TOP 八ヶ岳 冬山 春山 >冬の八ヶ岳 硫黄岳 蓼科山はしご登山 明日は蓼科山へ

2006年03月25日

冬の八ヶ岳 硫黄岳 蓼科山はしご登山 明日は蓼科山へ

硫黄岳正面突破のリベンジにまたもや失敗し、
次なるハシゴ先、蓼科山へと向かう。
温泉、今夜の酒と音楽は。。。

<2006年3月20日>
 美濃戸口 → 蓼科山登山口


赤岳鉱泉でテント撤収後、美濃戸口へ下山。
車を回収して蓼科山登山口へと移動。

途中、蓼科山を遠望する。

鬻科山遠望.jpg


せっかく蓼科温泉郷を通るので、
蓼科温泉共同浴場へ立ち寄り。

鬻科山遠望.jpg


素朴な共同浴場だが、清潔感があり、
源泉掛け流しの気持ちのいい湯。
私好みのやや熱め。

昨夜来の寒さと疲れをいやしてくれる
しみじみとした温泉だ。

今夜のビバーク地は、蓼科山登山口。
女神茶屋を少し過ぎた、15台ほど停められる駐車場。
雪にすっぽり覆われ、地面は凍っている。

一番奥に車を止め、スコップで雪を整地。
ここにテントを張る。

夕暮れ、八ヶ岳方面まできれいに見える。
独り。テントで晩飯の支度をはじめる。

今夜はエリック・アレキサンダー・カルテットの「ジェントル・バラッズ」。

甘いサックスが雪の中で心地よい。
干し貝柱をだしに、塩豚とニラとキャベツ、
そしてフキをいれたチゲ鍋だ。
ビールで今日の健闘を自ら称えつつ、独り乾杯。

食後はブラックオリーブのマリネとカマンベールチーズを肴に、
地元産赤ワインとホットウイスキー。
至福のひととき。
あまった蕗をだしと醤油で煮た。
これも春の肴。

蕗の醤油マ.jpg

満天の星空に、明日の蓼科山登頂の天気を祈り、
心地よいJAZZと酒の余韻にひたりながら眠りについた。

(蓼科山登頂へ続く・・・お楽しみに。)


【オススメの一枚】
エリック・アレキサンダー・カルテット
「ジェントル・バラッズ」

名曲レフトアローンなどがはいった、
甘く静かなバラード集。
コルトレーンのバラードが好きな方には絶対オススメ。
独りのテントには最高のお供。




アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif
posted by げんさん at 03:23 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif