12月04日 19:10
>アイガーママさん
コメントありがとうございます!

東京へきて10年以上になりますが、山に登ると富士山が見える、
というのが、関西出身の私にはとても嬉しくて。
低山も、富士山の見えるところを選び勝ちです。

もうすぐ冬になって空気が澄んでくると
富士山も見ごろですねー。
Posted by げんさん at 2010年12月04日 20:28
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

そうでしょう、イージーパックワイン、
これなかなかのすぐれもので。
アルミホイル鍋とともに、山では重宝します。
ひとり山メシにはもうすこし小さいサイズがあるといいのですが
直火に耐えるものがなかなか見つからないんですよねー。

富士山に牛鍋、贅沢な日帰り山行でした。
Posted by げんさん at 2010年12月04日 20:47
こんにちわ!

富士山の見える所で、美味しそうな牛鍋の山めし、最高の贅沢ですね!
牛鍋、キャンプでまねっこさせていただきます♪
イージーパックのワインも、まさに持ち歩きサイズでいいですね。

Posted by 七宝&くるみパパ at 2010年12月05日 18:52
>七宝&くるみパパさん
コメントありがとうございます!

ほんと、御坂黒岳の山頂南側は、
富士山を眺めるには最高のロケーションです。

キャンプで牛鍋、いいですねー。
私も燻製キャンプのときにやりましたが
秋から冬にかけての屋外では
なにかフツフツと煮立っているのは
とっても温まりますよね。
Posted by げんさん at 2010年12月05日 19:49
この界隈、なかなか足を運べていないのですが、いってみたい!
山メシタイムのちらっと富士山は、げんさんの念力かな?(笑)

牛鍋美味しそ〜
Posted by まゆた at 2010年12月05日 23:32
>まゆたさん
コメントありがとうございます!

この稜線はなかなかの富士山眺望スポットです。
まゆたさんにもお気に召していただけるかも。

まゆたさん向けに、豚や鶏系鍋も
こんどやってみますねー。
Posted by げんさん at 2010年12月06日 04:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。