TOP 八ヶ岳 冬山 春山 >八ヶ岳 天狗岳(冬山)

2009年01月14日

八ヶ岳 天狗岳(冬山)

今シーズンの冬山の手始めに、八ヶ岳の天狗岳に。
1月の3連休、初日は出社し、最終日もやや仕事が残っていたので
中日の1日でそれなりに冬山の醍醐味を・・・
となるとなかなかこれというところがなく、
私の冬山定番、天狗岳に行くことにした。


tengu20090111-001.JPG


12日には午後に東京へ戻らねばならないこともあり、
上でテントは張れないし、ということで、
渋ノ湯から天狗岳に登り、かねてから行きたかった
唐沢鉱泉に下山して温泉を楽しむというプランだ。

週末にかなり積雪もあったようなので、下山時間も気になり、
茅野駅に9時30分に到着すると、
そのままタクシーで渋ノ湯に向かうが
渋ノ湯手前の坂が凍結し、ここから歩くこととなる。


tengu20090111-002.JPG


渋ノ湯、11:00出発。
登山届けを出し、橋をわたって黒百合平へとあがっていく。


tengu20090111-003.JPG


八方台への分岐までの登りをグングンあがり、
11:25に通過。青空が眩しい。


tengu20090111-004.JPG


ここからは平坦なというくらい緩いのぼりを
スピードあげていく。

いい雰囲気の雪山の道だ。


tengu20090111-005.JPG


やがて唐沢鉱泉への分岐。
心配していたトレースだが、なんとか踏み後はわかりそうだ。

だんだん稜線に近づいてくると、
青空と雲が交錯するようになってきた。


tengu20090111-006.JPG


風がゴウゴウと音をたてている。

時おり日が差し、あたりの雪景色が
きらきらと光を放って眩しいくらいだ。


tengu20090111-007.JPG


12:20 黒百合平に到着。
風がびゅうびゅう吹きすさび、すでに日差しもほとんどない。


tengu20090111-008.JPG


ここでパンとテルモスのお湯で腹ごしらえ。
ストックをピッケルに持ち替え、いざ天狗岳へ。

中山峠から天狗岳の稜線にはいると、
西からの横殴りの風がすさまじく、
ときおり飛ばされそうになるほどの勢いだ。


途中で2パーティほど追い越したが、風が本当にきつく
このパーティたちは引き返したらしい。

今年初の風との闘いに奮闘しつつ、じりじりと高度をかせぎ
東天狗岳へと登っていく。


tengu20090111-009.JPG


風が顔に痛く、ゴーグルとネックゲーターで防いでいるのだが
それでもまともに西側を向けないくらいだ。

西天狗岳すら見えない・・・


tengu20090111-010.JPG


遠方は晴れているところも見えるのだが、


tengu20090111-012.JPG


あと少し。。。あと少しがんばれ。


tengu20090111-013.JPG


13:40 ついに東天狗岳山頂。
ピッケルを雪面に刺し、膝をついて標識を撮る(笑)


tengu20090111-014.JPG


当初のプランでは、西天狗岳に登り、そのまま
西尾根を下って唐沢鉱泉へ下山するつもりだった。
が、西からこれだけの強風に真正面から吹かれて
尾根を下ること、西尾根をあがっている人が少ないこと
を考えるとかなりの困難が予想された。

日没までにラッセルしながら唐沢鉱泉に到着できるか
心もとなかったこともあり、安全策を採って黒百合平に戻り
樹林帯の道を唐沢鉱泉へ下りることにする。


tengu20090111-015.JPG


西天狗岳に最後の一瞥をくれながら
慎重に天狗岳の稜線を下降する。


tengu20090111-016.JPG


登りよりは心理的に余裕があり、
写真を撮ってみたりするのだが、
ピッケルでアンカーを打って飛ばされないようにしつつ
おっかなびっくりの撮影だ(笑)


tengu20090111-017.JPG


さらば天狗岳。


tengu20090111-018.JPG


樹氷がびっしり。


tengu20090111-019.JPG


黒百合平まで降りてほっと一息。
小屋の外の温度計は、−14℃くらい。
きっと山頂は体感温度−20℃くらいだったのではないだろうか。

ここでまたピッケルとストックの選手交代。


tengu20090111-020.JPG


スタコラと唐沢鉱泉めざして降りていく。
風もなく、雪のしーんとした道はいいものだ。

標識に導かれ、トレースと赤布をたどりつつ
唐沢鉱泉へ向かう。


tengu20090111-021.JPG


黒百合平から1時間ほど下るとなにやら建物がみえた。
唐沢鉱泉かな。


tengu20090111-022.JPG


東天狗岳の風以外は、たいしたことのない冬山の一日だが、
こうして唐沢鉱泉に辿り着くとなにやらほっとする。


tengu20090111-024.JPG


15:50 唐沢鉱泉到着。
初めての唐沢鉱泉は思ったよりも立派で大きな建物だった。


tengu20090111-025.JPG


入り口でしっかり雪をはらい、装備を解除して唐沢鉱泉の
玄関をガラガラとあける。

さあ、温泉とビールだ!


唐沢鉱泉の夜はまた別の話で。


アウトドアの人気blogランキングへ
banner_02.gif


posted by げんさん at 04:50 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 八ヶ岳 冬山 春山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅ればせながら…今年も宜しくお願いします。
連休は天狗岳に行かれたんですね。
東京に住んでるのに八ヶ岳は天狗に1度行ったきりなんです。
雪の黒百合平、懐かしいなぁ。
キーンと引き締まった冬山の空気に憧れつつ…
とりあえず「温泉とビール」だけ参加しときます。(笑)
Posted by akemi at 2009年01月14日 07:52
私も遅ればせながら、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
私もなんとか冬山登山へ出掛けられました。
なにもかもが新鮮でしたが、、、、
体力が想像以上に必要だと思いま知らされました(笑)
今度は身体作りに勤しんでおりますw
Posted by creep at 2009年01月14日 15:50
>akemiさん
コメントありがとうございます!

こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。

 >キーンと引き締まった冬山の空気

まさしく冬の八ヶ岳にふさわしい表現ですね。

天狗岳は比較的短い日数で、冬山の醍醐味を
味わえるので私の中では貴重な存在です。
(稲子湯とかいい温泉もあるし・・・笑)
Posted by げんさん at 2009年01月15日 04:57
>creepさん
コメントありがとうございます!

こちらこそ遅ればせながら、よろしくお願いいたします。

冬山チャレンジされたんですね!
なにかと装備も重くて、雪もやっかいですが、
ほかにはかえられない山の美しさがありますもんね。


Posted by げんさん at 2009年01月15日 05:01
少ない空いた時間で・・・げんさんの雪山への想いが伝わってきますよ(笑)
樹氷がきれいだなぁ。ああ、わたしも行きたくなっちゃいますよ〜。でも、今年はなかなか遠出できなくって。
だけど、写真って、えびちゃん見ても、風の強さだけは伝わってこないですね(笑)。穏やかにみえっちゃいます。
Posted by まゆ太 at 2009年01月21日 07:06
>まゆ太さん
コメントありがとうございます!

体調、大丈夫ですか?
コメントも無理しないでくださいねー。

昨年の雪山シーズンは低調な活動だったので
今年は頑張って突撃しないと。。。と
思ってはいるのですが・・・

なかなか風の強さって写真では表現できないですよね。ホントに烈風のときはカメラもだせないですし(笑)

Posted by げんさん at 2009年01月21日 07:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アウトドア人気blogランキングへ banner_020.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。