TOP 怪しいツアー教祖語録 >人間の覚悟

2009年03月28日

人間の覚悟

だいぶ御無沙汰をしてしまった。。。

年明けからなかなか山に行くこともなく、
記事も書くこともなく、3月が終わろうとしている・・・

しばらく体調が悪かったこともあるのだが、
以前のように強烈に山に行きたい!、
という心のバクハツが、おこらなかったのだ。

というか、山へ行きたいとか、何かをしたい、という
欲望が薄くなり、(欲望というよりも意欲か)
いろんな欲求が希薄になっていたのだ。

そのくせ、仕事は毎週のように週末を充て、
なにがしかの道を切り拓いてきた。

この1ヶ月ほどは、何かを食べたい、という
欲求も希薄になってきて、いま流行りの
「草食系男子」になれたのかも(笑)


先日、久々に那須の湯につかり、
まともに酒を飲んだ。

翌朝の夜明けに、部屋の露天風呂にはいって、
清々しい空気の中、書を読む。


kakugo20090324-001.JPG


今の気分だったのか、書店で手にとった「人間の覚悟」。

日本社会の無理な歪をあるがままに受け入れていく
という五木寛之氏の「覚悟」を読んでいると、
がむしゃらに登ってきた自分も、
いつしか下山モードというか、
覚悟を決めなくてはならないのか・・・、
そんなことをつらつら考えていた。

湯煙の記憶が遠くなってきたいまも
すぐには結論がでそうにはないが(笑)
もう、登れないのではないかという物理的な不安を抱えつつ、
数日酒も飲まなかった日々を、もてあます自分に
苛立つやら、諦めるやら、・・・


せめて「覚悟を決めるかどうか」くらいの
覚悟はできるようになりたいものだ(笑)


アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif

タグ:人間の覚悟
posted by げんさん at 00:32 | 東京 ☁ | Comment(30) | TrackBack(0) | 怪しいツアー教祖語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
度々お邪魔させていただいておりましたが、
初の書き込みをさせていただきます。

げんさんの山話は、私のわくわくする気持ちを高揚させてくれます。
山は勿論、食べるのもこの上なく大好きです。
度々山料理も真似させていただいておりました。
ビール呑まないくせに、プレミアムを持って登ってみた事もあります。
(結局呑まずに下山しましたが・・苦笑)

影響受けてます。

山は私にとって、自分の弱さを知る場所でもあります。
私は、孤独の中での楽しみ方を知りません。
誰かが居て、誰かと幸せを共有する事が嬉しかったり、楽しかったりするのです。
でも、げんさんの様に自身での楽しみ方を知る人を見ると羨ましく思わずにはいられないのです。
弱いくせに、強く生きたいと望んでいるからです。
山も一人で登ります。強くなりたいからです。
映画も一人で観ます。そんな自分に満足したいからです。
そんな事、全く無意味な事の様な気もしますが。
自然に、自分を楽しむ事のできる人間になりたいと願っているのです。

げんさんの様にです。

だから、まだ辞めないで欲しいのです。
まだ、先に進んでてほしいのです。
まだ、できれば見続けていたいのです。
げんさんの徒然日誌を。

げんさんは、自身の人生を楽しむ術を知っている素敵な人だと感じます。

どうか、これからもこのページからパワーを分けてもらえれば幸いです。

勝手な言い分ですが、伝えたくなりました。



Posted by げんさんfan at 2009年03月30日 01:05
げんさん、大変ごぶさたしております。
更新がないからかなり忙しいのかなとおもってはいたんですけどね。(といいつつ僕も書き込み活動してなかったですけど・・・)

なかなか難しい問題ですが、結論はあえて出さなくてもいいのではないでしょうか。

僕自身様々な理由からここ数年ちゃんと山には行ってないのですが決して辛くはなかったですよ。
げんさんや他の山ブロガーさんの記事を見てバーチャル登山してましたからね(笑)
『今は山に行くときじゃない』と割り切って、山から星へシフトしてました。
すると先日、4歳の息子の山デビューで高尾山に行った時に僕の中で何かが目覚めたんです。
高尾山なんて・・・とナメてました。人の少ないルートを歩いていると風が吹いてきました。
『あ!これは』
いろんな山で吹かれた風と同じでした。
忘れていた山の風。
またあの山の稜線で風に吹かれてみたい・・・。
以来、毎晩歩き始めました。
再び北アルプスを目指してます。

こんなふうに行きたくなったら、行けるようになったら、また始めればいいんじゃないでしょうか。


桜の花が咲き始めましたね。
新しい季節です。
きっとまた素敵なことが始まると思いますよ。
Posted by さくらちとせおー at 2009年03月30日 01:55
どうやら気持ちが↓方向なのでしょうか?
じつは、僕も山に向かう気持ちが下降気味です。
でも、足を運べば山はそこにあるし、やはり楽しい。
精神的なことや、物理的な問題もたくさんあるけど、好きでやることだから決断かではなく、あるがままの気分で良いのかなぁ?なんて思います。
げんさんのブログは、山と美味しいものと酒!
まさに僕の理想だったので、続けて欲しいなと思います。
PS・お身体御自愛ください。
Posted by 食う寝るさんだ〜す at 2009年03月30日 21:40
お久しぶりです。覚えていらっしゃいますか?
何か少し気持ちが重なってしまって、自分の事を書きたくなってしまいました・・・。


私は、妻とその子供の生活を守るために4年前に新潟から上京し、半月前に一緒に暮らすことを約束したときに、山を辞めました。
道具をすべて処分しました。

ですが、私には彼女達を守ることが出来ませんでした。
経済的に彼女達を助けることしか出来なくなりました。

両親に認めてもらえても・・・、世間の目が厳しく・・・それでも、守って行きたいと思いました。
世間が言う幸せでなくても・・・、私はいいと思いました。
子供は産めないと言われても・・・、彼女が好きでした。
いつも笑顔で迎えてくれた子供達も大好きでした。


でも、今の私には何もありません。
かといって、何もしないで止まっている訳にも行きません。
やらなければいけないことが目の前にあるから・・・、進まなければなりません。
これが私の覚悟です。
Posted by りき at 2009年03月30日 23:40
やはり体調を崩されていたそうですね。

気力を落とされているそうですが、投稿されている皆さんと同感です。うまく言えませんが堅苦しく考えないで、行きたくなるまで待ちましょう・・

あの素晴らしい景色をひとり占めできる喜びを知る
ものにとっては、焦ることはないですヨ。

私は一生辞められそうになりませんが(笑)





Posted by ケン太 at 2009年03月31日 00:01
げんさんに寄せられたみなさんのコメントにも心が熱くなってしまいました(^^)。

山だけでなくって、無気力症候群にかかることってありますよね。げんさんは普通の人よりお仕事が忙しすぎる上に、気遣いの方だから・・・。相当疲れがたまっているんですよ〜きっと。
チャレンジングな山は達成感ありますけど、やっぱり精神力つかいますからね。わたしも日常生活で精神力使いはたすと、チャレンジングな山に行く元気がなくなっちゃいます(^^;

でもね。げんさんは心から山を楽しめる方だから、山に行ってしまえば元気もらえると思いますよ。山の上で鼻から空気をいっぱいすいこんで、口からはーーてはきだすと、何かがぬけていくと思います。少し休んだら、えいやって行ってみるのも一つの荒療治かも(笑)

まだ結論出すことはないでしょ〜。げんさん、まだまだこれからですよ!
ただ、体は大事にしましょうね!お互い(^^;
Posted by まゆ太 at 2009年03月31日 12:50
お仕事が忙しすぎるだけかと思っていたら
体調まで悪くされてたんですね。
温泉に入って少しはのんびり出来ましたか?

「覚悟を決める」必要は、ないと思いますよ。
自然体がいいんじゃないですか?
険しい厳しい山に単独で登るのも山。
日本ならではの緑や水の流れに心和ませながら登るのも山。

「こうでなくてはならない!!」なんて固定概念を持つのではなく
都合や環境や加齢その他の体調に合わせて、しなやかに行けば良いのでは?
休むのもペースを落とすのも、また山ですし。

私がつくづく思うのは…
いつか自分がこの世の中とさようならする時に「後悔しない」用に生きたい、という事です。

疲れたら休めばいい、眠ればいい。
いつか自然に回復して来て、笑えるようになりますから。
その時までは無理に登ったりしない方がいいですよ。

どんな低山でも、踏み外して滑落して打ち所が悪ければ命がないです。
何もやる気が起こらないほど疲れている時は集中力がないですからね〜。
無理に「元気なげんさん」を演じる必要はないです。

でも、意識して「時間を作って」のんびりして下さいね。
春、生命力溢れる季節、もうすぐ実感できます。
ほんの少しでも空を眺め、花を眺め、充電して下さい。
…一緒に飲めたらいいのになぁ。(笑)
Posted by akemi at 2009年03月31日 19:30
>fanさん
(「自分の返信に「げんさんfan」とは
  おこがまして書けずに・・・笑)
はじめまして。
心のこもったお言葉、ありがとございます。

とても初めてとは思えないような、過分なコメントをいただき大変恐縮です。
なんと言っていいのかわからないほど、まじまじと
呆然としつつ、いただいたコメントを拝見してしまいました。

私のたわごとに、書きにくいことを一生懸命に書いていただいた、そんな気がして、感謝でいっぱいです。

ただの徒然山の記に、喜んでいただいているだけでもありがたい話で、このように思っていただけるなんて、なんとしたものかと。。。

fanさんのご厚意に何も応えられるものではありませんが、まだ自分にはやれることがあるような気がしてきました。

ほんとうにありがとうございます。
Posted by げんさん at 2009年03月31日 23:43
>さくらちとせおーさん
こちらこそご無沙汰しております。

こんなに書いていただいて、励ましていただいて、
感謝の言葉もありません。

> 高尾山なんて・・・とナメてました。
> 人の少ないルートを歩いていると風が吹いてきました。
> 『あ!これは』
> いろんな山で吹かれた風と同じでした。
> 忘れていた山の風。

このお言葉に、ちょっと鳥肌がたつくらい
感じるものがありました。

体調や心持ちが悪いと、変にかたまったループのようなものに
はまりこんでしまって、観念的にアレはダメ、コレもダメと
思いがちなのですが、(まさに私は、高尾山では。。。なんて思っていたのです

感動の仕方を思い起こさせてくれたような気がします。

魔法のようなお言葉を、ありがとうございます。
Posted by げんさん at 2009年03月31日 23:45
>食う寝るさんだ〜すさん
コメントありがとうございます!

> げんさんのブログは、山と美味しいものと酒!
> まさに僕の理想だったので

食う寝るさんだ〜すさんにそうおっしゃっていただけるなんて
過分なお言葉、痛み入ります。

美味しいものと酒で元気ださなきゃ、ですね。

感謝です。

Posted by げんさん at 2009年03月31日 23:46
>りきさん
ご無沙汰してしまってすいません。
コメントありがとうございます。

人を励ますために、書きにくいことを書いていただいて、
いらぬご心配をおかけしてしてしまったのではと恐縮です。

> かといって、何もしないで止まっている訳にも行きません。
> やらなければいけないことが目の前にあるから・・・、進まなければなりませ
ん。

自分のように逡巡していられるのは、まだまだ浅いなと
痛感いたします。
まだまだ小さな覚悟だと、思えるようになりました。

ありがとうございます。
Posted by げんさん at 2009年03月31日 23:47
>ケン太 さん
コメントありがとうございます!

> あの素晴らしい景色をひとり占めできる喜びを
> 知るものにとっては、焦ることはないですヨ。

そうですよね。気力や体力が衰えたからといって、
想像力まで萎えさせてはいけませんね。

自分の心に向かって、心を閉ざしていたような気がします。

気づかせられることがいっぱいです。

ありがとうござます。

Posted by げんさん at 2009年03月31日 23:48
>まゆ太さん
ありがとうございます。

なんだかドンピシャで心を言い当てられたみたいです(笑)
ほんの少しできた休みも、使えないのは、
精神力を使い果たしているんでしょうね・・・

 > えいやって行ってみるのも一つの荒療治かも(笑)

そうですねー。
どうせ何かで治療するなら、この荒療治がいちばん好きかも(笑)

 > まだまだこれからですよ!

なんせ、私よりもデカいザックの大先輩ご夫婦もガシガシ
登ってらっしゃいますもんね。
こんな若造(?)が負けてられません(笑)

お忙しい年度末に、みなさんにこんなにしていただいて・・・
心のどこかにポツリと灯がともって、心の温度があがりはじめた気がします。

“心のパラシュート”、また忘れてた自分に気がつきました。。。 
Posted by げんさん at 2009年03月31日 23:49
>akemiさん
コメントありがとうございます。
ご心配おかけしてしまってすいません。

 > 何もやる気が起こらないほど疲れている時は集中力がないですからね〜。

そうなんです。
ほんとに集中力がなくなっていて、はっとすることがしばしばです。

 > でも、意識して「時間を作って」のんびりして下さいね。
 > ほんの少しでも空を眺め、花を眺め、充電して下さい。

たくさん時間をつくらなきゃ、デカい山へいかなきゃ、
という焦りがあったんでしょうね。
ほんの少し・・・でもできること、ありますね。

 > …一緒に飲めたらいいのになぁ。(笑)

あ、これとってもいいです(笑)

あたたかいお言葉をありがとうございます。
Posted by げんさん at 2009年03月31日 23:51
忙しい中、一人一人の書き込みにきちんとお返事するげんさん。
嬉しくもあり、心配でもあり、ですよ。(^^)
でも、ホント、ネットでも温かいですよね。
みんなの思いが、少しでもエネルギーになってくれればいいなぁと思います。

あ、この週末、やっと燻製作ったんですよ!(^^)v
Posted by akemi at 2009年04月01日 00:19
しばらく更新がなくても
お仕事でお忙しいと言ってらしたし・・・と
思っていました。
働き盛りですから頑張りすぎちゃった?
ふぅーっと温泉で息抜きできてよかったですね。
立ち止まること、ふりかえること、充電すること大切ですよ。

>せめて「覚悟を決めるかどうか」くらいの
>覚悟はできるようになりたいものだ(笑)


人間の覚悟、私もこう思うことあります。
このごろいつも考えているような気がします。
それは年齢的なもの、体力的な部分が多分にあり、
げんさんとはだいぶ違うかもしれません^_^;
山に関しては体力、気力に応じてすればいいかなと
思っていますけどネ(^^ゞ

げんさんはまだまだお若いですし、
山にしろ、その他いろいろとあるにせよ、
今は出来なくても又いつかという柔軟なお気持ちで
いいのではないでしょうか?
そうであって欲しいです。
その時はきっとまた山から元気がもらえますよ。

心のパラシュート、とても感動したのを覚えています。

みなさんのコメント、私も拝見していて胸が篤くなりました。

ところで、ちょこっとお庭の高尾山でぶらり
お花見なんて良さそうですね(^^♪
なんて、そそのかしたりして^_^;
Posted by sanae at 2009年04月01日 19:19
この記事を拝見してすぐに書き込みをしたかったのですけど、何度かコメントを
書いただけなのにどこまでツッコんだ話をしていいのか分からず……
皆さんのコメントを、ただ、うんうんと肯きながら読ませていただいていました。

私もげんさんの記事を楽しみにしている1人です。
ムリをしてまで何かを続ける義務はないと思いますが、でもまたふと
やりたくなったときのために、そっと取っておいてもイイと思います。
山も、ブログも。

年齢を重ねるといろいろと重たい荷物も増えてきますけど、でも全てを
持つ必要も、何かを捨てる必要もないんじゃないでしょうか。そのとき、
持ちたいものだけ、持てばいい(笑)。持ちたくない荷物は捨てないで、
ロッカーにでも入れておけばいいと思います。

ここ最近“悟らない”をテーマにしてるいい加減人間からの、
勝手な言いぐさでした(^^;
読み捨ててくださいませ〜m(__)m
Posted by To-ko at 2009年04月01日 21:35
>akemiさん

コメントありがとうございます。

みなさまからの言葉のエネルギーが
じんわり心を温めてくれています。

こんなに温かな言葉をみなさんからいただいて。。。
とても感謝しきれないです。

あ、ついに燻製デビューですね!
おめでとうございます!

自家製燻製はいかがでしたか?
Posted by げんさん at 2009年04月02日 00:09
> sanaeさん
コメントありがとうございます。

さすがにsanaeさんの言葉には重みがあります。

 > ところで、ちょこっとお庭の高尾山でぶらり
 > お花見なんて良さそうですね(^^♪
> なんて、そそのかしたりして^_^;

みなさんのお言葉の上に、sanaesさんからの
レコメンドをいただいていたら、
なんだか高尾山に行きたくなってきました。

そう、もう花の季節ですね。
(・・・より団子のくちですが・・・笑)

ほんとうに温かいお言葉をありがとうございます。
Posted by げんさん at 2009年04月02日 04:52
>To-koさん
わたしのタワゴトに、丁寧なコメントをありがとうございます。

 > でも全てを持つ必要も、何かを捨てる必要も
 > ないんじゃないでしょうか。そのとき、
 > 持ちたいものだけ、持てばいい(笑)

この心持ちは、ある意味の境地のような気がします。
きっと、いろんなことを乗り越えられたTo-koさんの
強さというか、しなやかさを感じます。

いろんな意味で、とても心にしみるお言葉です。
ありがとうございます。
Posted by げんさん at 2009年04月02日 04:54
こんにちは。

今日は、明神ヶ岳に行く予定でしたが、
昨日の天気予報で、中止となりました。
今の状態を見てると登れた気もしなくはありませんが・・
山はいつでもそこに居てくれますから。


そこで、またお邪魔させていただきました。

そしたら、思いがけないお返事がっ!驚
見ず知らずの私にお返事が・・

読み返すと、なんだか・・
お恥ずかしい限りな文面で・・苦笑

そんな私に、とてもご丁寧なお返事をいただいてしまって・・
私の方が感謝で一杯です。
なんだか、胸がどきどきしてしまいました笑。

ここにいらっしゃる皆さんも、本当に素敵な方々ばかりですね。

類は・・とは云いますが、本当に素敵な場所です。
げんさんが、ますます羨ましく思いました。

げんさん、
私は、やめてほしくないだけです(勝手な言い分です)。
ただ、気ままに続けて欲しいだけです(私都合です)。

更新が何ヶ月もなかろうと、げんさんペースで続けて欲しいだけです。
無理せず進んで欲しいだけです。

私が、もやもやする時にする事を少し・・

・髪を切ってみます。

気分がすっきりします。
変われる気がしてしまうのです。
マインドコントロールです笑。

・羽田空港第二ターミナルでRadioHeadを聴きながら飛行機を見に行きます。

広い空の中を飛ぶ飛行機をみながら、ちょっとした空想の旅をしてみます笑。

その他、神社巡りも好きです。
よく、鎌倉方面に神社巡りに出かけます。
美味しいものも沢山あります(こちらが本当の目的?笑)。
空を見上げます。
ランニングしてみます。
大好きな映画を観てみます。
大好きな本を読んでみます。

埋もれているHappyは意外とあるものです。
(私mattreですが・・)

どうか無理のない、げんさんペースで歩いてくださいませ。

私も、無理しないでいきます。


また お邪魔させていただきます。









Posted by げんさんfan at 2009年04月04日 16:46
すんません、僕も2度目のコメントしちゃいます。

先日体験したとっても気持ちよかったこと。
伊豆スカイラインのとある駐車場に寝転がって、バンプ・オブ・チキンといきものがかりを結構な音量で聞きながら満天の星空をひとりじめしてたら、何だかどうにかなっちゃうと思うくらい気持ちよかったです。
両手を空に伸ばしてみたら、
『この世界は俺のもんだー!!』
なーんて気がしちゃうくらい(大笑)

普段やらないこと、やれないことをしてみるのもいいかもしれませんね。

長くなって恐縮ですが、僕は山ですれ違う人たちの『こんにちは!』のあいさつが大好きです。
みなさんとってもイイ顔でキラキラしてますよね。
だから僕も心の底から挨拶するようにしてます。
『こんにちはっ!!』ってね。
(さすがに高尾山では恥ずかしくてしませんでしたけど・・・)

いつかどこかでげんさんにも言いますよ。

『こんにちは!!』
Posted by さくらちとせおー at 2009年04月04日 23:32
初めてげんさんにお会いした日
げんさんはお仕事でしたが、とても楽しそうに見えました。
笑顔の中に溢れる情熱を感じました。
羨ましい仕事だと思ったのですよ。

僕等の世代って、時間が無いのはある程度は
仕方ないのかな?
そんな中で楽しんで行く事が何かに繋がるのかな〜?なんて僕も考えてます。

楽しみ方は色々あると思うけど、山も一つの選択に残しておいてくださいね。
ゆるゆるで行きましょうよ。
Posted by 食う寝るさんだ〜す at 2009年04月05日 22:20
>fanさん
重ねてのお言葉、ありがとうございます。

飛んでいく飛行機。。。
あまり飛行機を使わない私ですが、
あの雲の上にいる感覚は、山の上にいる感覚と通じますね。

 >埋もれているHappyは意外とあるものです

そうですね。
これぞ「青い鳥」なのかもと。

また、ゆっくりゆっくりと歩いていきます!

ありがとうございます。
Posted by げんさん at 2009年04月06日 00:04
>さくらちとせおーさん
コメントありがとうございます!

満天の星に、音楽じゃ、こりゃ
たまらないですね。
(私なら翌日まで車を出さないで、
  グラスを傾けちゃいますが・・・笑)

山の「こんにちは」は、理屈抜きですね。
きっと、いつもそうなる心がもてれば・・・

ちょっと理想ですけど(笑)

お気遣いありがとうございます!
Posted by げんさん at 2009年04月06日 00:08
>食う寝るさんだ〜すさん
重ねてのお言葉、ありがとうございます!

 >ゆるゆるで行きましょうよ

きょう、ゆるゆるしてきました(笑)
こんなゆるゆるもありなんだー、くらいの
私にとってはちょっと新鮮な歩き。

スピードがかわると、
見える景色もかわるものですねー。
あたりまえのことかもしれませんが、
走っていることがふつうになると
意外と見えなかったのかも。

ありがとうございます!

Posted by げんさん at 2009年04月06日 00:11
ゆるゆる、出来たんですね♪
良かった〜。

同じ物を見ても、どう見えるかはその人次第。
「あぁ、なんて綺麗な花だろう!」
「赤くて、美しい花だなぁ。」
と感じる人もいれば
「嫌な赤、この花は嫌いだな。」
「…え?花なんか咲いてたっけ??」
という人もいます。

ホントにね、疲れたら無理してもちょっと休む。
そうすると自分の周りの世界が光に満ち溢れてる事に気付きます。
人間の心も「疲労骨折」しますから。(笑)
Posted by akemi at 2009年04月06日 08:14
>akemiさん
コメントありがとうございます!

 > 同じ物を見ても、どう見えるかはその人次第

ほんとにそうですね。
心のもちようですねー。

 > 人間の心も「疲労骨折」しますから。(笑)

ほんに。
複雑骨折にならないよう、
ネンザくらいのうちになんとかします(笑)

また、ゆるゆる紀行、
ゆるゆるアップしますねー。

いつも励ましの言葉を、ありがとうございます。
Posted by げんさん at 2009年04月07日 04:57
うまく言葉にはできないけど、迷ったり疲れたりしたときは
「無」になるように、と自分で自分に言っています。

ゆゆる紀行、きなが〜に待ってますから(*^。^*)

(この場を借りて)
りきさん、コメント読みました。覚悟、伝わってきました。

Posted by heppoco at 2009年04月08日 22:31
>heppocoさん
励ましのお言葉をありがとうございます。

 >「無」になるように、と自分で自分に言っています。

執着から解き放たれる感じなのでしょうね。
何か自分の思うところからギャップがあるのが
無力感や絶望感の源なのでしょうから、
「無」になれるような心構えが必要なのかー。

 > ゆゆる紀行、きなが〜に待ってますから(*^。^*)

ありがとうございます。
ゆるゆるすぎて、うまく書けないんです(爆)
スピード感、命、でしたから(笑)

(↑)その割にはアップ遅かった。。。

Posted by げんさん at 2009年04月08日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif