TOP 山の料理(アウトドア料理 レシピ) >ソーセージのトマト缶煮込み

2010年11月05日

ソーセージのトマト缶煮込み

ひさびさの山メシ シリーズ。

tomato20100717-007.jpg

いつぞやの奥高尾(景信山から小仏峠、底沢へ)で食した、超シンプルな山メシ、
ソーセージのトマト缶煮込みのレシピを。材料はこれだけ。


tomato20100717-001.jpg


ソーセージの缶詰、トマト缶、カルバンゾ、
そして塩、ブラックペッパー。

バーナーにのせたときに炎上しないよう、
トマト缶のラベルをはがす。


tomato20100717-003.jpg


トマトの中身を一部シェラカップなどに移し、
開いた空間に、ソーセージ缶のソーセージを投入する。


tomato20100717-004.jpg


こげつかないよう、バーナーをごく弱火にして点火。


tomato20100717-005.jpg


天然水を少し足して、塩を少々。
カルバンゾを投入して煮込んでやる。


tomato20100717-006.jpg


5分ほどしてフツフツとトマトが煮えてきたら
ブラックペッパーをたっぷりふって、できあがりだ。


tomato20100717-010.jpg


では、プシュっといきますかぁ〜。


tomato20100717-008.jpg


うーん、トマトの感じもフレッシュで、
汗をかいたカラダにしみわたる感覚。
(いや、ビールではなく、トマト煮ですよ・・笑)


tomato20100717-009.jpg


ソーセージのトマト缶煮込み。
お手軽だが、山メシとは思えない贅沢感のある一品であった。


#ソーセージの缶詰といえば、明治屋かノザキくらいしか
 知らなかったが、本場ドイツのソーセージ、ウィンナーヴルシェン
 みたいなものもある。
 もっとも、これならそのまま茹でて粗挽きマスタードをつけて
 ビールのお供にしてしまいそうだが・・
 ハライコ(hareico)社ドイツソーセージ缶詰ウィンナーヴルシェン12缶


アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif

<お知らせ>
怪しいツアー回想録から独立(?)した、
燻製の記録が書籍化されました!
「男の手作り燻製」本日発売!
posted by げんさん at 04:40 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 山の料理(アウトドア料理 レシピ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほどー。缶のまま、熱してしまうんですね!片付けが楽そうっ。
晩飯メニューとしてもいけそうです!
Posted by まゆた at 2010年11月05日 06:06
>まゆたさん
コメントありがとうございます!

そーなんです。
缶詰料理はあとがラクですよねー。

自宅でなら、ソーセージはなにかいいものを
使ってもおいしいですよ。
最後にはや茹でパスタをほうりこんでもグッドです。
Posted by げんさん at 2010年11月05日 21:13
初めまして!
いつも楽しく拝見させていただいております。
なかなかテント泊での山行が出来ないので、せめて日帰りの時だけでも手作りの料理で山を楽しみたく参考にさせていただいております。今週末天気もよさそうなので紅葉を見に出かけてみようと思います。何もって行こうかな・・・
Posted by アイガーママ at 2010年11月09日 01:13
>アイガーママさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!

近郊の山でもそろそろ紅葉ですね。
よい週末、よい山、よい山メシになりますように!
Posted by げんさん at 2010年11月09日 04:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif