TOP 沢登り >ナメラ沢

2009年12月05日

ナメラ沢

奥秩父 ナメラ沢。

namera20091205-011.JPG

冬山も近いというのに、真夏のお話。
今年の8月に遡行した、ナメラ沢レポ。

いつも書いている山行記録メモを
紛失してしまい、ずっと書けなかったのだが、
なんとか乗り越えないと、この先が書けそうにないので
オボロゲな記憶を辿ってみるとしよう。。。

ナメラ沢のアプローチは、雁坂峠への登山路と同じ。


namera20091205-001.JPG


しばらくは、コンクリートの道をいく。


namera20091205-002.JPG


途中から山道の登山道になり、やがて山中に
「ナメラ沢」の標識が現れる。


namera20091205-003.JPG


ここを沢に向かって下るが、降り立ったところは
ナメラ沢ではなく、5分ほど下流へといくと、
右手から合流してくるのがナメラ沢だ。


namera20091205-004.JPG


ここから小滝がはじまる。


namera20091205-005.JPG


10分ほど歩くと、ナメラ沢の最初の5mの滝。


namera20091205-006.JPG


美しい。。。

ここは右手(左岸)をひょいと攀じ登る。

5mの上は、また小さなナメ滝がちらほら。


namera20091205-007.JPG


やがてナメラ沢の核心部、というほどの核心部でもないのだが
ナメラ沢では最大の滝、ナメ20m。


namera20091205-009.JPG


沢登りをはじめたころは、こんなとこでも
いろいろもてあましたなぁ、とちょっと感慨にふけってみる(笑)


namera20091205-010.JPG


さて、20mのナメ、やっつけるか。
・・・とちょっとポーズしてみたり。


namera20091205-011.JPG


小さな三脚でセルフ撮りしたのだが、
1回目はタイマーを押して立ち位置にいくまでにツルリとこけ、
2回目はカメラが倒れて、青空が写り、・・・_| ̄|○
3度目のテイクでようやく撮ったものだ(笑)

ともあれ、中央突破。
簡単そうに見えるのだが、途中が滑りやすく、
けっこう難儀する。

あと少し。。。。


namera20091205-012.JPG


と、今回はスムースに突破したが、
よい子のみなさんは、右岸に、残置ロープもあり、
泥がついているが、足場がしっかりしているので、
滝の左から登ることをおすすめする。

さらにナメは続く。


namera20091205-013.JPG


いいですなぁ。この景色。


namera20091205-014.JPG


・・・と思っていたら、上流のナメ滝には
風倒木が激しくのしかかり、遡行困難。


namera20091205-015.JPG


ナメラ沢 自慢のひたすら続くナメを期待していたのだが、
ここからは、沢の中を、あっちにいき、こっちに迂回し、
側面の崖をへつり、とかなりアクロバチック。

二俣を越えても、苦難は続く。。。


namera20091205-017.JPG


よやく、風倒木を乗り越え、
ナメラ沢の源流へ。


namera20091205-018.JPG


ついに、最初の一滴を過ぎ、
稜線までのツメの前に、一服。


namera20091205-019.JPG


予想外に体力使った。。。

ここからがナメラ沢の、「天国のナメ、地獄のツメ」といわれる
樹林帯の急登。

カラダ中が汗だくになったころ、ついに稜線が見えた


namera20091205-020.JPG


稜線をほんの少し西側に行くと開けた場所があり、
ご褒美ランチ。

ホタテ缶詰と梅肉チューブ、なめこをまぜて


namera20091205-021.JPG


では、いただきますー!


namera20091205-024.JPG


梅の酸味と、なめこの甘辛、がホタテにからみ
なんともいえずうまい。


namera20091205-022.JPG


ああぁ、いい天気。


namera20091205-025.JPG


しばし、ビールと景色を堪能し、
登山靴に履き替えて下山開始。


東破風山。


namera20091205-026.JPG


ぐんぐん稜線を飛ばして、雁坂峠へ。


namera20091205-027.JPG


雁坂峠は人影なく、のんびりとした雰囲気。


namera20091205-028.JPG


サックをおろして、しばし休憩。
さすがにこの暑い夏場には、雁坂峠に人はこないのか。
(この季節に書いても説得力ないけど。。。)


namera20091205-029.JPG


遠い遠い、(今年の)夏の記憶であった。。。


アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif











posted by げんさん at 07:01 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 沢登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5mの滝の写真、キレイですねー。
(今の季節に見るとちょっと寒いけど(笑))
沢はやったコトないし、やれる気もしないのです
が、ヒト様のレポを見るのは大好きです。
げんさんならではの美味しそうなランチと、
のんびりした雁坂峠も沢の後ならではって感じで
ステキです(^^
Posted by To-ko at 2009年12月05日 10:48
待ってました♪
行ってみたい!、やってみたい!のは山々なんですが、登山暦ゼロなので遭難すること間違いなしです。
山岳写真もやってみたいです。


Posted by tamachi-5ch at 2009年12月05日 15:22
>To-koさん
コメントありがとうございます!

 > 今の季節に見るとちょっと寒いけど(笑)

確かに(笑)
あの時は飛び込みたいくらいの季節だったのに。。。

沢を登ってツメた後の稜線の風は、
ことのほか心地よいです。


Posted by げんさん at 2009年12月06日 20:19
>tamachi-5chさん
こちらのほうへも、コメントありがとうございます!

山は、それだけで絵になるので、
写真にはいいですよねー。

ナメラ沢は、わりと開けた感じですが、
沢によっては真昼でも暗いことがあって、
ブレブレになってしまい、
(きっと、息も弾んでいるのもあるのでしょうが)
なかなか写真は難しいのですよ・・・



Posted by げんさん at 2009年12月06日 20:21
沢登りって冷たい水に濡れるんですよね?
でも、真夏にこんななめなめした所ならちょっとやってみたいかも。(笑)
ナメラ沢終わってのツマミにホタテのナメコ和え!!
チラッとラー油を垂らせば「ナメラホタテ」どうです〜?(笑)
Posted by akemi at 2009年12月07日 13:29
街はクリスマスムード一色なのですが新緑の頃の記憶がよみがえってきます。(笑)
私は沢登り久しくやっていないのですが昔は丹沢の
沢は登ってましたヨ。
当時は今みたいに沢シューズが無いのでワラジ履いて・・。(←歳がばれるかな?)
汗ダクの尾根登りと違って気持ちいいんですよね〜
今回の山メシ(ツマミ)もいただきます。

・・げんさんの大人の山行?には吸い込まれるばかりです。そろそろ雪の季節になりますが、くれぐれも健康の方も大切にしてください。
Posted by ケン太 at 2009年12月07日 20:29
>akemiさん
コメントありがとうございます!

 > 沢登りって冷たい水に濡れるんですよね?

はい。
真夏には飛び込みたくてウズウズしますが、
さすがに10月を超えると、飛び込みは躊躇します(笑)

 > 「ナメラホタテ」

これ、いただきでーす!
Posted by げんさん at 2009年12月07日 23:45
>ケン太さん
コメントありがとうございます!

ケン太さんは丹沢の沢だったのですねー。
丹沢の沢は、3本くらいしかいったことがないですが、
岩の質がもろくて、緊張した覚えがあります。

私は奥多摩が多かったですねー。

しばらく、冬山もあまりいけていなかったので、
今シーズンはガッツリいきたいところですー。
Posted by げんさん at 2009年12月07日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif