TOP 八ヶ岳 冬山 春山 >冬の八ヶ岳 東天狗から硫黄岳縦走(単独)

2006年01月15日

冬の八ヶ岳 東天狗から硫黄岳縦走(単独)

この冬も八ヶ岳、冬の東天狗岳から硫黄岳の縦走に挑戦。
前年は赤岳鉱泉にテントを張って、南からのコースで
稲子湯におりたが、今回は稜線近くにテントを張って
日の出をみつつ、縦走しようという計画。

東天狗岳と西天狗.jpg



おりからの大雪と寒波はこの週末にも
ピークの予報があったりと、
さてさてどんなツアーに。。。
<2006年1月8日> 
 渋の湯→黒百合平


のっけからアイゼンを装着。
すでに雪が締まっていて、キュッキュッと音が小気味いい。
アイゼンを穿くと心がぐっと引き締まる思い。

ものおとひとつしない静かな森をゆっくりと登っていく。
北八ヶ岳のいい雰囲気がここにある。

13:30黒百合平着。
気温−12℃。めちゃ寒い。
テントを張って、天狗岳を見に行く。
稜線に出たとたん、目出帽をつけてこなかったことを後悔する。

夕飯は初の試みで「豆乳鍋」。
冬山ではモノが凍るだけでいたまないのでメニューは何でもありだ。
思いっきり唐辛子の輪切りを投入し、鍋にブタ肉を投入。
凍りかけているビールを開けてひとり乾杯!ぷはーっ。ウマイ!
凍ったチーズちくわも鍋に放り込めば復活!

MDでJAZZを聴く。コルトレーンの「バラード」。
静かなピアノとコルトレーンの息づくようなサックスが別世界へと誘う。
酒はすでにビールからホットウイスキーにかわり、
外の寒さがウソのよう。
次のアルバムは、ホリー・コール・トリオ。 「コーリング・ユー」
シンと静まり返った黒百合平に主題曲の「コーリング・ユー」が響く。
なんともいえずせつない。。。


<2006年1月9日> 
 黒百合平 → 天狗岳 → 硫黄岳 → 美濃戸口


4:30起床。
テントから外を見ると満天の星。
やった!

定番のチキンラーメンにすりゴマと輪唐辛子をたっぷり。
小さなパンとココアで腹ごしらえをして、テントを撤収。

東天狗岳夜明け.jpg




東天狗岳への登りはメチャメチャ寒いが、上空はキレイに
晴れている。奥秩父の山々から日が昇り、アイゼンをきかせながら
8:00頂上へ。本日の一番乗り。

東天狗岳の頂上からは360度の眺め。
北アルプス、八ヶ岳南部、南アルプス、御岳、奥秩父、・・・。
壮大な眺めだ。

ここから縦走がはじまる。
少し急な稜線をくだり、上り返して根石岳。
そこから夏沢峠までは静かな樹林帯をいく。
木漏れ日が心地よい。

夏沢峠からは、硫黄岳への登りがはじまる。
ここはいつも風が強い。
顔がいたい。。。

最後のひと登りで硫黄岳頂上へ。
間近に大迫力の横岳と赤岳。
険しい稜線をむきだしにしし、後ろには南アルプスの山々。

硫黄岳より赤岳.jpg



この絶景に名残はつきないが、
いかんせん寒さに手が痺れ、
デジカメはバッテリーがつき、
ケータイも寒さで1枚撮ったきり起動しない・・・。

早々に退散し、赤岳鉱泉へと下山。
赤岩の頭をおりてスグのところで、2週間前に撤退した地点にでる。
年末年始に多くの登山者がはいったようで、
いまではしっかりと踏み固められたトレースができている。

赤岳鉱泉で一服したあと、13:14発のバスをめがけて、
美濃戸口まで猛ダッシュ。現在時刻11:30.コースタイムは2時間10分。
いけるのだろうか・・・。

いつもエンヤを聞きながら下るこの道、今回は趣向を変えて、
平井堅。 「Ken's Bar」
2曲目のピアノ「even if - instrumental -」
がなんとも冬山のトレースにぴったりの選曲。
ミニーリバートンの「LOVIN' YOU」のカバーもあり、
このアレンジはとてもよい。いつか歌ってみたい。。。

柳川北沢途中で、横岳最後の雄姿を振り返る。

横岳振り返り.jpg



また、くるでぇ。

【オススメの一枚】
ホリー・コール・トリオ
コーリング・ユー
4曲目、チャップリンの映画音楽、スマイルが入っているが、
この曲のアレンジでは自分史上最高の曲になっっている。
この曲から続く4曲はこのアルバムの聴きどころ。
 4.スマイル
 5.パープル・アヴェニュー
 6.コーリング・ユー
 7.ゴッド・ウィル
一度聴いた瞬間から虜になってしまったJAZZアルバム。



アウトドアの人気blogランキングへ

banner_02.gif

posted by げんさん at 16:07 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(2) | 八ヶ岳 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして この3連休に東天狗に行ったのですが、頂上からの景色が見れず、こっページにやってきました。ビールと山とジャズですかいい趣味ですね!
私も同じ趣向。コーリング・ユー聞いてみたくなり思わずアマゾンに・・・
Posted by ヨッシー at 2011年01月10日 20:23
>ヨッシーさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!

私もこの3連休に八ヶ岳の天狗方面へ行こうかと
考えていたのですが、晴天の確立を考えて、
南アルプスに転進しました。

ヨッシーさんの中山からの眺め拝見しました。
素晴らしい眺望ですね。

山とジャズとテント、いつも一緒です。

コーリングユー、ぜひぜひ聞いてみてください。
Posted by げんさん at 2011年01月11日 04:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

天狗岳(1)
Excerpt: @渋の湯からの道 週末の天気予報はまずまずだったので、とうとうheppoco隊もアイゼンデビューしてきました。 予定では、奥多摩に行きたかったのですが、前日に雲取山荘に電話をしてみると 「最近、雪は..
Weblog: 山あり谷あり
Tracked: 2006-01-19 22:30

~ホリー・コール・トリオ「コーリング・ユー」 ~
Excerpt: 私がジャズにはいりこむきっかけとなった 思い出の深いアルバムはこれ。 ホリー・コール・トリオの「コーリング・ユー」だ。
Weblog: バー 千夜一夜 ~東京・大阪のバーを巡る~
Tracked: 2007-02-25 13:03
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif