TOP 八ヶ岳 夏山 秋山 >夏 八ヶ岳(赤岳〜天狗岳〜唐沢鉱泉)

2010年08月12日

夏 八ヶ岳(赤岳〜天狗岳〜唐沢鉱泉)

さて、びっくりサプライズとすばらしい夕景の
行者小屋テント場でのひとときの後、
バクスイしたら、2:30起床。

サクッと腹ごしらえし、テントの撤収をして
準備運動も完了。
真っ暗な中、ヘッドランプの明かりを頼りに
3:30、地蔵尾根へと歩き出す。


あたりはひんやり。
薄手のフリースを着ていても暑くない。

地蔵尾根の上部、ハシゴ場にさしかかるころ、
あたりが見えるようになり、
やがて稜線に飛び出した。

富士山はまだ眠りの中。


yatu20100718-002.jpg

ご来光がはじまるまで、しばし誰もいない
稜線でほっこり。


yatu20100718-001.jpg


やがて、地蔵尾根を登ってカップルが到着。

劇的な朝のドラマ、ご来光のはじまりだ。


yatu20100718-003.jpg


赤岳が萌える。


yatu20100718-004.jpg


身震いするくらいのきれいな雲海。


yatu20100718-005.jpg


富士山まで見通せる雲、また雲の海。


yatu20100718-006.jpg


しばし、雲海ショーを堪能、くだんのカップルと
いい朝を迎えましたね、とヨロコビをわかちあい
(むこうはワカチアッタつもりはないかもしれない・・・笑)
おもむろに赤岳へと登り始める。

サクッと頂上近くまで。
最後のくさり場だ。


yatu20100718-007.jpg


赤岳山頂!


yatu20100718-032.jpg


権現岳と雲海の向こうは南アルプスが美しい。


yatu20100718-030.jpg


振り返れば、赤岳頂上山荘。


yatu20100718-031.jpg


しばし赤岳山頂で、夏山の空気を
いっぱいいっぱいに吸って、
カラダと山の空気が一体になったような爽やかな気分。

ここで、山にハマッてしまった、あのブロガーさんの
気持ちもわかりますねぇ(笑)

後にした山頂を振り返ると、
空に気持ちのいい飛行機雲。

頂上にいる人たちのヨロコビが
ここまで伝わってくるようだ。


yatu20100718-012.jpg


さくっと地蔵尾根の頭まで引き返し、
デポしておいたザックをかついで、いざ横岳へ。

鎖場をいくつか通過し、


yatu20100718-034.jpg


横岳の山頂へ。


yatu20100718-035.jpg


赤岳と富士山の眺めが素晴らしい。


yatu20100718-033.jpg


ここからは、急な鎖場をほんの少し下れば、
硫黄岳までは、おだやかな稜線の道。

山頂には、赤岳鉱泉の小屋からあがってきたのか
多くの人でにぎわっていた。
いつもの(冬山の)硫黄岳山頂とはえらい違いに
ちょっと戸惑いながら、私もしばし休息。


yatu20100718-014.jpg


ああ、夏山っ!


yatu20100718-036.jpg


さて、と腰を上げ、いざ夏沢峠へ。


yatu20100718-031.jpg


この頃になると夏の日差しがギラギラと照りつけ、
2000mといえどもかなり暑い。

冬山シーズンにはいつも苦しめられる硫黄岳付近の風も
この時期には心地よく、むしろもっと吹いてほしい・・・

夏沢峠から樹林帯に入ると、暑さも満開。
汗だくになって、根石山荘までくると、
コマクサの群落が出迎えてくれた。


yatu20100718-038.jpg


根石岳を越えると、いよいよ天狗岳への登りだが、
このころからガスがかかりはじめ、
山頂付近はガスの中。


yatu20100718-039.jpg


東天狗岳山頂に到着したもののガスガスで何も見えず、
人でごった返す山頂はスルーして、
そそくさと西天狗岳へ。


yatu20100718-040.jpg


正直、さっきまでのあまりの暑さに
ちょっとガスもうれしかったりして(笑)

西天狗岳山頂で、しばし補給をし、
唐沢鉱泉へと、西尾根をくだる。

雰囲気のあるいい山道だ。


yatu20100718-041.jpg


下りにあきてきたころ、唐沢鉱泉からの
登山口の橋にでた。


yatu20100718-042.jpg


朝、3:30から行動開始し、11時間ほど。
えらくのんびりとしてしまったが、
おめあての唐沢鉱泉へ到着だ。


yatu20100718-043.jpg


いやはや、まずは温泉、温泉。。。

(つづく)

posted by げんさん at 04:40 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 夏山 秋山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホント、夏山っ!!って感じですね〜!!
いいなぁ〜〜〜〜!!

ウチはこれからお休みで
岳の介さんの実家に帰ったあとは山…
と思ってるんですが、色々未定な部分が多くて。

それにしても11時間の行動、タフですねぇ〜。
そういう時の昼はどんな物を食べたりしてるんですか?
Posted by akemi at 2010年08月12日 10:25
夏の朝日に輝く八ケ岳素晴らしいですね。
山にいる時は至福の時間だったのでは?
唐沢鉱泉ってどんなとこだろう?
Posted by ケン太 at 2010年08月15日 10:39
>akemiさん
コメントありがとうございます!

これから夏休みですかー
いいですねー。

この日のお昼は、ちょっとのんびりと
バーナーをとりだして、
コンソメスープとパン、レモンティーなどでした。
あんまりらしくないですね(笑)
Posted by げんさん at 2010年08月15日 20:26
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

はい。
明け方から早朝は快適そのものでした。
硫黄岳から先は、暑さにあえいでいたので、
唐沢鉱泉ではカラカラの喉に、
砂漠に水をまくように
ビールが吸い込まれていきましたよ。。。

そういえば、前回冬の唐沢鉱泉の話も
途中で途切れていましたね(反省)
今回はちゃんと完結させないと。。。

Posted by げんさん at 2010年08月15日 20:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。